ブログ「皮膚の病気」(平松皮膚科医院)

ポピュラーな皮膚の病気のあれこれをお話します。

虫さされの約6割は蚊によるものです

2007/5/23 水曜日

5月の蚊刺症が第3週末での16人は過去8年間の5月の月間新記録です。
子供が刺された時にはびっくりするほど腫れることがあります。
虫さされ
の約6割は蚊によるもので赤い丘疹が多発したものを昔は小児ストロフルスといいました。
大人でも体質によっては硬い丘疹になることがあり結節性痒疹といいます。
蕁麻疹のように腫れた後になるので固定蕁麻疹とも言われます。
この蚊による虫さされがきっかけで皮膚に細菌感染が起こってとびひ(伝染性膿痂疹)に成ることがおおいのです。
虫さされが治りにくい場合はとびひを疑いましょう。

脂漏性湿疹について

2007/5/13 日曜日

脂漏性湿疹は脂漏性皮膚炎とも言われポピュラーな皮膚病のトップです。
成人型のアトピー性皮膚炎の患者さんの殆どが脂漏性湿疹を伴っています。
2001年から2006年の5年間の当院の統計では不動の第1位なのです。
特にこの3年間は年間新患数が1000人を超えています。
赤ん坊の乳児脂漏性湿疹の数は殆ど変わっていないところを見ると成人の脂漏性湿疹は何か生活習慣特に食生活に関係しているのではないかと思っています。
季節的には脂漏分泌がたかまる季節の変わり目に多く、また年齢的には20才代が最も多いのですが30才代から60才代までが変わらず多いのです。
さらに詳しくはサイトの脂漏性湿疹も御覧になって下さい。