ブログ「皮膚の病気」(平松皮膚科医院)

ポピュラーな皮膚の病気のあれこれをお話します。

にきびのお話

2007/4/26 木曜日

にきびは若さと元気のシンボルです。

皮膚の病気と考えず気長に付き合ってゆきましょう。

重症化させてにきびの痕を残さないよう焦らず気長に治療を続けましょう。

私の医院の統計ではにきび発症の最低年令は男性が12才で女性が11才、発症のピークは男女ともに20才代で、最高年令は男性が65才で女性が68才でした。

季節的にはやや夏に多く季節の変わり目の5月か6月と10月か11月に多く見られます。

詳しくはサイトのにきびのページを御覧下さい。

Comments are closed.