ブログ「皮膚の病気」(平松皮膚科医院)

ポピュラーな皮膚の病気のあれこれをお話します。

MRSAによるとびひが多く見られます。

2007/8/19 日曜日

猛暑の異常気象のためか、MRSA(メトシリン耐性黄色ブドウ球菌)による伝染性膿痂疹(とびひ)の患者が多く出ています。
MRSAは多くの抗菌剤に耐性のことが多く治療に苦労します。
言いかえればその菌に有効な抗菌剤が無いのです。
とびひになって治りにくい時は抗菌剤の細菌感受性検査をしてもらいましょう。

Comments are closed.