円形脱毛症(えんけいだつもうしょう=まるはげ)

alopecia areata

当院の円形脱毛症の新患数
月/年 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012年
1月 0人 1人 2人 3人 4人 5人 1人 3人 7人 1人 3人 2人 2人 4人 1人
2月 0人 1人 2人 1人 3人 3人 2人 4人 1人 1人 1人 2人 2人 2人 2人
3月 0人 6人 4人 2人 4人 4人 5人 2人 6人 2人 2人 2人 2人 1人 4人
4月 2人 3人 0人 2人 6人 7人 2人 8人 3人 3人 3人 3人 2人 2人 2人
5月 5人 0人 6人 4人 3人 4人 5人 2人 5人 3人 1人 3人 3人 4人 2人
6月 6人 2人 3人 5人 5人 5人 4人 5人 2人 3人 5人 2人 3人 2人 3人
7月 0人 2人 1人 4人 8人 3人 3人 6人 3人 7人 1人 0人 3人 2人 0人
8月 7人 2人 5人 6人 5人 2人 2人 6人 6人 5人 3人 6人 2人 7人 0人
9月 1人 2人 5人 4人 6人 3人 5人 8人 6人 4人 1人 2人 2人 1人 4人
10月 2人 0人 4人 6人 1人 4人 4人 5人 1人 2人 2人 3人 1人 3人 4人
11月 1人 1人 2人 2人 1人 5人 5人 6人 2人 4人 2人 1人 1人 3人 *
12月 0人 0人 2人 3人 1人 3人 1人 5人 3人 4人 1人 6人 1人 2人 *
年間合計 24人 20人 36人 42人 47人 48人 39人 60人 45人 39人 25人 32人 24人 33人 *


頭の毛が丸く抜けてはげになることがあります。
俗にまるはげといわれているもので正式には円形脱毛症といいます。

殆どは頭の毛ですが、眉毛・ひげ・腋毛・陰毛あるいは全身の毛までぬけることがあります。
毛の抜け方によって次のように分類されます。

(1)1か所丸いはげが出来るタイプ(単発型)
最も治りやすいタイプの円形脱毛症です。

円形脱毛症の単発型
(1999・8・20撮影)


治療をせずに放置しておいても自然治癒することがあるのはこのタイプです。
以下(2)(3)(4)は難治で再発しやすいタイプです。

(2)2か所以上の丸いはげが出来るタイプ(多発型)
円形脱毛症の半数はこのタイプです。
この重症型を蛇行状脱毛症(だこうじょうだつもうしょう)ということがあります。

円形脱毛症の多発型
(1999・8・18撮影)


(3)頭全体の毛が抜けてしまうタイプ(全頭型)
普通は大変に難治のタイプで全頭脱毛症ともいいます。
しかしあっという間に頭の毛がぬけてしまうタイプは回復が早いことがあります。
全頭脱毛症の不全型をび慢性脱毛症といい髪全体が薄くなります。

円形脱毛症の全頭型
(2001・9・25撮影)


(4)全身の毛が抜けてしまうタイプ(汎発型)
全脱毛症ともいいます。
最も難治なタイプです。

円形脱毛症の病因はまだはっきり解明されていません。
最近は自己免疫疾患の仲間のひとつとする説がもっとも有力です。
円形脱毛症の発症は心配事・疲労・精神的ショック・環境の変化などのストレスによって誘発されることが多く遺伝的体質的素因が関係するとされています。

病因がはっきりしていませんのでこれだという治療法がありません。
どの治療もすぐに効果がみられません。
治りやすい単発型でも最低3か月はかかります。
いらいらせず気長に付き合うのがポイントです。

当院での治療を紹介します。

理学療法が主役です。

(1)紫外線療法。
普通の紫外線を照射。時に中波長あるいは長波長紫外線を照射。

(2)タップ療法。
毛包刺激装置タップジョイ30で刺激。

(3)液体窒素による凍結療法。
液体窒素で低温刺激。

(4)経絡療法とリラクセーション。
徒手による頭・項・肩部のつぼ刺激と頭・顔の皮膚のリラクセーション。

(5)薬物療法。
セファランチンを内用。
成人の場合は漢方薬内用(柴胡加竜骨牡蛎湯、桂枝加竜骨牡蛎湯、五苓散など)
塩化カルプロニウム液外用。
難治の場合にステロイド外用薬を使うこともあります。

その他の皮膚病へ戻る
皮膚病50音順総索引