尋常性白斑(じんじょうせいはくはん=しろなまず)

vitiligo vulgaris

当院の尋常性白斑の新患数
月/年 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012年
1月 0人 1人 0人 0人 1人 0人 1人 0人 0人 1人 1人 0人 1人 0人 0人
2月 0人 0人 0人 0人 1人 0人 1人 0人 0人 0人 0人 0人 0人 0人 0人
3月 1人 0人 0人 0人 0人 1人 2人 1人 0人 0人 0人 0人 0人 0人 0人
4月 3人 1人 0人 1人 0人 0人 0人 2人 2人 0人 2人 1人 0人 0人 0人
5月 0人 1人 0人 1人 0人 2人 1人 1人 1人 0人 0人 1人 1人 0人 0人
6月 1人 0人 2人 0人 0人 1人 0人 0人 1人 0人 2人 1人 1人 0人 0人
7月 0人 2人 0人 0人 0人 3人 1人 3人 0人 0人 1人 0人 0人 2人 0人
8月 1人 4人 4人 3人 3人 0人 1人 2人 3人 1人 1人 2人 0人 1人 0人
9月 0人 4人 3人 1人 0人 1人 0人 0人 2人 0人 1人 0人 2人 1人 0人
10月 1人 0人 2人 0人 1人 1人 0人 0人 1人 0人 2人 0人 2人 0人 0人
11月 2人 0人 1人 1人 1人 2人 1人 1人 0人 1人 1人 0人 0人 0人 *
12月 0人 0人 0人 2人 1人 2人 1人 0人 1人 0人 0人 1人 1人 0人 *
年間合計 9人 13人 12人 9人 8人 13人 9人 10人 11人 3人 11人 6人 8人 4人 *


皮膚の色素のメラニンの製造が何らかの原因でストップすると皮膚の色が脱色されて白くなります。皮膚の色素脱出を来す皮膚病を尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)といいます。尋常性白斑は俗にしろなまずといわれます。

上に当院の尋常性白斑の新患数を掲載しましたがかなりの人数が受診されています。尋常性白斑は大変治りにくいのであちこちと同じ患者さんがドクターショッピングされます。実質はそう多くある皮膚病ではありません。尋常性白斑は白斑の出方から3つのタイプに分類されます。

尋常性白斑・単発型
(1999・9・27撮影)
尋常性白斑・汎発型
(1999・10・2撮影)


(1)単発型

そう大きくない白斑が1個出来るタイプです。局所的な刺激が関与していることがあります。このタイプは最も治りやすいタイプです。

(2)神経分節型

ある神経の支配範囲に白斑が発生するタイプです。自律神経の異常によることがあるといわれています。このタイプが最も難治のタイプですが殆どみられません。

(3)汎発型

全身の広範囲に多発して進行してゆくことのあるタイプです。自己免疫の異常による場合があるタイプです。このタイプも難治で治療を断念せざるを得ないケースが多いのが現実です。

一般診療所での白斑の診断および治療に際して絶対に必要な検査はありません。しかし研究的な大学病院とか総合病院などの先進的な医療機関の皮膚科では甲状腺の検査・自己免疫の検査・副腎皮質の検査などすることがあります。それは自己免疫異常の甲状腺疾患とアヂソン病に白斑を併発することが報告されているからです。

尋常性白斑の原因は現在まだ完全に確定されていませんので確固たる治療法はありません。尋常性白斑の病因には自律神経異常説、自己免疫障害説などがありそれを根拠に治療が行われます。しかし治療の中心は進行を抑える治療ではなく脱色部に色素を復活させる対症療法です。一般に行われる治療は中長波紫外線療法で、最近はナローバンド紫外線療法が最もよく行われています。

当院の治療を紹介します。


(1)塩化カルプロニウム液(アロビックス)を外用させ、漢方薬を処方します。

(2)皮膚を染める化粧品を紹介しています。(グラファー・ラボラトリーズのダドレス)

その他の皮膚病へ戻る
皮膚病50音順総索引