七物降下湯による脂漏性湿疹の治験例


1998・3・15(日) 日本東洋医学会東海支部静岡県部会学術講演会で講演

始めに

文献上今までに使用経験例の見ない七物降下湯脂漏性湿疹に使用してみました。
使用したきっかけは萩原幸夫氏(名市大薬学部)が2年前の当会の特別講演での 「七物降下湯にはコレステロールと中性脂肪の血中濃度を降下させる薬理効果がある。」とのお話がヒントです。

脂漏性湿疹は脂質代謝の亢進を背景に発生する慢性再発性の皮膚疾患です。
湿疹発生には皮膚の常在菌の葡菌と癜風菌が関与しているとされています。
今回はマツウラ七物降下湯エキス顆粒を使用して有効であったと思われる75例についてまとめてみました。

七物降下湯のプロフイール


七物降下湯は大塚敬節氏の考案した現代漢方の処方です。
保健薬としての効能・効果は高血圧に伴う随伴症状(のぼせ、肩凝り、耳鳴り、頭重)とされております。
漢方的には頸肩腕症候群とか自律神経失調症とかその他の病気の肩凝りなど不定愁訴にも使われます。

七物降下湯の薬理作用


七物降下湯の組成生薬

とうき、しゃくやく、せんきゅう、じおう、ちょうとうこう、おうぎ、おうばく。

西洋的薬理作用

消炎作用(皮疹の赤みなどを消す作用) とうき、しゃくやく、おうばく。

抗アレルギー作用(アレルギー反応を抑える作用) おうぎ。

抗菌作用(細菌の発育を抑える作用) とうき、しゃくやく、おうぎ、おうばく。

抗真菌作用(真菌の発育を抑える作用) とうき、しゃくやく、おうばく。

脂質代謝抑制作用(中性脂肪とコレステロールの血中濃度を降下させる作用) 七物降下湯

以上の薬理作用から脂漏性湿疹に有効であろうと考えました。

七物降下湯の有効例75例の年齢と性別


性別では男性が54人、女性が24人で男性が女性のほぼ2倍の人数でした。
年代別では男性は中高年と20代に多く、女性は20代と30代に多く見られました。

年代 男性(人) 女性(人) 合計(人)
10代 2人
20代 11 19人
30代 9人
40代 14 18人
50代 9人
60代 16 16人
70代 2人
合計 51人 24人 75人


脂漏性湿疹が治った七物降下湯の投薬期間


七物降下湯の投薬期間 治った例 治った例/全例
1W以内 14例 19%
2W以内 14例+11例=25例 33%
4W以内 25例+23例=48例 64%
それを超えた期間 27例 36%
全例 75例 100%


今回は西洋薬のみの症例と比較は西洋薬のみの例数が少ないのでやっていません。
脂漏性湿疹は慢性再発性の湿疹ですから4W以内で治ってもらえれば有効としてよいのではと考えます。
4W以内に治った例が64%ですから七物降下湯に合格点を挙げてよいのではと思います。

有効例75例の中から3例を紹介します。

症例1


34歳の女性で発病は1年前で、初診は1997年11月11日でした。
脈証は弱で初診時には両方の耳とその周りに脂漏性湿疹がありました。

マツウラ七物降下湯エキス顆粒の1包(2.5g)を朝夕食前で1週間服用してもらいました。
そして発疹にはエクラー軟膏を1日2回つけてもらいました。

約1週間後の11月19日に再診されましたが完全に治っていました。
その後再発はありません。

症例2


36歳の男性で約5年前に発病し時々悩まされていました。
約2年前に当院で治療を受けています。
今回は約3か月前から気になっていまして初診は1997年1月25日でした。

脈証は中間で顔の脂漏性湿疹で脂漏部位全体が赤くなっていてかさかさしていました。
かゆみが少しありました。

マツウラ七物降下湯エキス顆粒の1包(2.5g)を朝夕食前で1週間服用してもらいました。
そして発疹にはパルデス軟膏を1日2回つけてもらいました。

1週間後の2月1日に再診されましたが完全に治っていました。
今のところ再発していません。

症例3


47歳の男性で約6か月前に発病し時々悩まされていました。
頭部の脂漏性湿疹で初診は1996年9月24日でした。

脈証は中間で初診時は後頭部中心にじゅくじゅくした湿疹がありました。
かゆみがあり強いふけの状態がありました。

マツウラ七物降下湯エキス顆粒の1包(2.5g)を朝夕食前で2週間服用してもらいました。
さらに活性型のビタミンB2のピロミジン10の2錠を朝夕食後で2週間併用しました。
頭の湿疹にはリンデロンVGローシヨンを1日2回つけてもらいました。

約4週間後に受診されましたが完全に治癒していました。
しかしその後約1か月半後に再発はしています。

参考文献


漢方処方の解析(第84報) 七物降下湯の抗高脂血症作用 和漢医薬雑誌 13,310−311,1996
  佐久間 善太郎,井上 誠,萩原 幸夫(名市大薬学部 生薬学教室)

漢方処方の解析(第93報) 七物降下湯の長期投与による抗高脂血症改善作用 和漢医薬雑誌 14,308−309,1997
  佐久間 善太郎,井上 誠,萩原 幸夫(名市大薬学部 生薬学教室)

平松皮膚科医院へ戻る