胼胝・鶏眼(べんち・けいがん=たこ・うおのめ)

corn,clavus
callus,tylosis
(2012年2月2日更新)
当院の胼胝・鶏眼の新患数 
月/年 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012年
1月 3人 2人 3人 1人 4人 1人 3人 3人 2人 5人 5人 8人 2人 5人 10人
2月 3人 6人 6人 1人 1人 3人 3人 3人 3人 8人 4人 6人 4人 8人 6人
3月 4人 9人 8人 3人 1人 0人 3人 6人 5人 4人 10人 10人 9人 3人 10人
4月 6人 5人 8人 4人 5人 3人 2人 4人 5人 6人 13人 6人 2人 9人 17人
5月 8人 11人 7人 2人 3人 4人 3人 6人 7人 9人 5人 6人 7人 7人 10人
6月 4人 2人 9人 4人 7人 6人 4人 6人 7人 9人 8人 12人 3人 7人 19人
7月 10人 8人 4人 8人 5人 4人 8人 8人 6人 8人 11人 11人 14人 10人 13人
8月 4人 6人 8人 4人 2人 3人 6人 7人 4人 8人 13人 7人 11人 10人 20人
9月 7人 6人 6人 0人 3人 7人 5人 6人 7人 8人 6人 16人 9人 7人 11人
10月 3人 4人 5人 3人 3人 3人 4人 5人 4人 7人 12人 11人 16人 4人 13人
11月 6人 5人 4人 3人 3人 3人 8人 3人 3人 7人 6人 8人 7人 8人 *
12月 2人 7人 3人 1人 3人 4人 1人 4人 5人 4人 4人 4人 3人 9人 *
年間合計 60人 71人 71人 34人 40人 41人 50人 61人 58人 83人 97人 105人 87人 87人 *


メタボのために歩くからでしょうか。たこ・魚の目が昨年から増えて今月は昨年を越えて過去11年間の新記録です。(2008年12月31日)
1月の新患の数が10人で1月としては15年間での最高でした。過去5年間の年間患者も多いのが現状、たこ・うおのめが出来ないような靴を使いましょう。(2012年2月2日記)


手の中指のペンだこ
(1999・8・9撮影)
足の裏の胼胝
(1999・8・22撮影)


足や手に外部からの圧迫を受ける場所が角化して硬くなったものを鶏眼・胼胝といいます。
盛り上がっているものを胼胝といい、俗にたこといいます。
平らで魚の目のように見えるものを鶏眼といい、俗にうおのめといいます。

足の場合は靴など履物の圧迫によるケースが殆どです。
手の場合は職業や趣味によっていろいろのものがあります。
ペンだこ、ラケットだこ、ボールだこなどさまざまです。

胼胝は手足以外にも出来ることがあります。
老人に多いのは尾底骨部分に出来るすわりだこです。
すわりだこは足背部やくるぶしに出来ます。

鶏眼・胼胝は治療により簡単に削り取ることにより生活に支障のない程度には出来ます。
しかし再び外部からの圧迫が加わると早いものでは2週間程で再発します。

当院での治療法を紹介します。


(1)軽症の場合は靴の改良により軽快します。
幅のある大きめの靴をはいてもらい厚手の靴下を使用するようアドバイスします。

(2)外科用のはさみで角化した部分を削りとり仕上げに皮膚グラインダーを使用します。
削ったところに皮膚の潰瘍糜爛治療剤のアルキサ軟膏を使用します。

その他の皮膚病へ戻る
皮膚病総索引へ戻る