帯状疱疹・帯状ヘルペス

herpes zoster

当院の帯状疱疹の新患数
月/年 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012年
1月 6人 6人 16人 5人 4人 10人 5人 14人 6人 4人 6人 10人 7人 5人 7人
2月 3人 5人 10人 3人 4人 5人 1人 10人 4人 2人 10人 3人 3人 11人 7人
3月 9人 11人 4人 4人 9人 15人 10人 4人 11人 7人 7人 5人 8人 7人 5人
4月 4人 14人 8人 10人 5人 6人 7人 7人 4人 10人 7人 9人 10人 4人 8人
5月 7人 12人 14人 7人 6人 8人 11人 14人 15人 10人 13人 7人 6人 13人 6人
6月 11人 2人 8人 9人 11人 9人 13人 10人 8人 14人 5人 16人 12人 8人 12人
7月 6人 9人 8人 13人 8人 10人 12人 14人 14人 15人 10人 15人 8人 8人 7人
8月 4人 11人 14人 13人 7人 16人 14人 14人 7人 12人 2人 8人 7人 13人 8人
9月 5人 8人 18人 10人 5人 13人 10人 12人 14人 10人 6人 6人 4人 7人 10人
10月 12人 7人 8人 8人 7人 9人 10人 8人 7人 13人 11人 10人 7人 14人 7人
11月 3人 5人 5人 4人 11人 8人 15人 7人 13人 8人 6人 5人 12人 3人 *
12月 2人 8人 7人 6人 4人 5人 11人 10人 3人 4人 6人 5人 4人 6人 *
年間合計 72人 98人 120人 92人 81人 114人 119人 124人 106人 109人 89人 99人 88人 99人 *


2004年5月から2005年2月まで10か月間連続、2005年5月から9月まで5か月連続、そして今年は4月から10月までの7か月連続帯状疱疹の当院での二桁受診が続いています。気候不順のためではないかと思われます。(2007年11月9日記)



身体の右半分か左半分に赤い斑状か帯状の発疹があり、軽い水ぶくれがあって神経痛のような痛みがあれば帯状疱疹と 思って下さい。

なお2割ぐらいの人に1週間くらい前から神経痛様の痛みや頭痛や倦怠感があることがあります。

帯状疱疹(たいじょうほうしん)は静岡地方では俗におびちょうといいます。

帯状疱疹は水痘帯状疱疹ウイルスVZVによって起きます。
水痘の再発疹といわれています。

水痘が治癒してもその原因ウイルスが脊髄後根神経節に冬眠状態で生存しています。
何らかのストレスをきっかけにそのウイルスが元気になって増殖し、神経を通って皮膚に到達して皮膚病変を引き起こしたものが 帯状疱疹です。

帯状疱疹の水疱と潰瘍
(1999・8・16撮影)
水疱部の拡大
(1999・8・16撮影)
帯状疱疹の紅斑と水疱
(1999・8・22撮影)


年少者は普通軽くすんで問題は殆どありません。
しかし中高年の場合は治癒後に激しい神経痛の後遺症すなわち帯状疱疹後神経痛を残すことがあるので慎重に対処しなければ なりません。

発疹は水痘と同様で3〜4日でかさぶたが出来始め1週間から10日で全体がかさぶた化し一部がびらんや潰瘍になることが あります。
潰瘍が深いと瘢痕が残ることもあります。

稀に重症の場合は帯状疱疹の発疹と全身に水痘と同じ発疹が発生することがあります。
このタイプの帯状疱疹汎発型(はんぱつがた)の帯状疱疹といいます。

汎発型の帯状疱疹の発疹
(1999・8・19撮影)
同患者の顔頚部の水痘様発疹
(1999・8・19撮影)
同患者の腹上肢の水痘様発疹
(1999・8・19撮影)


発疹の出ている間は神経痛様の痛みがあるのが普通です。
軽症の場合はかゆみがあることがあります。
また時には自覚症状が無いこともあります。

神経痛様の痛みやかゆみは1週間から10日で普通なくなります。
しかしまれにかえって激しい痛みになることがあります。
こんな場合は神経節ブロツクを必要とします。

顔面の場合はまれに眼の障害とか内耳の障害を引き起こすことがあります。
その場合は眼科や耳鼻科のお世話にならなければなりません。

ウイルス血症を起こして高熱が続いたり脳炎・髄膜炎症状で全身状態がよくない場合は入院させ点滴輸液を必要とします。

私の医院の治療を紹介します。


痛みやかゆみが軽度の時は抗ウイルス剤(ウイルスをやっつける薬)の外用薬だけに しています。
外用薬はビダラビンの軟膏です。

症状が重い場合は抗ウイルス剤のアシクロビルの錠剤か顆粒あるいはファムシクロビル(ファムビル錠)あるいは塩酸パラシクロビル(バルトレックス錠)を内用し、ビダラビンの軟膏を外用させます。
なお痛みが激しい時には鎮痛剤も内用させます。

発病後10日ほど経過しても痛みが取れない場合は痛みの専門の医師に紹介し神経節ブロックをお願いしています。
抗ウイルス剤を使用したほうが神経痛などの神経症状の後遺症や水疱が深くなって傷あとが残ってしまうことが 少ないように思います。
内用薬のアシクロビルの錠剤および顆粒、ファムビル錠、バルトレックス錠と外用薬のビダラビンの軟膏は非常に高い薬ですが よく効く薬です。

抗ウイルス剤について

帯状疱疹に適応の内服薬は以下のとうりです。

アシクロビル顆粒40%:ゾビラックス顆粒40%(住友製薬、グラクソ・スミスクライン)、アシクロビン顆粒40%(日医工)、グロスパール顆粒40%(高田)、ビクロックス顆粒40%(小林化工、明治製菓)、アシクリル顆粒40%(小林製薬工業、扶桑)、アシロベック顆粒40%(沢井)、 ベルクスロン顆粒40%(東和薬品)、アクチオス顆粒40%(大洋)、ゾビスタット顆粒40%(長生堂、メルクホエイ)。

アシクロビル錠200mg:ゾビラックス錠200・400(グラクソ・スミスクライン)、アシクリル錠200・400(小林製薬工業、扶桑)、アシクロビン錠200・400(日医工、ケミファ)、アシロベック錠200・400(沢井、三菱ウエルファーム、吉富製薬)、ビクロックス錠200・400(小林化工、明治製菓)、アシロミン錠200(メディサ、テイコク)、サンアシル錠200(旭化成)、ベルクスロン錠200・400(東和薬品)、アイラックス錠200・400(辰巳)、アクチオス錠200・400(大洋)、アシクロメルク錠200・400(メルクホエイ)、クロベート錠200・400(模範、メルクホエイ、科薬)、ゾビクロビル錠200・400(日本薬工)、ゾビスタット錠200・400(長生堂)、ビゾクロス錠200・400(大正薬品)、ビルヘキサル錠200・400(ヘキサル、富士製薬)、ファルラックス錠200・400(ファルマー)、アクチダス錠200・400(シオノ)
                
 ビダラビンの外用薬:アラセナA軟膏(持田、グラクソ・スミスクライン)、アラセナクリーム(持田)、アラーゼ軟膏(沢井、テイコク)、シオスナール軟膏(東和薬品、メルク・ホエイ)、カサールクリーム(資生堂、マルホ)、ビフビン軟膏(富士製薬、ヘキサル)、アーメス軟膏(太洋)、アラエビン軟膏(科薬)、アルエレン軟膏(シオノ)、シルベラン軟膏(前田、メルク・ホエイ)、ビダラビン軟膏MEEK(小林化工、明治製菓)、ホスラビン軟膏(岩城)

帯状疱疹は増えているか

近頃公害などによる地球全体の複合汚染から免疫が低下して、そのため帯状疱疹などもだんだん増えているなどの 文献や報道が目に付きます。
また帯状疱疹は普通1度かかれば一生涯かからないが昔の常識でしたが、免疫の低下のためでしょうか最近は2回以上再発する例をけっこう経験します。

開院して20年以上経過していますから保存してある古いカルテから1976年と1986年と1996年の10年ごとに 年間の患者発生状況を調べて比較検討してみました。
私の医院の統計でも帯状疱疹の新患数が年間患者数に占める割合で比較してみると1986年が1.09%で1996年が 1.41%で確かに増えています。
詳しくは帯状疱疹の発生状況をご覧下さい。

微生物による皮膚病へ戻る
皮膚病50音順総索引