おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)

diaper rash

おむつ皮膚炎の新患数
月/年 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012年
1月 2人 2人 4人 4人 5人 6人 4人 1人 3人 4人 1人 2人 2人 2人 1人
2月 4人 2人 3人 2人 4人 0人 3人 0人 3人 9人 2人 3人 4人 0人 2人
3月 8人 3人 2人 6人 3人 3人 1人 1人 0人 2人 3人 1人 3人 0人 2人
4月 2人 1人 1人 2人 5人 2人 3人 1人 1人 2人 4人 1人 0人 0人 2人
5月 3人 0人 3人 2人 3人 1人 4人 4人 1人 3人 2人 0人 2人 2人 1人
6月 4人 1人 2人 5人 9人 5人 2人 5人 7人 3人 4人 2人 2人 2人 0人
7月 7人 4人 2人 7人 5人 5人 1人 8人 4人 1人 1人 6人 4人 3人 3人
8月 4人 6人 2人 6人 5人 3人 1人 6人 8人 4人 5人 1人 0人 2人 0人
9月 3人 5人 3人 6人 0人 3人 7人 1人 3人 2人 1人 1人 1人 1人 1人
10月 4人 3人 1人 2人 0人 2人 0人 2人 2人 2人 3人 1人 3人 0人 1人
11月 0人 0人 3人 2人 1人 1人 4人 2人 8人 0人 2人 2人 0人 1人 *
12月 2人 3人 3人 2人 3人 2人 4人 2人 3人 1人 2人 1人 1人 3人 *
年間合計 43人 30人 29人 46人 43人 33人 34人 33人 43人 33人 30人 21人 22人 16人 *


布おむつが全盛の頃はおむつ皮膚炎が大変多かったように記憶しておりますが近頃は紙おむつがほとんどですから発生件数は少なくなったと思います。
当院でのおむつ皮膚炎の発生状況を調べてみましたら上の表のごとくでした。

おむつを着けている乳児および寝たきりの老人とか病人あるいは大小便の垂れ流しの人のおむつに覆われた部位に発生した湿疹をおむつ皮膚炎といいます。
経験上おむつ皮膚炎は下痢のあとに起こることが一番多いようです。
次に多いのは紙おむつを過信しておむつの交換の回数が少ない怠け者の親のケースです。

20年ほど前の記憶では乳児のおむつ皮膚炎の殆どはカンジダ性おむつ皮膚炎すなわち乳児寄生菌性紅斑(にゅうじきせいきんせいこうはん)であったように思います。
最近はそのカンジダ症は本当に少なくなったと思います。

おむつ皮膚炎には三つのタイプがあります。

(1)肛門周囲と女性の陰部の周囲および股部の皮膚と皮膚が合わさる部位に湿疹が出来るタイプで汗と大便などの汚れが関与しているものと思われます。

(2)おむつがあたる皮膚の凸部分とか寝たきりの場合ベツド側で体重がもっともかかる部位に湿疹が出来るタイプで大便などの汚れの刺激とおむつとの摩擦が関与しているものと思われます。

(3)おむつカバーの上の縁があたる腹部と腰部および下の縁があたる両大腿部に湿疹が出来るタイプはおむつによる圧迫摩擦とゴムのかぶれが関与しているものと思われます。

(3)タイプのおむつ皮膚炎
(1999・8・16撮影)
(2)タイプのおむつ皮膚炎
(1999・8・28撮影)
(1)タイプのおむつ皮膚炎
(1999・8・28撮影)


おむつ皮膚炎の治療


普通おむつ皮膚炎はおむつの交換をまめに行いおむつの交換毎に清潔な濡れタオルで主として大便の汚れを丁寧に拭き取っていれば軽いものなら自然に治ります。

それで治らない場合は軽いステロイドの外用薬を使えばすぐ治癒します。
その場合は真菌検査が必要です。
ステロイド外用薬を使用しても良くならない場合は殆どはカンジダ症です。
それから稀ですが皮疹がわどって見える場合は股部白癬(こぶはくせん=いんきんたむし)です。

カンジダ症および白癬の場合は抗真菌剤の外用が必要です。

湿疹・皮膚炎の仲間へ戻る
皮膚病50音順総索引