リンゴ病・伝染性紅斑・第五病

erythema infectiosum
fifth disease

当院のリンゴ病の新患数
月/年 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012年
1月 0人 0人 0人 0人 3人 1人 1人 0人 1人 0人 1人 0人 0人 1人 0人
2月 0人 0人 0人 0人 0人 0人 1人 0人 0人 0人 2人 0人 0人 1人 0人
3月 0人 0人 0人 1人 1人 2人 2人 0人 0人 1人 0人 0人 0人 0人 0人
4月 1人 0人 0人 2人 1人 0人 4人 0人 1人 4人 0人 0人 0人 1人 0人
5月 0人 0人 0人 4人 1人 0人 0人 0人 5人 0人 0人 0人 1人 1人 1人
6月 0人 0人 1人 4人 1人 0人 0人 1人 2人 1人 0人 1人 1人 3人 0人
7月 1人 0人 0人 1人 1人 2人 1人 0人 2人 0人 0人 0人 1人 0人 0人
8月 0人 0人 0人 0人 0人 0人 0人 0人 0人 1人 0人 0人 1人 1人 0人
9月 0人 0人 0人 0人 0人 1人 0人 0人 0人 0人 0人 0人 0人 1人 0人
10月 0人 0人 0人 0人 0人 0人 0人 0人 1人 0人 0人 0人 0人 0人 0人
11月 1人 0人 0人 0人 0人 0人 0人 0人 0人 0人 0人 0人 0人 0人 *
12月 0人 0人 1人 1人 1人 0人 0人 0人 0人 0人 1人 0人 0人 0人 *
年間合計 3人 0人 2人 13人 9人 6人 9人 1人 12人 7人 4人 1人 4人 9人 *


3年間殆ど見られなかったリンゴ病が少し流行しました。(2001年末記)


頬部のリンゴ色の紅斑
(2000年6月19日撮影)
上肢のレース編様の紅斑
(2000年6月19日撮影)
下肢のレース編様の紅斑
(2000年6月19日撮影)
紅斑の拡大
(2000年6月19日撮影)

伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)は3年間でわずかに5人の患者さんが受診されただけで最近は流行していません。
しかしメールでのお尋ねが何通かありましたので作成しました。
写真は2000年6月に受診された4才の男の子のものです。

顔の頬(ほほ)がピシャンと手でたたかれたように赤くなり、赤いリンゴのようなほっぺたになるのでリンゴ病といわれます。
次いで四肢のウデやモモにはレース編様の紅斑あるいは蕁麻疹様の紅斑が出来ます。
リンゴ病は正式には伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)あるいは第五病(だいごびょう)といわれます。

年令的には主として2才から12才の小児に発症し、原因は人パルボウイルスB19によって起こります。
発疹は普通1週間ほどで消えますが時には1ヶ月以内に日光にあたったり、寒冷刺激にさらされた場合あるいは入浴で温まった時などに再発することがあります。

皮疹が出るのは感染後2〜3週目でその時にはすでにウイルスの排出がないので特に学校・幼稚園を休ませる必要がありません。
発疹の出現の前に発熱・のどいた・身体がだるいなどの風邪様の症状を起こすことも少なく健康な小児にとっては予後の良い病気です。
治療は特にすることがなく時期が来れば自然に治ります。(2000年12月記)

微生物による皮膚病へ戻る
皮膚病50音順総索引