椎茸皮膚炎(しいたけひふえん)


バーベキュウーなどで焼いた椎茸を食べたり、不完全にゆでた椎茸を食べた時に生じる中毒疹を椎茸皮膚炎といいます。
発疹は全身に引っかいた傷のように見えるあるいは鞭でたたかれたような紅斑が出来、かゆみが強い。
椎茸に含まれる多糖類の毒性によって発生するといわれています。

毒素は熱によって分解されるので、焼き椎茸とか生椎茸を食べた時に起きるが充分に加熱された場合は起きない。
治療は中毒疹の治療に準じて行います。

皮膚のアレルギー反応や炎症に効果のあるトラネキサム酸(トランサミンなど)、アレルギー反応に効果があり解毒作用の強いLシステイン(ハイチオールなど)を内服します。
皮膚の患部にはステロイドを外用します。
かゆみが強い場合は抗ヒスタミン剤のメキタジン(ニポラジンなど)、フマル酸クレマスチン(ピロラール、ラクレチンドライシロップなど)を内服させます。
時に漢方薬の香蘇散エキス顆粒が有効のことがあります。

強く引っ掻いたようなあるいは
鞭でたたかれたような紅斑が
多発しています。


その他の皮膚病に戻る