皮膚病月間リスト(1998年8月)
月間リスト 7月 6月 5月 4月 3月 2月


あせも,とびひ,みずむしの夏のトリオは健在です。
夏ですから虫さされもベスト10に当然入っています。
虫による皮膚病の中で目立ったのはダニ刺症毒蛾皮膚炎でした。
変わったところでは旧盆すぎのクラゲ刺症で6人受診されました。
クラゲにやられるとケロイドや瘢痕ができたりしますのでマリーンのご趣味は御用心御用心。


皮膚病名 新患数
汗疹(かんしん=あせも) 88人
膿痂疹(のうかしん=とびひ) 78人
みずむし 59人
足白癬(あしはくせん=足のみずむし)/みずむしに重複 57人
虫による皮膚病 51人
手湿疹(てしっしん=てあれ) 42人
接触性皮膚炎(せっしょくせいひふえん=かぶれ) 40人
虫刺症(ちゅうししょう=虫さされ)/虫による皮膚病に重複 39人
ウイルス性いぼ 35人
尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)/ウイルス性いぼに重複 29人
老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい) 28人
異汗性湿疹(いかんせいしっしん) 19人
尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう=にきび) 18人
できもの・おでき・ねぶつ 17人
ひょうそ 15人
脂漏性湿疹(しろうせいしっしん) 14人
単純疱疹(たんじゅんほうしん=ヘルペス) 14人
伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ=みずいぼ) 13人
蕁麻疹(じんましん) 13人
毒蛾皮膚炎 (どくがひふえん)/虫による皮膚病に重複  12人
日光皮膚炎(にっこうひふえん=日焼け) 12人
植物皮膚炎(しょくぶつひふえん=草かぶれ)/接触性皮膚炎に重複 10人
せつ/できもの・おでき・ねぶつに重複 10人
たむし 10人
間擦疹(かんさつしん) 9人
ダニ刺症(だにししょう)/虫刺症に重複 8人
蚊刺症(かししょう)/虫刺症に重複 8人
貨幣状湿疹(かへいじょうしっしん) 8人
軟性線維腫(なんせいせんいしゅ) 8人
アトピー皮膚炎(あとぴーひふえん) 8人
口唇炎・口角炎(こうしんえん・こうかくえん) 8人
体部白癬(たいぶはくせん)/たむしに重複 7人
円形脱毛症(えんけいだつもうしょう) 7人
カンジダ症 7人
くらげ刺症(くらげししょう) 6人
中毒疹(ちゅうどくしん) 6人
毛孔性苔癬(もうこうせんたいせん) 5人
肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん・ケロイド) 5人
ゴム皮膚炎/接触性皮膚炎に重複 5人
フルンクロージス/できもの・おでき・ねぶつに重複 5人
熱傷(ねっしょう) 5人
おむつ皮膚炎 4人
痒疹(ようしん) 4人
掌蹠角化症(しょうせきかっかしょう) 4人
糜爛(びらん) 4人
擦過傷(さっかしょう) 4人
帯状疱疹(たいじょうほうしん) 4人
胼胝腫(べんちしゅ=たこ)・鶏眼(けいがん=うおのめ) 4人
舌炎・口内炎(ぜつえん・こうないえん) 3人
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう) 3人
癜風(でんぷう) 3人
多形紅斑(たけいこうはん) 3人
ねこのみ刺症(ねこのみししょう)/虫刺症に重複 3人
蜂刺症(はちししょう)/虫刺症に重複 3人
股部白癬(こぶはくせん=いんきんたむし)/たむしに重複 3人
海水浴皮膚炎(かいすいよくひふえん) 3人
皮脂欠乏性湿疹(ひしけつぼうせいしっしん) 3人
石灰化上皮腫(せっかいかじょうひしゅ) 2人
扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)/ウイルス性いぼに重複 2人
ミルメシア/ウイルス性いぼに重複 2人
粉瘤(ふんりゅう) 2人
尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん) 2人
水痘(すいとう=みずぼうそう) 2人
毛包炎(もうほうえん)/できもの・おでき・ねぶつに重複 2人
糸状疣贅(しじょうゆうぜい)・ 指状疣贅(しじょうゆうぜい)/ウイルス性いぼに重複 2人
ジベル薔薇色粃糠疹(じべるばらいろひこうしん) 2人
リンパ節炎(りんぱせつえん) 2人
眼瞼炎(がんけんえん) 2人
ネツクレス皮膚炎(ねっくれすひふえん)/接触性皮膚炎に重複 2人
金属皮膚炎(きんぞくひふえん)/接触性皮膚炎に重複 2人
環状紅斑(かんじょうこうはん) 2人
ぶゆ刺症(ぶゆししょう)/虫刺症に重複 2人
湿疹(しっしん)/鑑別分類困難の成人の湿疹 130人
小児湿疹(しょうにしっしん)/鑑別分類困難の小児の湿疹 22人
良性腫瘍(りょうせいしゅよう)/鑑別分類困難の良性の腫瘍 4人
爪眞菌症(つめしんきんしょう)/鑑別分類困難の爪のかびによる病気 2人
膿皮症(のうひしょう)/鑑別分類困難の細菌性の皮膚病 2人
爪変形(つめへんけい)/鑑別分類困難の爪の変形 2人
血行障害(けっこうしょうがい)/鑑別分類困難の血行障害 2人


美容師皮膚炎(びようしひふえん)/手湿疹に重複, 血行障害(けっこうしょうがい),線状苔癬(せんじょうたいせん),褥瘡(じょくそう=とこずれ), 扁平母斑(へんぺいぼはん),掻痒症(そうようしょう),紫斑症(しはんしょう), 帯状疱疹後神経痛(たいじょうほうしんごしんけいつう=PHN),腋か多汗症(えきかたかんしょう), 尋常性毛瘡(じんじょうせいもうそう),不定愁訴(ふていしゅうそ),腋臭症(えきしゅうしょう), 白髪染皮膚炎(しらがぞめひふえん),しそ皮膚炎,カチユーシヤ皮膚炎, 手白癬(てはくせん=手のみずむし)/みずむしに重複, 稗粒腫(ひりゅうしゅ),乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん), 亀頭炎・包皮炎(きとうえん・ほうひえん),犬咬症(いぬこうしょう),細菌感染(さいきんかんせん), 鬱血性皮膚炎(うっけつせいひふえん),眼鏡皮膚炎(めがねひふえん),化膿性肉芽腫(かのうせいにくげしゅ), 自家感作性皮膚炎(じかかんさせいひふえん),いらが刺症(いらがししょう)/虫刺症に重複, 表皮母斑(ひょうひぼはん),爪白癬(つめはくせん=爪のみずむし)/みずむしに重複, 胼胝状皸裂性湿疹(べんちじょうくんれつせいしっしん)/手湿疹に重複, 尋常性白斑(じんじょうせいはくはん=しろなまず),疥癬(かいせん),乳腺炎(にゅうせんえん), 薬物性日光皮膚炎(やくぶつせいにっこうひふえん),潰瘍(かいよう),すわりだこ, 陰部掻痒症(いんぶそうようしょう),類乾癬(るいかんせん),頭虱症(あたまじらみしょう), しっぷ皮膚炎などが1人づつありました。


紫色の太字微生物による皮膚病緑色の太字湿疹・皮膚炎の仲間に説明があります。

平松皮膚科医院へ戻る