中毒疹・多形紅斑・環状紅斑
当院の中毒疹の新患数 (環状紅斑を含む)
月/年 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012年
1月 10人 6人 9人 19人 17人 13人 20人 17人 17人 15人 19人 15人 26人 15人 10人
2月 12人 8人 12人 13人 15人 11人 21人 31人 18人 10人 23人 21人 25人 10人 10人
3月 12人 15人 15人 21人 11人 10人 21人 22人 31人 25人 27人 17人 22人 12人 14人
4月 17人 12人 5人 17人 18人 24人 22人 13人 23人 16人 27人 14人 18人 13人 27人
5月 20人 18人 22人 31人 15人 36人 32人 25人 34人 36人 51人 30人 28人 34人 26人
6月 25人 30人 26人 17人 16人 25人 35人 43人 48人 48人 52人 37人 48人 36人 37人
7月 10人 17人 16人 10人 32人 29人 21人 26人 39人 29人 66人 43人 36人 25人 31人
8月 8人 17人 13人 21人 13人 26人 18人 20人 24人 28人 28人 33人 34人 22人 14人
9月 17人 14人 16人 32人 18人 20人 25人 35人 32人 23人 21人 32人 19人 28人 18人
10月 8人 15人 24人 26人 18人 21人 24人 46人 33人 33人 31人 23人 21人 21人 26人
11月 9人 4人 15人 13人 8人 20人 18人 28人 21人 31人 29人 17人 17人 14人 *
12月 9人 6人 10人 7人 8人 18人 21人 23人 13人 16人 29人 10人 19人 16人 *
年間合計 157人 162人 182人 227人 189人 253人 278人 329人 333人 310人 403人 292人 313人 246人 *


当院の環状紅斑の新患数
月/年 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012年
1月 3人 2人 4人 1人 2人 0人 3人 1人 3人 2人 3人 0人 1人 1人 0人
2月 1人 0人 2人 0人 1人 2人 1人 5人 0人 4人 4人 1人 1人 0人 0人
3月 1人 3人 6人 1人 1人 2人 0人 3人 3人 1人 2人 0人 1人 0人 1人
4月 4人 3人 2人 1人 1人 1人 2人 1人 0人 2人 5人 0人 0人 1人 3人
5月 5人 5人 2人 4人 0人 1人 4人 3人 4人 3人 2人 2人 0人 2人 2人
6月 5人 8人 8人 1人 0人 3人 3人 10人 4人 14人 5人 3人 5人 2人 2人
7月 2人 2人 3人 3人 5人 6人 4人 9人 8人 6人 8人 4人 2人 4人 1人
8月 2人 6人 3人 1人 3人 8人 5人 5人 6人 9人 5人 4人 0人 2人 1人
9月 4人 7人 5人 5人 0人 3人 5人 7人 1人 4人 3人 4人 2人 7人 1人
10月 2人 4人 4人 5人 5人 4人 4人 8人 5人 2人 1人 1人 1人 0人 3人
11月 1人 0人 2人 0人 2人 3人 4人 3人 2人 7人 1人 0人 3人 2人 *
12月 3人 1人 1人 2人 1人 3人 2人 3人 1人 0人 2人 0人 0人 1人 *
年間合計 33人 41人 42人 25人 21人 36人 37人 58人 37人 54人 41人 19人 16人 22人 *


中毒疹(ちゅうどくしん)は年中多く見られます。
特に多形紅斑・環状紅斑(たけいこうはん・かんじょうこうはん)のかたちをとった中毒疹が多く見られます。

体外から有害なウイルス・ばいきん・化学物質などが体内に侵入した時あるいは体内で休眠していた 有害なウイルス・ばいきんが再び活動を始めたり、なんらかの原因で有害な物質が体内に発生した場合 皮膚に発疹が出来ることがあります。
その発疹を中毒疹といいます。

広い意味では原因のはっきりした麻疹(はしか)、風疹(三日はしか)、水痘(みずぼうそう)伝染性紅斑(リンゴ病)、しょうこう熱、妊娠性中毒疹、薬疹、しいたけ皮膚炎なども中毒疹です。

原因のはっきりしないジベル薔薇色粃糠疹ジアノッティ・クロスティ症候群、多形紅斑、多形滲出性紅斑、結節性紅斑、環状紅斑、狭義の中毒疹も中毒疹です。

狭義の中毒疹とは原因がはっきりしない麻疹に似た発疹・しょうこう熱に似た発疹・種をばらまいたような 赤いぶつぶつをいいます。

環状紅斑とは環状の赤い発疹のことをいいます。

背部の中毒疹
(1999・8・24撮影)
大腿部の中毒疹
(1999・9・1撮影)

右上肢の環状紅斑
(1999・9・21撮影)
背部の環状紅斑
(1999・12・25撮影)
大腿部の環状紅斑
(2000・1・12撮影)

腹部の多形紅斑 両手の多形滲出性紅斑 左の多形滲出性紅斑の拡大
腹部の多形紅斑
(2001・5・18撮影)
両手の多形滲出性紅斑
(2001・5・19撮影)
左の多形滲出性紅斑の拡大
(2001・5・19撮影)



中毒疹とか多形紅斑あるいは環状紅斑という皮膚病名はごみ溜的な病名で治療に難渋することがしばしばです。
診断のつかない紅斑症はたいていはこのどちらかに落ち着きます。

鑑別分類できない湿疹反応を湿疹あるいは皮膚炎の診断名にします。
それと同じことで鑑別分類出来ない発疹症に中毒疹の診断名をつけます。

当院での治療を紹介します。


原則として発疹にステロイド外用薬を使用します。

(1)軽症の場合は漢方薬(十味敗毒湯あるいは香蘇散)と抗プラスミン剤(トランサミンなど)あるいはLシステイン(ハイチオールなど)を内用して頂きます。

(2)中等症の場合は軽症の場合に加えて抗アレルギー剤(塩酸アゼラスチンなど)を内服併用して頂きます。

(3)重症の場合は中等症の場合に加えてステロイド剤も内用して頂きます。

その他の皮膚病に戻る
皮膚病50音順総索引