山王さん(日吉神社)
兵庫県篠山市佐貫谷


 同県の豊岡市内に住むSさんから頂いた資料をそのまま掲載させて頂きました。
~デカンショ節で知られる城下町丹波篠山、佐貫谷(さぬきだに)集落の山王さんはいぼ取りのご利益がある。
 篠山市街地から篠山川に沿って東に延びる県道702号篠山丹波線を青山台ゴルフ倶楽部、般若寺を左に見ながら、
5.5キロの地点、篠山東中学校の手前、泉交差点から県道305号線を北に進み、300mのところに「佐貫谷」の案内標識がある。
その標識に従って進むこと200mばかり、イエローの瓦屋屋根の民家のすぐ横に、山に登る細い道がある。
この道を少し登った地点で、猪の防護用の網を手で持ち上げ、くぐって進むと、山王さんの建物がある広場に出る。
 佐貫谷は20戸ばかりの小さな中山間の集落。山王さんは、この集落が管理する日吉神社で、村人は親しみをもって山王さんと呼んでいる。
建物の中に小さな神殿があり、その中にご神体が納められている。
扉が閉まっており、拝見することができないが、お猿が御幣を持った姿の像であると聞いた。
 いぼ取りのお願いをするには、お猿の縫いぐるみと鈴を、建物正面に下がっている鈴紐に取り付けて奉納するのが習わしとなっている。~(2016年9月12日記)

泉交差点、県道305号線を北へ進む 泉交差点から300m、佐貫谷の案内板
イエローの瓦の民家の左に細い道 ほぼ中央、右の細い道を登る
山道の途中、猪防御の網をくぐる 中央に山王さまの建物
中央の小さな神殿の前に奉納用の鈴紐 鈴紐に奉納されたお猿の縫いぐるみと鈴


頂いたいぼ神様へ戻る