石浦の塞の神堂・いぼ神さん
広島県福山市沼隈町中山南石浦


 福山市にお住いのFさんから頂いた資料をもとに作りました。
いぼ神さんといわれている塞の神の塞の神堂は2m×2mの大きさのお堂で,福山市沼隈町中山南(なかさんな)の石浦にあります。。
敷地の南東角には多数のこぶのある柿の木があります。
近所の人の話では,子供の頃お願いしイボがとれたそうです。今でも時おり,お参りに来られるそうです。
『文化財ふくやま』(第19号・福山市文化財協会・昭和59年)という冊子によると~塞の神に自分の年令・氏名・住所を言って、柿の木のこぶに手を触れ、次に自分のいぼに手を触れ『いぼいぼ治れ』と唱えます。
いぼが取れたら、牡蠣殻(かきがら)を供えます。さらに信仰の厚い人は赤や白の涎掛けを作り地蔵にかけます。~(2015年6月26日記・7月5日写真追加)

向かって右側に塞の神堂
向かって左側・敷地の東南角に
こぶのある柿の木

塞の神堂から眺めた
こぶのある柿の木
いぼが取れたお礼に
供えられる牡蠣殻(かきがら)
塞の神の石像に供えられた
牡蠣殻(かきがら)


頂いたいぼ神様へ戻る