航空機の機種を示す数字の読み(ボーイング777X)

2014年11月18日
朝日新聞朝刊に「東レ、B777Xに炭素繊維 独占納入に基本合意」の記事
ーー以下朝日新聞より一部転載
東レは17日、米航空機大手ボーイングが2020年の就航を目指している大型機「777X(トリプルセブンエックス)」に使う炭素繊維を独占的に納めることで基本合意したと発表した。すでに納入している中型機「787」向けも合わせて、販売額は今後10年間で1兆円規模になるという。
・・・
ーー以上朝日新聞より一部転載

朝日新聞 777X(トリプルセブンエックス)と読みが書いてありました。→こちらの記事
Wikiにもボーイング777(Boeing 777、ボーイング・トリプルセブン)の読みがあります。→こちら 
※Wikiでは次のような記載があります。
「トリプルセブン」は日本においては全日本空輸(日本第4080555号)などが商標登録しているため、全日空以外の運航機に対してこのように呼ぶことはほとんどない。

NHKニュースでは777X(ナナナナナナエックス)型機(ガタキ)音声

***
NHKことばのハンドブック第2版P75によると
「航空機の機種を示す数字の読み」
数字の部分は日本語読みとし、2けた以上の数字は原則として全体を1つの数字として読む。
航空会社や自衛隊の内部などでは、いろいろな呼び方をしているが、放送では一般にわかりやすい読み方を採る。
<例>エアバス300(エアバス・サンビャク)YS11(ワイエス・ジューイチ)
ただし、ボーイング社の「7××」シリーズの機種は、例外として数字を1つずつ読む。
<例>ボーイング747(ナナヨンナナ)ボーイング747-400(ナナヨンナナ・ノ・ヨンヒャク)
***
※NHKホーム>ことば(放送用語)>放送現場の疑問・視聴者の疑問>ロケットや航空機の機種の読み方は?
こちら にはまだボーイング777は載っていません。

朝日新聞には777X(トリプルセブンエックス)と言う読みの記載がありましたが、ルビがない時、一般的にはNHKの機種の読み方777X(ナナナナナナエックス)で読むのでしょう。報道を見守りたいと思います。

以上ボーイング777Xの読みについてでした。
777Xの製造には日本企業が多く参加し、部品全体の約2割を受け持つとのこと。
国産初の旅客ジェット機 MRJ(エムアールジェイ)も発展してほしい。

文化勲章受章者と文化功労者

2014年10月24日
文化勲章受章者と文化功労者の読み方(敬称略)

<文化勲章>
天野浩(あまの・ひろし)名古屋大教授
国武豊喜(くにたけ・とよき)北九州産業学術推進機構理事長
河野多恵子(こうの・たえこ、本名市川多恵子=いちかわ・たえこ)小説家
竹本住大夫(たけもと・すみたゆう、本名岸本欣一=きしもと・きんいち)人形浄瑠璃文楽太夫
中村修二(なかむら・しゅうじ)米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授
根岸隆(ねぎし・たかし)東大名誉教授
野見山暁治(のみやま・ぎょうじ)洋画家

<文化功労者>
秋山和慶(あきやま・かずよし)指揮者
川崎信定(かわさき・しんじょう)筑波大名誉教授
絹谷幸二(きぬたに・こうじ)洋画家
黒井千次(くろい・せんじ、本名長部舜二郎=おさべ・しゅんじろう)小説家
小池和男(こいけ・かずお)法政大名誉教授
斎藤修(さいとう・おさむ)一橋大名誉教授
佐藤勝彦(さとう・かつひこ)自然科学研究機構長
田中啓二(たなか・けいじ)東京都医学総合研究所長
ちばてつや(本名千葉徹弥=ちば・てつや)漫画家
常磐津英寿(ときわず・えいじゅ、本名鈴木英二=すずき・えいじ)常磐津節三味線演奏家
樋口久子(ひぐち・ひさこ、本名大塚久子=おおつか・ひさこ)プロゴルファー
宝生閑(ほうしょう・かん)能楽師
山川民夫(やまかわ・たみお)東大名誉教授
山本明夫(やまもと・あきお)東京工業大名誉教授
湯浅譲二(ゆあさ・じょうじ)作曲家

台風18号・氾濫の危険性が高い主な川の読み方

 

2014年10月6日
台風18号、大きい台風だったので風雨が強く、氾濫の危険性が高い主な川を国土交通省が発表していました。
NHKのサイトに発表されていた川の名前を調べました。

◇国土交通省によりますと、午前10時現在、氾濫の危険性が高くなっている主な川は次のとおりです。

・氾濫の危険性が非常に高い氾濫危険水位を超えている川
▽静岡県牧之原市の勝間田川(かつまたがわ)
▽静岡県袋井市の原野谷川(はらのやがわ)
▽横浜市の鳥山川(とりやまがわ)
▽静岡県掛川市の逆川(さかがわ)
▽浜松市中区の馬込川(まごめがわ)
▽静岡県磐田市の太田川(おおたがわ)
▽静岡県沼津市の高橋川(たかはしがわ)
▽山梨県笛吹市の平等川(びょうどうがわ)

・避難の目安となる避難判断水位を超えている川
▽静岡県磐田市の敷地川(しきじがわ)
▽浜松市東区の安間川(あんまがわ)
▽静岡県藤枝市の朝比奈川(あさひながわ)
▽静岡県牧之原市の坂口谷川(さくちやがわ)
▽静岡県富士市の潤井川(うるいがわ)
▽静岡県菊川市の牛淵川(うしぶちがわ)と菊川(きくがわ)
▽横浜市の柏尾川(かしおがわ)
▽神奈川県小田原市の山王川(さんのうがわ)
▽神奈川県大和市の境川(さかいがわ)
▽神奈川県藤沢市の引地川(ひきじがわ)
▽神奈川県茅ヶ崎市の小出川(こいでがわ)
▽神奈川県厚木市の荻野川(おぎのがわ)
▽横浜市の鶴見川(つるみがわ)

◇国土交通省によりますと、午後1時現在、氾濫の危険性が高くなっている主な川は次のとおりです。

・氾濫の危険性が非常に高い氾濫危険水位を超えている川
▽茨城県大子町の久慈川(くじがわ)

・避難の目安となる避難判断水位を超えている川
▽茨城県常陸太田市の浅川(あさかわ)
▽茨城県土浦市の桜川(さくらがわ)
▽福島県田村市の大滝根川( おおたきねがわ )
▽福島県矢祭町の久慈川( くじがわ)、
▽福島県相馬市の小泉川(こいずみがわ)
▽神奈川県茅ヶ崎市の小出川(こいでがわ)
▽栃木県真岡市と益子町の小貝川(こかいがわ)
▽静岡県磐田市の太田川(おおたがわ)

高円宮妃久子殿下の次女、典子さまご結婚

2014年10月5日
高円宮妃久子殿下の次女、典子(のりこ)女王殿下と出雲大社(島根県出雲市)の権宮司、千家国麿(せんげ・くにまろ)さん(41)の結婚式が5日午前、出雲大社で行わます。おめでとうございます。

関連する言葉 敬称略
高円宮久子(ひさこ)承子(つぐこ)絢子(あやこ)
千家国麿(せんげ くにまろ)
入第(じゅだい)の儀
84代出雲国造(こくそう)で宮司の父、尊祐(たかまさ)
千家礼子(せんげ あやこ)
禰宜(ねぎ)
権宮司(ごんぐうじ)の千家和比古(せんげ よしひこ)
日御碕(ひのみさき)神社
小野勝彬(おの かつあきら)男爵
天照大神(あまてらすおおみかみ)の第二子・天穂日命(あめのほひのみこと)
千家尊福(せんげ たかとみ)男爵
小袿(こうちぎ)長袴(ながばかま)
衣冠姿(いかんすがた)
朝見(ちょうけん)の儀
宮中伝統の「九年酒(くねんしゅ)」
賢所(かしこどころ)
皇霊殿神殿(こうれいでんしんでん)
告期(こっき)の儀