音ボラネット通信第16号

音ボラネット通信第16号が届きました。

2012年6月1日(金)に行われた 2012年度研修会 学習を支える音訳
の報告が主な記事でした。

今回は参加できませんでしたので、内容を記載した通信は興味深いものでした。
筑波技術大学の先生方のお話だったので出席できなかったのは残念です。
特に研修会・まとめが参考になりましたのでここに記載させていただきます。
—————————————————
■ 数式は、範囲を明確に伝える。
範囲とは・・・分数がどこで始まり、どこで終わるか/分母・分子や複数因数が多項のとき、分母がどこで始まりどこで終わるか/ルートのヤネの範囲、添え字の範囲 等々
添え字は、範囲が明確に伝わる言葉であれば、「下つき○○」「下つき終わり」「もどって」など、何でもよい

■ 「0」・・・数式や情報分野では「ゼロ」を推奨する。例えば、0.5=ゼロテンゴ というように
上記記載については音ボラネットの記事で以下のよう訂正がなされています。<8/5追加>
—-以下音ボラネット7月27日の記事 →こちら
※7月27日 会報記事の訂正とお詫び
会報3ページ下から3行目
「0」・・・数式や情報分野では「ゼロ」を推奨する。例えば・・・・・・・
の部分についてですが、講師陣からご指摘がありました。
『例えば、0.5=ゼロテンゴ』の部分を削除してください。
以上訂正して、お詫びいたします。
—-以上音ボラネット7月27日の記事

■ 図・・・「全体から詳細へ」が大方針

■ 何を伝えたいのか、行間を読み取ってその部分を的確に説明する技を習得していただきたい
—————————————————
数式や図は上記のことを頭に入れて読むと分かりやすく伝わるのでしょうね。

研修会に出席できなかった会員としては
「学習を支える音訳」の例題と音訳例を通信に入れて下さったことに感謝いたします。
ありがとうございました。

音ボラネットより報告書届く

全国音訳ボランティアネットワークが設立6年目を迎えました。
本年は、総会のない年度に当たるとのことで書面が届きました。
「2011年度 事業報告」
「2011年度 収支決算報告」
「2012年度 事業計画」
「2012年度 収支予算」
スタッフの皆様お忙しいのにありがとうございました。

代表より皆様にお願いという記事がありましたので、お知らせいたします。
————————以下記事より
さて、ここで皆様に、お願いがあります。
当音ボラネットも少しずつ存在が知られるようになりますと、利用者の皆様からの依頼が増えてきます。その都度ホームページで募集しますが、会員の皆様からの反応が、ほとんどありません。ただただ、提供される情報を、受け取るだけではなく、皆さまのお力をぜひ、お貸しいただければと思います。
これこそが、ネットワークです。よろしくお願い申し上げます。
2012年4月17日
————————以上記事より

研修会「学習を支える音訳」(6月1日開催)の案内も同封されています。
筑波技術大学の長岡英司(ながおかひでじ)先生を囲んで、音訳についてのお話を伺い、又、専門書等の音訳には欠かせない図や数式等の音訳技術について学ぶとのことです。

音ボラネット通信第15号

2012年3月18日 音ボラネット通信 第15号(2012.3.15)が届きました。

藤田会長の「あいさつ」にあるように、音訳の役割は変わっていくのかもしれません。
合成音声の進歩は障害者に朗報ですし、早く情報を得ることが出来ます。
質という面では音訳者を必要とする書籍は多いようです。

人間の能力と機器の利点をうまく調査させることが大事なことなのでしょう。
最近は視覚障がい者だけではなく、学習障害者のマルチメディア教科書の製作へも音訳者の協力が要請されているようです。
視覚障がい者のためにある公的な点字図書館等ではまだ学習障害者への支援は出来にくいでしょうから、束縛の小さい、いろいろな団体が集まった全国音訳ボランティアネットの役割は大きいのだと思います。

最近、音ボラネットのホームページを見ていると、音訳者を必要としているユーザーと音訳者を結びつける記事が多くなってきています。
また、学習の機会を知らせる記事も目立つようになりました。
全国音訳ボランティアネットが目指している会に近づいて来ているのだと思います。
スタッフの皆様の努力に感謝します。

振込用紙が入っていますので、出来るだけ早く会費を払いたいと思います。

音ボラネット通信第14号

12月になりました。何となく忙しい年の暮です。
東日本大震災で被害を受けた皆様、どうぞお体に気をつけて冬をお過ごし下さい。

音ボラネット通信第14号が届きました。今回もとても見やすい会報です。

◇ホームページが新しくなった。
全国音訳ボランティアネットワークの動向、世の中のボランティア全体の流れ、利用者・音訳者に関する情報を早く知りたいときにはホームページを見るのがいいですね。
「藤田が行く」を見ると元気が出ます。
<会員交流掲示板>の設置がされたとのこと。

◇録音図書のデータベース化がなされた。
登録してある本を検索してみました。

◇最近の音訳の動き
テキスト化プロジェクト
DAISY資料製作全国基準
他いろいろ

◇こえ・声・KOE
会報のこの欄が私は好きです。全国の皆様の音訳の様子がよく伝わってきます。
今回は東日本大震災にあわれた皆様の声が心に響きました。

音訳を通して葛飾音訳ボランティアの会の皆様のように消防署などと協力できること。
「読み書き支援」「マルチメディアDAISY」など支援できることはたくさんあるようです。

全国音訳ボランティアネットはいろいろな団体の集まりであり、個人で加入している人も多いので、支援して欲しい分野に協力できる人は申し出られると会も発展していくのでしょうね。

ーーーーーーーーーーーーーーー

12月4日 久しぶりに静岡は青空
東名高速道路下り線 富士川SAからの富士山
富士川SAからのの富士山11.12.4→拡大してみてください。

音ボラネット サイトリニューアル!

全国音訳ボランティアネットワークのホームページが新しくなりました! →こちら
ヤフーなど、専門のサイト同様、無駄がなくスッキリしていてとても良いですね。
ホームにメニューバーが並んでいて、サイト全体がどのようなものか分かりとても見やすい。
最近の記事をすぐに見ることが出来、字が大きくて見やすいのも嬉しい。

今までの音ボラネットのサイトも手作りのぬくもりがあり、好きでした。
サイトを一新すると新しい気持ちで見ることが出来るので、それはまた素晴らしいですね。

「音訳の部屋」も時にはリニューアルするといいのでしょうが、時間があったら読み方辞典を一つでも多く作ろうと思うので、きっとこのままで行くことでしょう。
音訳の部屋のサイトは作り始めてもう13年になります。
パソコンを始めた当初そのままの表紙ですが、単純にTOPページにサイト全体の案内をおいたのは良かったと思います。でも書き足しているうちにソースが汚くなって・・・
技術がないのとサイト全体が多すぎるのでこれで我慢です。

音ボラネットの新しいサイトを見ると、ソースがとても綺麗なので、すごいな~~と思うのですが、まねは出来ませんので感心して眺めています。
最近はネットで情報を伝えることが世の中の主流となりました。
ネット社会もどんどん変化していくのでしょうね。

音訳がテープからデジタル機器に変わったように、もうすぐ紙の書籍が主流としてデジタル書籍化するのでしょう。
そんなの嫌だな~と、今は思っていてもそのうちに慣れて、自分でもデジタル書籍を読む日が近いのかもしれません。

8月28日 山中湖 花の都公園へ行ってきました。
向日葵は盛りを過ぎ、いまは百日草(ジニア)が満開!
快晴ですと山の向こうに富士山の雄大な姿を 眺めることが出来るのですが・・・

山中湖 花の都公園の百日草 →後ろに富士山を想像して拡大してみて・・・

初夏、花の都公園で買い求めてきた百日草(ジニア)が今、家の玄関先で満開!

初夏、花の都公園で買って家で育てている百日草