『光は闇より② 点字の父 ルイ・ブライユ』北川和彦著

北川先生よりKITAGAWA通信 No.40 2010.3 を送っていただきました。
近著を皆様にご紹介します。

KITAGAWA通信 No.40 2010.3 より 紹介
—————————————以下KITAGAWA通信 No.40 TOPページより
光は闇より 第2部
点字の父 ルイ・ブライユ 生誕200年
記念切手(カラー)と写真で構成

 2009年はルイ・ブライユ生誕200年の年で、世界各国で盛大な記念行事が開催されました。記念切手も各国から発行されましたので、これをカラーで収録し、私が1982年にパリを訪れた時訪問した、ルイ・ブライユ関係施設の思い出の記を写真とともに紹介し、「光は闇より」の第2部として発行します。
(内容)
○世界各国のルイ・ブライユ生誕記念切手(5頁)
○ルイ・ブライユ博物館訪問記
○ヴァランタン・アユイ協会(ルイ・ブライユ図書館)訪問記(沿革・組織予算・図書館サービス)
○ルイ・ブライユ関係文献目録(邦文)
○石川倉次生誕150年(ブライユ点字の翻案)
○点字の文化展(1990 東京)
B5判 28頁(カラー5頁) 850円
発行 2010年3月 200部限定
お申込みはFAXまたは葉書で氏名・送付先住所・部数を明記の上お申込みください。

ルイ・ブライユの業績について、天声人語(2009.1.4)からその一部を抜粋して紹介します。
「点字を考案したルイ・ブライユがフランスに生れて、今日で200年になる。▼3歳で失明、盲学校にいた15歳の時、軍の夜間伝令を参考に3×2で並ぶ点字をあみ出した。6つの点で字や記号を表す方式はやがて世界に広がる。目に見えなくても、読み書きを学び、主張し、創作できるようになった。▼面識のない人と、見えない世界を一部でも共有できるのは、19世紀の偉人のお陰である。点字、手話、外国語。伝え合う手段は、人生と社会をずっと豊かにする。」

(申し込み先)KITAGAWA通信 No.40 最終ページより
〒262-0019 千葉市花見川区朝日ヶ丘2-2-23-301 北川和彦(葉書またはFAXで)

—————————————以上KITAGAWA通信 No.40 より

FAX番号・送料については「音訳の部屋」内のページ参照 →こちら

————————————————————————————

北川先生よりKITAGAWA通信 No.40 2010.3 を送っていただきました。
以上ご紹介です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です