フロッピーディスク、来年3月販売終了!

2010年4月24日

4月24日読売新聞 →こちら

—————————————————–以下記事より

さよならフロッピーディスク、来年3月販売終了

 ソニーは23日、パソコンで作成した文書やデータを保存する記録媒体「フロッピーディスク」
の販売を2011年3月末で終了すると発表した。

 ソニーの撤退で国内最大手の製品は姿を消すことになる。

 現在の直径3・5インチ型はソニーが開発し、1981年に世界で初めて米国で発売し、
日本では83年に発売された。

 しかし、近年はハードディスクやDVD、USBメモリーなど新しい記録媒体に押されて
需要が減少。
生産は中国メーカーに委託していたが、必要な部品の調達も難しくなっており、販売を終了する。
—————————————————–以上記事より

以前から言われていましたが、いよいよ販売終了が発表されました。
年配の視覚障がい者で「フロッピーディスク」を使い慣れている方は大変でしょうね。
製品がなくなるということはどうしようもないことです。
関係者は数年前からこの情報を伝えていました。
他の記録媒体に上手に移行できるように願っています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップに戻る