ツバメの巣を見つける

毎日、柴犬もみじの散歩に出かけます。
我が家は市の中心部から遠くはないのですが、調整区域が近くに広がり、散歩は田や畑の中を通っていきます。

今日は梅雨の合間の薄曇。
いつもの道よりちょっと住宅街を行くことにしました。

思わぬ発見

手芸品を売っているお店の玄関先にツバメの巣
心優しき住人に台を作ってもらってありました。
まだ小さいツバメ達

手芸店の入口の上に作られた燕の巣 まだ小さいツバメ達

散歩を続けていたらソフトバンクのお店の前にダンボールがあり鳥の糞がたくさん
上を見上げると大分成長したツバメ達が親鳥の餌を待っています。

ソフトバンクの非常用ライトの上に作られた燕の巣

ツバメは猫やカラスを避けるために、人が出入りするところに巣を作ると聞いていますがほんとですね。

巣を作らせている人たちは心優しき人たちだと思います。
この入口の糞はかなり大変。
商売している人たちは縁起が良いということで大事にしていると聞いたことがあります。

環境省 自然環境局 生物自然多様性センターのページには
ツバメの巣作りは歓迎されているの?→こちら というページがあります。
ツバメの巣は全体的には歓迎されているよう。
巣作りを助ける工夫・・・などが書いてあり、日本人の国民性は自然に優しいのですね。

東北地方でも軒下にツバメが巣を作る日が早く来るように祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です