<ノーベル賞>医学生理学賞に山中伸弥氏

2012年10月8日

夜、テレビを見ていたら嬉しいニュース速報。
<ノーベル賞>医学生理学賞に山中伸弥(やまなか・しんや)氏

——————以下毎日新聞WEB引用
スウェーデンのカロリンスカ研究所は8日、12年のノーベル医学生理学賞を、京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授(50)と英ケンブリッジ大のジョン・ガードン博士(79)に授与すると発表した。
授賞理由は「成熟した細胞を、多能性を持つ状態に初期化できることの発見」。
山中氏は06年、マウスの皮膚細胞に4種類の遺伝子を入れることで、あらゆる組織や臓器に分化する能力と高い増殖能力を持つ「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を作り出すことに成功。拒絶反応の少ない再生医療や難病の仕組みの解明などにつながる革新的な功績が評価された。最初の成果が米科学誌に掲載されてから6年余りという異例のスピード受賞だ。
山中教授はこの日、午後8時から京都市左京区の京都大で記者会見。「私たちの本当の仕事は、しっかり研究を進め、iPS細胞の医療応用を果たすこと。これからも本当の仕事を進めていかなければならないと思った。難病を持っている患者さんには、希望を捨てずにいてほしい」と決意を語った。
——————以上毎日新聞WEB引用

人工多能性幹細胞(じんこうたのうせいかんさいぼう)(inducedpluripotentstemcell=iPS細胞)
iPS細胞(アイピーエスさいぼう)

山中教授の会見をテレビで見て、真摯に研究に取り組み、人の役に立ちたいと言う気持ちが伝わって来ました。
国や周りの人が研究に協力することがとても大事なことだと思いました。

最高の賞をいただいて、研究の励みになるでしょうが、また大変なプレッシャーにもなると思います。
静かに研究生活ができることを祈ります。
網膜の再生も出来るらしいので、研究成果が早く実ることを願っています。

******************
2012年10月7日
錦織 圭(にしこり・けい)選手が楽天ジャパンオープンテニス優勝
テニスに夢中になっていた時期があるので、テニス観戦は大好き!
昨日、WOWOWで応援していました。
オープン化してからの日本人の優勝は始めてで、素晴らしい試合でした。
これも嬉しいニュースでした。

日本に明るいニュースが続いて国が元気になると嬉しい!

******************
10月8日箱根の秋の風景

秋の芦ノ湖を見る 箱根の道路沿いはススキが風に揺れています
芦ノ湖も秋の気配          箱根の道路沿いはススキが風に揺れています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップに戻る