山中教授の“右腕”高橋講師も受賞 ロバートソン賞

2012年10月10日

米ニューヨーク幹細胞財団は10日、高橋和利(たかはし かずとし)講師(34)に、優れた業績を挙げた幹細胞分野の若手研究者に送るロバートソン賞を授与した。

ノーベル賞受賞の山中教授が共同研究者として感謝の言葉を会見で言っておられました。
本来はノーベル賞にも加わえて欲しかった人とのこと。
米ニューヨーク幹細胞財団が若手研究者に送るロバートソン賞を高橋講師に授与したとの知らせは嬉しいニュースです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です