音ボラネット通信第18号

音ボラネット通信第18号が届きました。

今回は 第4回全国音訳ボランティアネットワーク総会 のお知らせが主な記事です。
記事から概略を紹介します。
——————————————
第4回全国音訳ボランティアネットワーク総会
広がりを見せる音訳Part2 ~多様化するニーズに応えるために~
6月10日(月)・11日(火)アルカディア市ヶ谷

6月10日(月)13:15~16:30
総会
講演「共同自炊型電子図書館プロジェクト」 講師 石川 准氏

6月10日(月)17:30~19:30 懇親会

6月11日(火)9:30~12:00 分科会(1~4)
第1分科会 図書館のこれからと求められる音訳者像
第2分科会 利用者の求める雑誌を作るには ~月刊誌『世界』の製作現場から~
第3分科会 新たなニーズ“テキスト化”に音訳のスキルで応えよう!
第4分科会 音訳の広がりが地域で必要とされている!?~東日本大震災の教訓を踏まえて~
—————————————-

前回の総会から2年がたちます。
全国音訳ボランティアネットワークも視覚障害者サービスの活動を超え、学習障害の方たちの支援へとひろがりを見せて来ています。詳細は音ボラネット通信第18号と同封された第4回総会ご案内をご覧ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップに戻る