錦織圭(にしこり けい)選手 全米オープンテニス ベスト4

2014年9月4日

朝4時からWOWOWで錦織圭選手を応援!
全米オープンの男子シングルス準々決勝で、錦織圭選手がスイスのスタニスラス・バブリンカ選手にセットカウント3対2で勝ち、準決勝進出を決めました。

四大大会(全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン選手権、全米オープン)の男子シングルスで、日本選手がベスト4に進むのは81年ぶり、全米オープンでは96年ぶりとのことでとても嬉しい。
43歳のクルム伊達公子(クルム だて きみこ)選手も全米オープン女子ダブルス準々決勝で、チェコのバルボラ・ストリコーワ選手とのペアで勝って準決勝に進出しました。

二人とも頑張っていて嬉しいですね。
全米オープンテニス、テレビでの応援で多忙です。

関連語
日本の男子シングルス四大大会でベスト4以上に勝ち上がったのは
96年前の1918年、全米オープンの熊谷一弥(くまがい いちや)さん
1920年、ウィンブルドンの清水善造(しみず ぜんぞう)さん
1931年から1933年にかけて全仏オープン、全豪オープン、ウィンブルドンで合わせて5回進出した、佐藤次郎(さとう じろう)さん

女子シングルスでは
1973年、全豪オープンの沢松和子(さわまつ かずこ)さん
1994年の全豪オープン、1995年の全仏オープン、1996年のウィンブルドンで勝ち上がった、クルム伊達公子選手

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です