台風18号・氾濫の危険性が高い主な川の読み方

2014年10月6日

 

2014年10月6日
台風18号、大きい台風だったので風雨が強く、氾濫の危険性が高い主な川を国土交通省が発表していました。
NHKのサイトに発表されていた川の名前を調べました。

◇国土交通省によりますと、午前10時現在、氾濫の危険性が高くなっている主な川は次のとおりです。

・氾濫の危険性が非常に高い氾濫危険水位を超えている川
▽静岡県牧之原市の勝間田川(かつまたがわ)
▽静岡県袋井市の原野谷川(はらのやがわ)
▽横浜市の鳥山川(とりやまがわ)
▽静岡県掛川市の逆川(さかがわ)
▽浜松市中区の馬込川(まごめがわ)
▽静岡県磐田市の太田川(おおたがわ)
▽静岡県沼津市の高橋川(たかはしがわ)
▽山梨県笛吹市の平等川(びょうどうがわ)

・避難の目安となる避難判断水位を超えている川
▽静岡県磐田市の敷地川(しきじがわ)
▽浜松市東区の安間川(あんまがわ)
▽静岡県藤枝市の朝比奈川(あさひながわ)
▽静岡県牧之原市の坂口谷川(さくちやがわ)
▽静岡県富士市の潤井川(うるいがわ)
▽静岡県菊川市の牛淵川(うしぶちがわ)と菊川(きくがわ)
▽横浜市の柏尾川(かしおがわ)
▽神奈川県小田原市の山王川(さんのうがわ)
▽神奈川県大和市の境川(さかいがわ)
▽神奈川県藤沢市の引地川(ひきじがわ)
▽神奈川県茅ヶ崎市の小出川(こいでがわ)
▽神奈川県厚木市の荻野川(おぎのがわ)
▽横浜市の鶴見川(つるみがわ)

◇国土交通省によりますと、午後1時現在、氾濫の危険性が高くなっている主な川は次のとおりです。

・氾濫の危険性が非常に高い氾濫危険水位を超えている川
▽茨城県大子町の久慈川(くじがわ)

・避難の目安となる避難判断水位を超えている川
▽茨城県常陸太田市の浅川(あさかわ)
▽茨城県土浦市の桜川(さくらがわ)
▽福島県田村市の大滝根川( おおたきねがわ )
▽福島県矢祭町の久慈川( くじがわ)、
▽福島県相馬市の小泉川(こいずみがわ)
▽神奈川県茅ヶ崎市の小出川(こいでがわ)
▽栃木県真岡市と益子町の小貝川(こかいがわ)
▽静岡県磐田市の太田川(おおたがわ)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップに戻る