東海音訳学習会での講座修了(名古屋)

2014年11月14日

2014年11月14日
平成26年11月13日(木)東海音訳学習会定例会 「インターネットを使った調査について」

名古屋市総合社会福祉会館7階大会議室にて、東海三県で活動する音訳ボランティアの学習会定例会があり、名古屋へ行ってきました。今年一番の寒い日との予報で冬支度。冬の訪れが早いのでしょうか。

出席者はあらかじめ聞いていたより多い96名。今年最後の講座ですので頑張らねば。
ここ数日、男子テニスの今季最終戦、ATPツアー・ファイナルで夜通し錦織選手の応援。
ガオラをずっと見ていて、12日~13日早朝は錦織君の試合がなかったので、無理をせずに済みました。

平成18年に東海音訳学習会で講座をしたのですが、その頃と異なりインターネットが日常となりました。音訳者もパソコンをする人が増え、反応があるので一緒に学ぶのも嬉しい。

以前はWikipediaは間違いが多いと調査に使用していない施設も多かったのですが、最近はWikiも切磋琢磨して充実し、気をつけて使えばとても助かる辞書となってきました。毛嫌いしないで便利に使ってよいと思います。
不安な時には用語と読みをGoogle等の検索に入力して再調査すればいいのです。

また、NHKでは社会のことばの変化に応じて、放送に使うことばを放送用語委員会で検討しています。言葉の読みにも変化はあることを常に心にとめてアンテナを高くしていきたいと思います。

言葉の変化に関しては実際に読む時には所属の指示に従ってください。音訳者・点訳者は辞書と違う読みに順応するのは勇気がいります。最近は言葉の上でも世の中の変化が大きく、辞書の方が遅れます。
新しいことをすべて取り入れる必要はないでしょうが、NHKニュースなどを聞いた時に心に止めておくと、校正する時役に立つと思います。

音訳の部屋でも言葉の変化や報道の言葉を全てキャッチすることは難しく、多くをお知らせすることはできません。
ブログ「音訳の部屋リビングルーム」で御嶽山の災害時の報道の言葉など、できるだけ集めています。
時には「なるほど読み方辞典」も覗いてください。→こちら

今回の講座で計画をしていただいた青木さん、パソコンを用意して下さった野田さん、北名古屋音訳ボランティア「はと」、ちぐさ朗読の会の皆様ありがとうございました。

紅葉が見頃。静岡市賤機都市山村交流センター「安倍ごころ」の皇帝ダリアが今盛りです。
秋晴れに外を歩くのも楽しいですね。
DSC_6656

DSC_3408

追伸
物理記号デルタ(Δ・δ・⊿)で雑談した会の当番の方。この追伸に気が付いたらメールを下さい。

Comment

  1. 芹澤恵子 より:

     昨日、東海音訳学習会定例会の「インターネットを使った調査について」の講義を聴かせていただきました、岩倉市音訳の会あめんぼの芹澤と申します。
     パソコンは自己流でなんとなく使っていて、パソコンの基礎を知らないので、今回の講義はいろいろ得るものが多いものでした。しかし、時間が短く、細かなところがお聞きできず残念です。
     文献・出典によって、読み方が違うこともあるのですね。インターネットで調べても、いくつもの読み方が出てきてしまい、悩む画面も多かったですが、理由がわかり、すっきりしました。
     NHKのニュースを録画しておいて、新たな言葉を追加していらっしゃるなんて、言葉に対する先生の姿勢に頭が下がります。今までは読みを探す時だけ利用させていただいていましたが、音訳者としてはそれだけではもったいないですね。今後はブログなども読ませていただき、ことばに対する感性を高めていきたいと思いました。
     今回はご講義、ありがとうございました。

  2. yoco より:

    >芹澤恵子さま
     こんにちは!講座が役にたって調査が楽になると嬉しい。
    NHKのニュースを録画して用語を追加するのは御嶽山の噴火など大きな事件のあった時だけです。もともと読みが苦手ですので続いているのかもしれません。
    これからもよろしくお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップに戻る