画家・イラストレーターの生頼範義氏死去

2015年10月28日
昨日27日、画家・イラストレーターの生頼範義氏が死去されました。
ーーー以下NHKニュースより
生頼範義さんは兵庫県の出身で、東京芸術大学を中退したあと、イラストレーターとして活動を始めました。昭和55年には、アメリカの映画監督ジョージ・ルーカスさんから直接依頼を受けて映画「スター・ウォーズ帝国の逆襲」のポスターを担当し、国際的なイラストレーターとして一躍、有名になりました。

また、「ゴジラ」シリーズや「日本沈没」をはじめとした映画のポスターや、平井和正氏の小説「幻魔大戦」シリーズの表紙などSF作品のイラストを数多く手がけたほか、コンピューターゲームの「信長の野望」や「提督の決断」などのパッケージのイラストも担当しました。

空想の世界の人物や情景を細かい部分まで写実的に描く生頼さんの画風は国内外で高く評価され、去年、文化庁映画賞を受賞しました。
生頼さんは体調を崩して宮崎県国富町の病院に入院していましたが、27日、肺炎のため、亡くなりました。79歳でした。
ーーー以上NHKニュースより

音訳の部屋「装丁家読み方辞典」に記載がなかったため10月27日夜、加筆しました。
27日にWEBで調べた時点では生頼範義(おうらいのりよし)が多かったのでその通り記載。

28日朝刊を見ると各紙が生頼範義(おおらいのりよし)
ネットで検索してみると生頼範義の記事が増えていて、報道・美術館は(おおらいのりよし)がほとんどでした。

息子さんである(オーライ タロウ)氏のページを見ると息子さんの妻も(おおらい)

そこで「装丁家読み方辞典」を 生頼範義(おおらい のりよし)に替え(注)に(おうらい のりよし)を入れました。

水上勉や柄谷行人など国立国会図書館と一般で読みが違うことはあるのですが、国会図書館でも同じ年度で違うこともあるのですね。
大学図書館の本を探す(CiNii Books)では下記のように(オオライ ノリヨシ)別名(オウライ, ノリヨシ)が出てきます。

歴史上の人物は名前の読み方が違うことも多々あるのですが、現代では多くはないので悩むところです。

音訳の部屋では全てを調べることはできませんが、分かった時点で違う読みも記入したいと思います。

***********

以下、生頼範義の読み方の主なものを記載しておきます。死去が報じられてからの報道ではほとんどが(おおらい のりよし)です。

◇NHK 画家・生頼範義(おうらいのりよし)の世界(ラジオ深夜便)→こちら

◇日本書籍出版協会(Books.or.jp)

生頼範義 緑色の宇宙
オウライノリヨシミドリイロノウチュウ
著者名 生頼 範義 著 オウライ ノリヨシ
シリーズ名 玄光社Mook/ゲンコウシャムック

◇国立国会図書館

タイトル 生頼範義 緑色の宇宙 = OHRAI NORIYOSHI GREEN UNIVERSE /
タイトルよみ オオライ ノリヨシ ミドリイロ ノ ウチュウ.
責任表示 生頼範義 [画] ; オーライタロー 監修.
並列タイトル OHRAI NORIYOSHI GREEN UNIVERSE
出版事項 東京 : 玄光社, 2014.12.
ーーー
タイトル 生賴範義the illustrator /
タイトルよみ オウライ ノリヨシ the illustrator.
責任表示 生賴範義 [画] ; 生賴範義展実行委員会 編.
出版事項 宮崎 : 宮崎文化本舗 ; [出版地不明] : 生賴範義展実行委員会 (発売), 2014.2.

◇大学図書館の本を探す(CiNii Books)

生頼範義 : 緑色の宇宙 = Ohrai Noriyoshi green universe
生頼範義 [画](玄光社MOOK, . イラストレーション別冊||イラストレーション ベッサツ)玄光社, 2014.12
タイトル別名 生頼範義 : 緑色の宇宙
タイトル読み オオライ ノリヨシ : ミドリイロ ノ ウチュウ

生頼範義の名前をクリックすると

生頼, 範義 オオライ, ノリヨシ
別名 生頼, 範義(オウライ, ノリヨシ)

**************

静岡県川根本町の寸又峡夢の吊り橋でもそろそろ紅葉が始まりました。人口湖のエメラルドグリーンと吊り橋からの紅葉が美しい季節になります。→こちら
DSC_7991

DSC_8003

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です