河合純一さん 日本で初めてパラリンピック殿堂入り

2016年8月28日

26日嬉しいニュースがありました。
浜松市出身の河合純一さんが日本で初めてパラリンピック殿堂入りです。
殿堂入りのセレモニーはパラリンピック期間中の来月9日にリオデジャネイロで行われます。

ーー以下8月26日NHKニュースより

パラリンピックで大きな功績を残した人をたたえる「パラリンピック殿堂」に、パラリンピックの競泳で5個の金メダルを獲得した河合純一さんが日本から初めて選ばれました。

これはIPC=国際パラリンピック委員会が26日、発表しました。「パラリンピック殿堂」は、過去の大会で大きな功績を残した選手やコーチをたたえようと2006年に創設され、これまで19人が殿堂入りしています。

河合さんは今回、日本から初めて選ばれました。河合さんは41歳。競泳の視覚障害のクラスで1992年のバルセロナ大会から前回、2012年のロンドン大会まで6大会連続で出場し、金メダル5個を含む合わせて21個のメダルを獲得しました。

引退後はパラリンピックに出場した選手でつくる「日本パラリンピアンズ協会」の会長や、「日本身体障がい者水泳連盟」の会長を務め、競技の普及や環境整備、選手の強化などを進めています。

ーー以上8月26日NHKニュースより

河合 純一(かわい じゅんいち)1975年生まれ 浜松市西区出身

~~河合氏のツイッターより →こちら
15歳で失明。パラリンピック水泳金メダル獲得。元公立中学校教師。
現在、(一社)日本パラリンピアンズ協会会長。(一社)日本身体障がい者水泳連盟会長。
2児の父親。(独)日本スポーツ振興センター勤務。
2020東京オリ・パラ成功に向けて全力でがんばります!
~~

*(一社)一般社団法人(いっぱんしゃだんほうじん) 一社は(いちしゃ)とも
(独)独立行政法人(どくりつぎょうせいほうじん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です