ノーベル医学・生理学賞に大隅良典 東工大栄誉教授

2016年10月3日

2016年10月3日
スウェーデンのカロリンスカ研究所は3日、2016年のノーベル医学・生理学賞に東京工業大学の大隅良典(おおすみ よしのり)栄誉教授(71)に授与すると発表しました。

授賞理由は「オートファジーの仕組みの解明」。
生物の細胞が不要なたんぱく質を分解して再利用する「オートファジー(自食作用)」の仕組みを解明し、世界中で進むがんやパーキンソン病に関する創薬研究に道を開いた業績が評価されました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップに戻る