貨客混載(かきゃくこんさい)

2017年9月3日

2017年9月3日
報道によると貨客混載(かきゃくこんさい)が解禁されました。

2017年、国土交通省は過疎地などで、貨物自動車(ライトバンやツーリングワゴン等)に旅客を乗せる事例等の解禁や、
従来存在した乗り合いバス(路線バス)による貨物輸送の距離制限(350kmまで)を撤廃する方針を打ち出した。

詳細は国土交通省→こちら

Wikipediaによると
貨客混載(かきゃくこんさい)とは、貨物と旅客の輸送、運行を一緒に行う形態のこと。鉄道、路線バス、飛行機、フェリーなどで行われる。多くの場合、旅客が滞在するスペースと貨物を積載するスペースは明確に分離される。対語は客貨分離。ヤマト運輸などでは、客貨混載(きゃくかこんさい)と表現している。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップに戻る