ブラインドテニスの考案者がホームから転落死

 ブラインドテニスの考案者がホームから転落死

ブラインドテニスを考案した武井実良(たけいみよし)氏が、今月16日にJR目白駅(東京都豊島区)で、ホームから転落、電車にはねられて死亡しました。
ご冥福をお祈りしこのような事故が再びおきない様に対策を考えてほしいと思います。
詳細は産経ニュース→こちら
*武井実良氏 本名は武井視良(たけいみよし) 対外的報道表記には武井実良を使用→こちら

日本生まれのスポーツ ブラインドテニス
視覚障がい者である武井実良氏が発案したスポーツ。
音の出るボールを打ち合う。

武井氏はブラインドテニス(視覚ハンディキャップテニス)のルールや用具を研究。
「日本ブラインドテニス連盟」の会長。
国内外での普及に情熱を燃やした人だったと言う。
とても残念です。

駅のホームでは声をかけてから手助けをする事が求められると言う。
毎日JP→こちら