マルチメディア デイジー

フロッピーディスク、来年3月販売終了!

2010年4月24日

4月24日読売新聞 →こちら

—————————————————–以下記事より

さよならフロッピーディスク、来年3月販売終了

 ソニーは23日、パソコンで作成した文書やデータを保存する記録媒体「フロッピーディスク」
の販売を2011年3月末で終了すると発表した。

 ソニーの撤退で国内最大手の製品は姿を消すことになる。

 現在の直径3・5インチ型はソニーが開発し、1981年に世界で初めて米国で発売し、
日本では83年に発売された。

 しかし、近年はハードディスクやDVD、USBメモリーなど新しい記録媒体に押されて
需要が減少。
生産は中国メーカーに委託していたが、必要な部品の調達も難しくなっており、販売を終了する。
—————————————————–以上記事より

以前から言われていましたが、いよいよ販売終了が発表されました。
年配の視覚障がい者で「フロッピーディスク」を使い慣れている方は大変でしょうね。
製品がなくなるということはどうしようもないことです。
関係者は数年前からこの情報を伝えていました。
他の記録媒体に上手に移行できるように願っています。

NHKおはよう日本 ディスレクシア

10月14日(水)「NHKニュースおはよう日本」でディスレクシア  “読み書き困難”な子ども どう支える
を放送していました。

ディスレクシア(読み書きの困難)を持つ子どもたちの学習、読書を支援するにはマルチメディアDAISY教科書・図書の製作が必要とのことでした。
DAISY教科書・図書の製作には音訳が関わってきますので関係のページをお知らせします。

日本障害者リハビリテーション協会 情報センター ディスレクシア(Dyslexia)→こちら
日本障害者リハビリテーション協会 情報センター パネルディスカッション 「DAISY教科書提供体制の確立を目指して」→こちら
文化審議会 著作権分科会 法制問題小委員会(第6回)議事録・配付資料 [資料4-2]-文部科学省→こちら
       囲み5以下 学習障害者のための図書のデイジー化について

社会福祉法人日本ライトハウス情報文化センター→こちら
社会福祉法人日本ライトハウス情報文化センター マルチメディアDAISY コーナー →こちら
社会福祉法人日本ライトハウス情報文化センター 子どもたちに読書と学習の喜びを→こちら

先日、9月28日のブログでオーディオブック FeBe(フィービー)を紹介しました。
マルチメディアDAISY で音訳も変化の時に来たのかと思いますが、世の中には手作りの音訳を必要としている子ども達がたくさんいるのだと思います。
音訳もこれから専門的な方向に向かっていくのでしょうか。

トップに戻る