言葉の読み方

草津白根山噴火 用語の読み方

2018年1月24日

2018年1月24日 25日、30日追加
23日午前10時前に、群馬県の北西部にある草津白根山が噴火しました。本白根山の鏡池付近で噴火が発生し、1キロ以上離れた場所まで噴石が飛んだことが確認されました。草津白根山は白根山、本白根山、逢ノ峰(あいのみね)の三つの山からなる複合火山です。

関連する読み方を記載します。

草津白根山(くさつしらねさん)
本白根山(もとしらねさん)
逢ノ峰(あいのみね)
鏡池(かがみいけ)
振子沢(ふりこざわ)コース
清水沢(しみずさわ)コース
富貴原(ふうきばら)の池コース
ロープウエーの「山麓駅(さんろくえき)」から「山頂駅(さんちょうえき)」
湯釜火口(ゆがまかこう)
相馬原(そうまがはら)駐屯地 第12旅団司令部等が駐屯する陸上自衛隊の駐屯地
草津町(くさつまち)
*ノーマークの火口・火山 樽前山の(たるまえさん)の風不死岳(ふっぷしだけ)

噴火(ふんか)
噴煙(ふんえん)
噴石(ふんせき)
火山灰(かざんばい)
火山性微動(かざんせいびどう)
雪崩(なだれ)
空振(くうしん)
融雪型火山泥流(ゆうせつがたかざんでいりゅう)

入山規制(にゅうざんきせい)
防災科学技術研究所雪氷防災研究センター
( ぼうさいかがくぎじゅつけんきゅうじょせっぴょうぼうさいけんきゅうせんたー)

小野寺 五典(おのでら いつのり)防衛大臣
藤井 敏嗣(ふじい としつぐ)東京大学の名誉教授
斎藤 誠(さいとう まこと)火山課長
石原 和弘(いしはら かずひろ)火山噴火予知連絡会の会長で京都大学の名誉教授
野上 健治(のがみ けんじ)東京工業大学の教授
武川 俊二(たけかわ しゅんじ)日本山岳ガイド協会常務理事
前野 深 (まえの ふかし)東京大学地震研究所助教(火山地質学)
鈴木 毅彦(すずき たけひこ)首都大学東京都市環境学部火山災害研究センター長
石崎 泰男(いしざき やすお)富山大准教授(火山地質学)
黒岩 信忠(くろいわ のぶただ)草津町長
前野 深(まえの ふかし) MAENO, Fukashi 東京大准教授

ーー
亡くなられた方 自衛隊員陸曹長(背中に噴石が直撃)
伊澤 隆行(いざわ たかゆき)さん 49才

イプシロン3号機 打ち上げ成功 夜光雲(やこううん)観測

2018年1月18日

2018年1月18日

鹿児島県の大隅半島から、18日朝早くイプシロンロケットの3号機が打ち上げられました。
その後、西日本の広い範囲で、銀色や赤色に輝く「夜光雲」という特殊な雲が観測されました。

夜光雲(やこううん)は超高層の大気中でかすかに光る巻雲に似た雲
10種の雲形には含まれない特種なもの。

<関係用語の読み方>
○10類の基本形 十種雲形(じっしゅうんけい)十種雲級(じっしゅうんきゅう)とも
巻雲(けんうん)
巻積雲(けんせきうん)
巻層雲(けんそううん)
高積雲(こうせきうん)
高層雲(こうそううん)
乱層雲(らんそううん)
層積雲(そうせきうん)
層雲(そううん)
積雲(せきうん)
積乱雲(せきらんうん)

ーー

搭載していた民間の小型地球観測衛星「ASNARO(アスナロ)」
流星塵(りゅうせいじん)
氷晶雲(ひょうしょううん)
気象庁気象研究所の荒木健太郎(あらきけんたろう)研究官

国産量子コンピューター試作機、無償公開へ

2017年11月21日

2017年11月21日
11月20日の朝日新聞の記事にスーパーコンピューターをはるかに超える高速計算を実現する「量子コンピューター」の試作機を、国立情報学研究所などが開発し、27日から無償の利用サービスを始める・・・とあります。
ーー
関係する用語の読みをWEBから拾いました。

米IBM(アイビーエム)International Business Machines Corp.の略称
カナダのD―Waveシステムズ(ディー・ウェイブ・システムズ)
米航空宇宙局NASA(ナサ)

京(けい、英: K computer)は、理化学研究所計算科学研究機構(神戸市)
に設置されたスーパーコンピュータの名称(愛称)

革新的研究開発推進プログラム ImPACT(インパクト)
Impulsing PAradigm Change through disruptive Technologies Program

米国国防高等研究計画局 DARPA(ダーパ)

プログラム・マネージャー(PM)
科学技術振興機構・革新的研究開発推進プログラム・プログラムマネージャー
山本喜久(やまもと よしひさ)

地震・津波・火山の統合観測網「MOWLAS」、「iPhoneX」の読み方

2017年11月4日

2017年11月4日
最近のニュースより
・「MOWLAS」(モウラス)
防災科学技術研究所は、国内の陸地や海底に設置した地震計や津波計など六つの観測網(計約2千観測点)を統合し、「MOWLAS(モウラス)」システムとして11月16日から運用すると発表した。地震や津波、火山活動をまとめて観測することで精度が向上するとしている。

・「iPhoneX」(アイフォーン テン)
アップルが3日発売したiPhone(アイフォーン)10周年記念モデルの「X(テン)」
ローマ数字の10ではなく、アルファベットの「エックス」と書いて「テン」と読ませている。
アップル日本法人の広報に尋ねると、「(基本ソフトの)『OS X』(オーエス・テン)も、エックスと書いてテンと読む。

トップに戻る