西伊豆スカイラインの達磨山と金冠山を歩く


達磨山と金冠山へのアクセス

静岡自宅(マイカー)→国1号静清バイパス→東名清水IC→東名沼津IC→沼津インター線→
国246号→清水町上石田で国1号→三島市東本町で右折→国136号→修善寺町で右折→
県道18号(修善寺戸田線)→虹の郷→だるま山高原レストハウス→戸田峠駐車場(徒歩)→
小達磨山→西伊豆スカイライン車道を歩く→達磨山山頂→小達磨山→戸田峠→金冠山→
戸田峠駐車場(マイカー)→県道18号(修善寺戸田線)→戸田→県道17号→大瀬崎→
沼津市多比で国414号→沼津市→国1号→静岡自宅


1999年12月19日(日曜) 晴ですが雲が多い。

西伊豆スカイラインのだるま山高原の達磨山(だるまやま)金冠山に登りました。
達磨山は標高982mで静岡百山研究会発行の静岡の百山に選ばれています。
金冠山は標高816mで戸田峠のすぐ北方にあります。

金冠山は山と渓谷社発行の2冊、実業之日本社発行と静岡新聞社発行の冊子にはきんかんざんと読まれていますが小学館発行のにはきんかんやまと読まれています。
まただるま高原レストハウスの案内パンフレットにはきんかんざんとされています。
両山ともに富士山の展望の山です。

静岡自宅をマイカーで午前8時30分に出発しました。
日が短いので時間短縮に東名を清水から沼津まで利用しました。
三島市で国道246号で修善寺町まで行き県道18号でだるま山高原レストハウスで小休止、コーヒーつきの三色だんご(500円)は美味でした。

レストハウスの展望台からの駿河湾と富士山の大パノラマ写真が昭和14年(1939年)のニューヨーク万国博に出品され大賞賛を博したとのことです。
この大パノラマ写真は日本を代表する富士山を世界に紹介するために企画されたもので、当時指名を受けた六桜社(現コニカ)の技師が駿河・甲州・信州を巡った結果最終的にこ
の地を選んで撮影したとのことです。
横山大観画伯がお気に入りの景観で画伯はここからの富士山を描いて内外に紹介しています。

戸田峠の駐車場にマイカーを置いて登山開始です。
駐車場で猪狩の猟犬を連れた一行に会いました。
猪との挌闘の古傷のある精悍な猟犬達でした。

駐車場が登山口で峠出発時刻は午前10時55分でした。
西へ向かい直ぐに左折して尾根道を登り切ると小達磨山(こだるまやま)の頂上です。
小達磨山の標高は791mです。
途中の尾根道の西下方には戸田村(へたむら)が見えました。

小達磨山の山頂にて 西下方に戸田村



小達磨山を下りきって西伊豆スカイラインの車道を少しだけ歩き再び登山道に戻って登った終点が達磨山の山頂です。
山頂到着は午前11時45分でした。

駿河湾と沼津アルプスと淡島 発端丈山・葛城山と
その後方に箱根連山


山頂から南方は近くに小達磨山と金冠山が見え、駿河湾越しに愛鷹連峰と三国山、南東に箱根連山、そして東方に沼津アルプスと発端丈山(ほったんじょうさん)・葛城山(かずらぎやま)が見渡せました。

しかし今日は雲が多く富士山は生憎見えませんでした。
裏日本は雪とのこと山頂を手が痛くなるような風が吹きぬけました。
物陰に座って昼食の握り飯を食べました。

寒いのにも関らず遠州鉄道の登山ツアーの一行が登山していたので頂上は賑やかでした。
達磨山頂上からの下山は午後12時5分でピストンで戸田峠にひき返しました。
戸田峠通過は午後12時55分で金冠山を往復しました。


金冠山山頂からの達磨山 金冠山山頂にて


金冠山山頂到着は午後1時15分です。
頂上からは南に駿河湾が眼下に迫った達磨山からの景観に似た眺望を堪能しました。
そこから戸田峠に再び戻って午後1時30分にマイカーで岐路につきました。

県道18号で戸田村経由で県道17号に入り大瀬崎を経由し沼津市多比で左折し国道414号で沼津駅近くまで来ましたが渋滞がひどいので国道1号で静岡まで帰りました。
静岡自宅には午後4時30分頃に帰宅しました。

達磨山・金冠山の参考文献


富士を見ながら登る山36 工藤隆雄著 小学館発行 1999年8月10日第1版第1刷(達磨山)
静岡県広域道路地図 人文社発行 1999年4月初版第20刷(達磨山・金冠山)
新版静岡県日帰りハイキング 岡本滋著 静岡新聞社発行 1998年10月20日初版(達磨山・金冠山)
マイカー登山[東名高速道] 山と渓谷社発行 1998年4月15日初版第1刷(達磨山・金冠山)
続・富士を見る山歩き 工藤隆雄著 小学館発行 1997年10月10日第1版第1刷(金冠山)
分県登山ガイド21静岡県の山 山と渓谷社発行 1997年8月20日初版第3刷(金冠山)
シティング静岡 国際地学協会発行 1996年9月発行(達磨山・金冠山)
続々展望の山旅 藤本一美、田代博著 実業之日本社発行 1996年5月20日初版第2刷(達磨山)
静岡の百山 静岡百山研究会編 明文社発行 1991年10月25日発行(達磨山)

夫婦で登った山々へ戻る