城山(じょうやま)から発端丈山(ほったんじょうさん)を歩く


城山と発端丈山へのアクセス

JR静岡駅⇒(東海道線)⇒JR三島駅⇒(伊豆箱根鉄道修善寺線)
⇒大仁駅→(徒歩)→城山登山口→城山・発端丈山分岐右折
→城山山頂→城山・発端丈山分岐右折→城山林道左折後右折
→葛城山けもの道分岐→三本松分岐→益山寺分岐→林道合流
→発端丈山山頂→三津登山口(舗装道終点)→
県道130号(内浦学校前バス停)左折→県道17号線三津海岸
→三津⇒(東海バス)⇒JR沼津駅⇒(東海道線)⇒JR静岡駅


2000年4月2日(日曜)晴。
東海道線経由でJR静岡駅発を午前8時15分に出発し午前9時11分にJR三島駅に到着しました。
JR三島駅の駅前の「かふぇてらすひまわり」で朝食をとり、大仁駅まで伊豆箱根鉄道修善寺線電車を利用しました。

大仁駅到着が午前10時13分で駅前から左へしばらく歩くと国道136号線の狩野川大橋の袂に出ます。
狩野川の対岸の右手にこれから登る城山の岩山が見渡せます。
国道136号線の狩野川大橋を渡り右折して山田川のおむろ橋を渡り直進すると山添の道に突き当たります。

狩野川堤防からの城山


その舗装道路を右手にしばらく歩くと城山発端丈山の登山口に到着します。
登山口到着時刻は午前10時47分でした。
しばらく登ると右手に城山ロッククライミング練習場が右手に見えてきます。
数人のクライマーの練習風景が木の間から見えました。

岩山が見えなくなるとベンチも置いてある城山峠です。
城山峠は発端丈山城山の分岐点です。
城山峠到着時刻は午前11時25分で右折して登って行くと15分ほどで城山山頂に着きました。
城山山頂は家族連れの一行などでにぎやかでした。

城山山頂からの南西方向の展望
遠くに天城連峰、眼下に大仁町と狩野川
城山山頂は賑やか、
家族ずれで来られていた奥様と1枚


城山は静岡百山研究会編の「静岡の百山」に掲載されていて標高は342.2mです。
「太平記」の時代に畠山三兄弟が立てこもった金山城跡とのことです。
頂上からの眺めは良く直下には今登って来た大仁の町と狩野川が見渡せました。
南方には伊豆の天城連峰、北方は右手から箱根連山と愛鷹連峰が見えました。
雲の多い日でしたので生憎富士山はかすかに見えただけでした。

頂上からの下山時刻は午前11時53分で城山峠通過は午前12時6分で10分程で城山林道に出ました。
城山林道には駐車スペースがあり10台ほどのマイカーが駐車していました。
城山の賑やかな一行はこのマイカー利用の方々のようでした。
林道を左へ30m程歩くと右に発端丈山の登山道があります。
時刻は午後12時18分でした。

葛城山への案内書に入らないようにと記載してあるけもの道の道標を過ぎると葛城山への道が分岐します。
発端丈山の道を直進すると左に益山寺(ましやまでら)への分岐点のある益山峠に着きました。
益山峠へは右手から長瀬ダムからの林道が合流しています。
発端丈山もこの林道を使えば殆ど歩かないで登れる山であることを知りました。

だらだらと登ってゆくとまもなく発端丈山山頂で、到着時刻は午後1時13分でした。
発端丈山も静岡百山研究会編の「静岡の百山」に掲載されていて標高は410mです。
発端丈山山頂からよりは3分ほど下ったところで展望が楽しめます。
左手に眼下に駿河湾と淡島が見え、北方に鷲頭山などの沼津アルプスが見えました。
駿河湾の向こうに富士市と愛鷹連峰が見えましたが富士山は全く隠れてしまいました。

発端丈山山頂にて 発端丈山山頂から
駿河湾と淡島


少し休憩をとってから発端丈山を午後1時30分に出発しました。
三津への下山道は二つに分かれていましたが右の道を選びました。
下山道は荒れていて途中倒木が道を塞いでいるところがありました。

簡易舗装された農道の終点に出たのが午後2時17分で5分程で県道130号線に出ました。
県道130号線の内浦学校前バス停前で左折し県道17号線三津海岸に午後2時33分に到着しました。
130号線と17号線の北角にある魚問屋やまや鮮魚店直営の旅館やまやで遅い昼食をとりました。

食後三津からは東海バスでJR沼津駅まで乗りましたが渋滞で時間がかかりました。
JR沼津駅から午後4時発でJR静岡駅到着は午後でした。

発端丈山・城山の記載のある参考文献


静岡県新版日帰りハイキング 岡本滋著 静岡新聞社発行 1998年10月20日初版
続・富士を見る山歩き 工藤隆雄著 小学館発行 1997年10月10日第1版第1刷
新ハイキング 96年12月号 新ハイキング社発行 1996年12月1日発行
静岡の百山 静岡百山研究会編 明文出版社発行 1991年10月25日初版
静岡の自然100選 朝日新聞静岡支局編 ひくまの出版発行 1986年5月30日初版3刷
静岡県広域道路地図 人文社発行 1999年4月第20刷


夫婦で登った山々へ戻る