天子山塊の盟主の毛無山に登る(1998・10・10)


山へのアクセス

静岡自宅−(マイカー)−国1静清バイパス−東名清水−東名富士−
西富士道路−富士宮道路−朝霧グリンパーク左折−
東京農大農場前の毛無山無料駐車場−(徒歩)−麓集落−
毛無山登山口−毛無山・地蔵峠分岐−麓下山口−毛無山頂上


1998年10月10日(土曜)体育の日、晴。

富士山の西方の朝霧高原の西側に南北に伸びる天子山塊の最高峰の毛無山(けなしやま)に登りました。
毛無山の標高は1946mで日本300名山静岡百山山梨百名山に入れられています。

毛無山は全国に20座ほどあり、この毛無山はそれらの中の最高峰で1等3角点の山です。
毛無山山頂は静岡県の富士宮市と山梨県の下部町の境界にあります。
頂上には下部町の最高峰の立て札がありました。

午前7時15分にマイカーで静岡の自宅を出発する。
国1静清バイパスから清水から富士は東名を使う。
富士から西富士道路と富士宮道路を北上し朝霧グリーンパークで左折しました。

東京農大の農場前の毛無山駐車場にマイカーを置きました。
すでに6台置いてありましたが無料駐車場です。
駐車場から毛無山が眼前に眺められ、生憎毛無山の山頂付近だけが雲に覆われていました。

駐車場出発時刻は午前8時45分で麓集落の麓山の家で左折し毛無山登山口通過は午前9時5分でした。
登山口のすぐ側にも駐車場がありましたが有料で1日750円とのことでした。

麓からの毛無山山頂へのコースは尾根コースの毛無山直登コースと沢コースの地蔵峠コースがありますが今回は尾根コースを選びました。
毛無山直登コースは頂上まで急登の連続でした。

私達の登山はかめさんの登山です。
中高年のゆっくり登山の方にはきっと参考になると思いますので登山の時間を細かく披露致します。

登山口から直進して右手に神社を見てから堤防に突き当たったところで右に曲がり堤防を迂回すると広い道に出ます。
広い道を右折して少し行くと毛無山への表示がある所で左折します。

ちょっとだらだら登ると尾根コースと沢コースの分岐点です。
分岐点通過が午前9時15分。
すぐに急な登りになります。

1号目通過、午前9時22分。
2号目通過、午前9時36分。

2号目を過ぎるとすぐに不動の滝展望台に着きます。
不動の滝は2段の滝でその眺めは見事です。

不動の滝


3号目通過、午前9時52分。
4号目通過、午前10時10分。
4号目を5分程登ると休憩の出来る小さな広場があります。

5号目通過、午前10時25分。
6号目通過、午前10時46分。
頂上までの途中リンドウとトリカブトの花がずっと見られ丁度見頃でした。

   リンドウの花

   毛無山はリンドウの山としても
    知られています。


7号目通過、午前11時06分。
8号目通過、午前11時28分。
9号目通過、午前11時53分。

9号目を過ぎるとまもなく地蔵峠コースと合流します。
そこからだらだらと登り下りを繰り返すと毛無山頂上です。
毛無山頂上到着は午後12時05分でした。

毛無山山頂にて


登山道入り口から丁度3時間かかりました。
頂上は生憎雲の中で富士山も全く見えませんでした。
頂上には1等3角点の石柱があり、山梨側からの登山者もいてけっこう賑やかでした。

昼食をゆっくりとってじっとしていたら寒くなったので上着を着ました。
記念の写真を撮ってから登りと同じルートで午後12時35分に下山しました。
帰途8号目あたりで頂上で見られなかった富士山の頂上が木の間から眺められました。

5号目通過、午後1時52分。
不動の滝展望台通過、午後2時35分。

毛無山の登山口入り口に戻ったのが午後3時05分でした。
下りがきついためか2時間30分もかかりました。

登山口入り口のところから親切なご夫婦がマイカーの駐車している所までライトバンに便乗させてくれました。
ご夫婦は登り口の駐車場などのことなど団体登山の下見に来たとのことでした。
駐車場からふりかえると朝方見えなかった毛無山の頂上が見えました。

麓からの毛無山


反対側には富士山の上半分が雲から姿を現していました。
駐車場前からはパラグライダーの練習風景を見ることが出来ました。
帰りは富士宮道路が渋滞したため静岡まで3時間もかかりました。

毛無山の記載のある参考文献


山梨百名山 山梨日日新聞社発行 1998・6・10 初版第3刷
静岡県の山50選 静岡新聞社発行 1998・4・18 初版
新ハイキング 97年11号 新ハイキング社発行 1997・11・1 発行
分県登山ガイド21 静岡県の山 山と渓谷社発行 1997・8・20 初版第3刷
日本300名山ガイド 東日本編 新ハイキング社発行 1997・6・10 第5版
山梨のハイクコース 上野巌著 山梨日日新聞社発行 1992・4・20 第3版
静岡の百山 静岡百山研究会編 明文出版社発行 1991・10・25 初版

夫婦で登った山々へ戻る