南アルプスの女王・仙丈ケ岳に登る(1996・9・15〜9・16)
山へのアクセス


静岡・自宅−(マイカー)−国1号−興津左折−国52号−
白根町左折−芦安村−南アルプス林道−広河原−
(芦安村村営バス)−北沢峠−(徒歩)−大平山荘−
藪沢新道−小仙丈ケ岳分岐−馬の背ヒュッテ(泊)

馬の背ヒュッテ−丹渓新道分岐−仙丈ケ岳−小仙丈ケ岳−
大滝ノ頭−北沢峠−(芦安村村営バス)−広河原−
(マイカー)−南アルプス林道−国52号−静岡・自宅





仙丈ケ岳の標高は3032.7mです。
日本第2位の高さの北岳の北西にあり、甲斐駒ケ岳の南西に位置します。

その姿はゆったりとした感じで優雅で女性的です。
男性的な北岳は南アルプスの王とされていますが、それに対して仙丈ケ岳は女王といわれています。



小仙丈ケ岳頂上より仙丈ケ岳








仙丈ケ岳は深田久弥の日本百名山の78番目に記載されています。
山と渓谷社発行の山渓カラー名鑑初版「日本の山」にも掲載されています。

南アルプスの有名な山ですから日本山岳会選定の日本300名山にも当然入っています。
また山梨日日新聞発行の山梨百名山には詳しく掲載されています。




9月15日(日)晴。
早朝5時にマイカーで静岡の自宅を出発しました。
国52号線の白根町で南アルプス林道に入り広河原には午前8時前に着きました。

さすが連休の初日でした。
広河原の駐車場は大混雑でやっと駐車する場所を確保しました。

午前9時の芦安村村営バスの午前9時始発の北沢峠行には時間が十分ありました。
駐車場にはお休みの場所があったのでゆっくり朝食をとりました。

北沢峠到着は9時30分頃、北沢峠も込み合っていました。
北沢峠からは長野県長谷村方向へ向かいました。
ちょっと歩いたところで左折し大平山荘(おおだいらさんそう)への近道に入りました。

そして大平山荘の右横の道を通過して藪沢新道に入りました。
登り始めは午前10時丁度で、ここに来ると登山者はちらほらになりました。

藪沢新道の登りはゆるくまわりの樹林を眺めながらゆっくり登りました。
途中急なところも少しはありましたが、藪沢沿いのみちは川の流れる音が近くになったり遠くになったりしました。

対岸に滝が見えたりしてけっこう楽しく登りました。
途中振り返って見ると甲斐駒ケ岳の荒々しい姿が見られました。



大平山荘と馬ノ背ヒユツテの途中
バツクは甲斐駒ケ岳







小仙丈尾根からの道が合流するとまもなく馬ノ背ヒユツテです。
ヒユツテ到着午後2時近くでした。小屋の前で遅い昼食をとりました。

時間が早かったので馬ノ背まで散歩してみましたが、ガスり初めていて雲の切れ目に時々小仙丈尾根が垣間見れただけでした。
風も冷たかったのでヒユツテに引き返しました。

ヒユツテに帰ると宿泊者で混雑していました。
馬ノ背ヒユツテの定員は80人ですが、宿泊者が200人を越えました。
従って夕食は5回に分けての状況でした。

当然隣り同士は頭とあしを互い違いの宿泊でした。
もちろん廊下にも寝る宿泊者があふれていました。




9月16日(月)は快晴。
早朝ヒユツテ出発。
馬ノ背を下り始める頃に御来迎でした。
鳳凰三山の左側のあたりから日が登りました。

そこからは小仙丈ケ岳の後ろに日本第1位の富士山と第2位の北岳が並んで見られました。
仙丈ケ岳がすぐ目の前に迫り、頂上への斜面は紅葉がすでに始まっていました。



手前が小仙丈ケ岳で
バツクに左に富士山、右に北岳







仙丈ケ岳の避難小屋前で道が左右2つに分岐していました。
キヤンプをしているベテランそうな登山者に尋ねたところ、左の道が楽だとのことで左側の道を登りました。

すぐに尾根に出て小仙丈ケ岳からの道に合流しました。
そこからは仙丈ケ岳の頂上はすぐでした。
頂上到着は午前7時半ごろでした。




仙丈ケ岳の山頂にて







頂上からは北東には鋸岳から甲斐駒ケ岳、東に鳳凰三山、南東には北岳がすぐ近くに見えました。
遠く西方には空木岳・木曽駒ケ岳などの中央アルプスの山並みが見渡せました。

頂上で朝食をとり、午前8時に下山。
小仙丈ケ岳で小休止しました。

振り返ると今登ってきた仙丈ケ岳がどっしりと見渡せました。
南東方向には左に富士山、右に北岳と日本の標高1位と2位の山の頂上が並んで眺められました。

小仙丈ケ岳出発は午前9時。
急な下りをゆっくり下って北沢峠に着いたのが午前10半前でした。



北沢峠バス停








村営バスの発車まで時間があったのでバス停前の長衛荘で山菜そばを食べました。

北沢峠を午前11時15分発で広河原着は11時50分頃でした。
広河原のバスセンターで昼食をとり、マイカーでまっすぐ静岡へ帰りました。



仙丈ケ岳の記載に際して参考にした文献


アルペンガイド 9 「南アルプス」 山と渓谷社 1997・6 改訂版第4刷
日本300名山ガイド東日本編 新ハイキング社 1997・6・10 第5版
分県登山ガイド[ 山梨県の山」 山と渓谷社 1997・3・25 初版第4刷
新版・空撮登山ガイド「南アルプス」 山と渓谷社 1994・8・1初版第1刷
アルペンガイド 10 「北岳・甲斐駒・仙丈」 山と渓谷社 1994・6 改訂版第2刷
山小屋のオヤジがガイドする「北岳を歩く」 山と渓谷社 1993・7・1初版第1刷
日本百名山登山ガイド「下」 山と渓谷社 1992・9・10 初版 第1刷
山から見る山・町から見る山「展望の山旅」 実業之日本社 1990・5・20初版第10刷
山渓カラー名鑑 「日本の山」 山と渓谷社 1981・10・1初版第1刷


夫婦で登った山々へ戻る