思い出の山日記 長者ケ岳と天子ケ岳(1982・10.21・木)
山へのアクセス


静岡・自宅−(マイカー)−国1号−富士市−国139号−富士宮市−
田貫湖キャンプ場−(徒歩)−東海自然歩道に合流−長者ケ岳−
東海自然歩道より分岐−天子ケ岳



約16年前の思い出の山歩きです。
昭和57年10月21日の木曜日、天気は快晴でした。

自宅を午前8時にマイカーで出発し、国1号線で富士市で国139号線に入りました。
富士宮市の白糸の滝を通過し田貫湖入口で左折し田貫湖キャンプ場に至る。
キャンプ場の駐車場にマイカーを置きました。

駐車場から長者ケ岳に向いました。
長者ケ岳は標高1335.8mの静岡県の富士宮市と山梨県の南巨摩郡南部町の境界にある山です。


長者ケ岳は山梨日日新聞発行の山梨百名山に選ばれて掲載されています。

歩き初めてまもなく東海自然歩道に合流しました。
長者ケ岳に登り始めて初めての休憩所の見晴らしがすばらしかった。


そこから長者ケ岳の頂上までの登りはきつい。
頂上に着き、冨士を眺めながら昼食をとりました。

長者ケ岳から天子ケ岳までは尾根道で軽くアップダウンの楽な山道でした。
東海自然歩道と途中で別れるとまもなく天子ケ岳に着きました。

天子ケ岳は標高が1330mで静岡百山研究会選定の静岡の百山に選ばれており、静岡県富士宮市と富士郡芝川町の境界にあります。


頂上は広いのですが周りの木の高さが高いので見晴らしはよくありませんでした。
帰りはマイカーまで同じ道を引き返しました。

木曜日でしたので登山者には一人も会いませんでした。
尾根道はブナやミズナラの自然林で紅葉していて美しく、落ち葉を踏む感触を心地よく感じました。


長者ケ岳と天子ケ岳を記載していた文献


静岡県の山 加田勝利著 山と渓谷社発行 1997・8・20初版第3刷
新ハイキング94年3月号 新ハイキング社発行 1994・3・1発行
続山梨のハイクコース 上野巌著 山梨日日新聞社発行 1993・4・20初版
静岡の百山 静岡百山研究会編 明文出版社発行 1991・10・25初版
静岡県登山・ハイキングコース143選 静岡県山岳連盟編 明文出版社発行1986・6・22改訂版
静岡県 新・駅からの日帰りハイク 岡本滋著 静岡新聞社発行 1984・5・15初版
さわやか東海自然歩道 山坂五郎著 トミーカメラ発行 1983・5・31初版
静岡県ドライブ&ハイク 岡本滋著 静岡新聞社発行 1982・9・30初版


夫婦で登った山々へ戻る