ヘリ墜落 死亡の9人全員の身元確認 読み方

2017年3月6日

2017年3月6日
5日に長野県松本市の山の斜面に、山岳遭難の救助訓練をしていた県の防災ヘリコプターが墜落し、乗っていた9人全員が死亡した事故で、全員の身元が確認されました。警察は今後、ヘリコプターが墜落した原因を調べることにしています。
お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りいたします。
音訳でニュースを読むためにお名前を記載させていただきます。

<亡くなられた方々長野県消防防災航空隊に所属>

岩田正滋(いわた まさじ)さん(56)長野県消防防災航空隊パイロット 松本市
伊熊直人(いくま なおと)さん(35)長野県消防防災航空隊消防隊員 松本市
甲田道昭(こうだ みちあき)さん(40)長野県消防防災航空隊消防隊員 上田市
伊藤 渉(いとう わたる)さん(35)長野県消防防災航空隊消防隊員 松本市
高嶋典俊(たかしま のりとし)さん(37)長野県消防防災航空隊消防隊員 松本市
大工原正治(だいくはら まさはる)さん(42)長野県消防防災航空隊消防隊員 松本市
瀧澤忠宏(たきざわ ただひろ)さん(47)長野県消防防災航空隊消防隊員 松本市
小口 浩(おぐち ひろし)さん(42)長野県消防防災航空隊消防隊員 塩尻市
清水良太(しみず りょうた)さん(45)長野県消防防災航空隊消防隊整備士 松本市

<関連用語>
鉢伏山(はちぶせやま)
消防防災ヘリ「アルプス」ベル412EP型(よんひゃくじゅうにイーピーがた)のヘリコプター
長野県松本市(まつもとし)と岡谷市(おかやし)

阿部守一(あべ しゅいち)長野県長野県知事

Comment

  1. 内堀夢乃 より:

    大工原正治って私の父のいとこなんです…
    私の兄は消防士を目指していて、兄に消防士のことをたくさん教えてくれたり、子供の面倒をみたり、とても優しい人でした。
    すごくショックでした。
    今まで色々な人を救ってきて、勇敢に生きてきたおじさんがなんで死ななきゃいけないのかわかりませんでした。

    そしてこの前、事故の原因が機長の睡眠不足だと考えられるということを知って、とても怒りがわきました。
    おじさんの子供はまだ小さいのに残されて、大きくなった時に父がいないことに悲しみ、苦しむと思います。おじさんは子供の結婚式がみられたらもう満足と言っていたそうです。おじさんも子供のもっと成長した姿を見たかったと思います。
    そう考えたらすごく辛くて悲しくてどうしようもないです。

    • yoco より:

      内堀夢乃さま
      大工原正治さまはご親族でいらしたのですか。悲しい出来事でしたね。
      山岳遭難の救助訓練中の出来事だったようで、優秀な方でしたでしょうに残念です。

      私は音訳者のために報道に出てきた方の読み方を調査してお知らせしていますが
      事故で亡くなられた方のお名前を記載するのはとてもつらいことです。
      後で書籍になった時などに読み方がわかるように続けています。

      悲しみや辛さは消えないでしょうが、その思いは、私も若い頃、登山をしていましたので
      心に留めておきます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップに戻る