音ボラネット通信

音ボラネット通信第32号「第32回東京弁護士会人権賞」受賞決定

2017年12月16日
今年は寒さが厳しいですね。世界情勢も混沌としていて日本を取り巻く環境も複雑です。
そんな中、音ボラネットに属している者にとって嬉しいニュースです。

音ボラネット通信第32号(2017.12.12)が届きました。いつものように通信の内容は素晴らしく、全国で色々な活動をなさっておられるのを見て感心しています。

号外 全国音訳ボランティアネットワーク「第32回東京弁護士会人権賞」受賞が決定しました

が入っていて嬉しくなりました。団体で加入しておられる方、音ボラネットに入っておられない方のために、藤田代表の許可を得てここに号外の内容を掲載します。

ーー以下号外より

号外 全国音訳ボランティアネットワーク「第32回東京弁護士会人権賞」受賞が決定しました

「こんな賞がありますが、応募してみませんか」と中山弁護士から声がかかりました。
「音ボラネット設立10周年の記念すべき年に花を添えましょう」と。
しかしながら、東京弁護士会人権賞の存在すら知らず、書類を書くのも大変、更には過去の受賞者の名前を見て、ムリムリと罰当たりなことをつぶやいておりました。

「推薦書は、私が書きますから」と中山弁護士。
ダメ元で応募したら、たぶん音訳なんてご縁がないであろう、弁護士先生方に私たちの活動を知ってもらえる。そしてそのことは、視覚障害者等の学習や読書環境を知ってもらうチャンスと思い直しました。

音訳が始まって今年で60年。
その中にあって、私たちは僅か10年の活動ですが、みなさまの日々の活動の積み重ねのおかげで、このような賞をいただけることになりました。
先ずは、共々に喜び合いたいと思います。

推薦書を書いてくださった中山弁護士に改めてお礼を申し上げます。
尚、11月30日に司法記者クラブで記者会見が行われました。
1月11日には弁護士会館で表彰式の予定です。

全国音訳ボランティアネットワーク代表 藤田 晶子

ーー以上号外より

東京弁護士会のサイト「東京弁護士会人権賞」の説明→こちら

全国音訳ボランティアネットワーク10周年記念

2017年4月8日
「音ボラネット通信」第30号と共に「全国音訳ボランティアネットワーク 10周年記念第6回総会ご案内」が届きました。
会が出来てから10年、会長の藤田さん始め、スタッフの皆様はご自分所属の会のボランティアを続けながらの活動で本当にありがたいことです。

私は「音訳の部屋」を制作しながら静岡から応援していました。ネットの時代に合う活動は全国どこでも参加できる会で、ずいぶん大きくなりました。公的な機関では出来ない即戦力で多くの利用者が助かっていると聞いています。

若い人が忙しいのでボランティアがこれからどうなっていくのか気になるところですが、10年前に比べてIT機器の発達で変化が大きかったように、これからも時代に沿った解決が図られるのでしょうね。

「全国音訳ボランティアネットワーク 10周年記念第6回総会」
2017年6月4日(日)5日(月)
アルカディア市ヶ谷(私学会館)

6月4日
・総会
・講演
磯野 正典氏(EYEマーク 音声訳推進協議会理事長)
三田 誠広氏(作家)
・演奏
楊 雪元氏(視覚障害音楽家)
神山 忠氏(岐阜県立関特別支援学校教諭)
・懇親会

6月5日
・研修会
サピエを知ろう!竹下 亘氏(社会福祉法人日本ライトハウス情報文化センター館長)
国立国会図書館と録音図書・・その取り組みについて 安藤 一博氏(国立国会図書館)

受付期間 4月1日~5月8日(先着順)
詳細は「音ボラネット通信」第30号と共に送付された「全国音訳ボランティアネットワーク 10周年記念第6回総会ご案内」をご覧ください。

「音ボラネット通信」第27号

2016年4月9日
「音ボラネット通信」第27号、少し前に届いていたのですが、家族でインフルエンザにかかり、老犬の介護をし、身内の世話をしている間に掲載が遅くなってしまいました。音訳等ボランティア活動は自分の健康と周りの人の健康があって出来るものだとつくづく思います。

藤田代表の「今、大切なこと」を感慨深く読みました。
来年は設立10周年の節目を迎えるのですね。全国の音訳ボランティアを纏めたネットワークは利用者の声を聴いて必要なことを考えていくので現状を早く的確にとらえているようです。

伊藤忠マルチメディアDAISYプロジェクト、雑誌「世界」プロジェクト、「図書館連携プロジェクト、テキスト化プロジェクトなど、公的な図書館や社会福祉協議会関係の施設ではやっていないプロジェクトを提供してユーザーの皆様は喜んで利用していることと思います。

改めて会にかかわるスタッフの皆様に感謝します。
多くの情報が詰まっているので、音ボラネット通信はたくさんの方に読んでいただきたい通信です。

静岡県護国神社のシャガが満開
2013-04-08 16.05.52

2013-04-08 16.07.27

「音ボラネット通信」第26号&北里大学の読み

2015年12月11日

「音ボラネット通信」第26号が届きました。
~あいさつ~に代表の藤田さん始めスタッフの皆様の情熱を感じます。会が出来てまもなく10周年。全国で情報を欲しがっていた音訳者の拠りどころとなり、絆を深めてきました。情報を共有できることに感謝します。

今回の音ボラネット通信より「北里大学」の読みを取り上げてみました。
————-
「音ボラネット通信」第26号<編集後記>「きたと」か「きたと」か
ーー以下、川上典子さん記名の編集後記から
ノーベル賞受賞で脚光を浴びた北里大学。北里柴三郎が留学した時代、医学はドイツ語が主流だった。ドイツ語で「SA」は「ザ」と濁る。したがって柴三郎がサインした「KITASATO」は「きたざと」と読むのが本当。
しかし、戦後、英語が主流となり、ドイツ語読みではなく、英語読みになってしまって「きたさと」といわれ、そして今度の受賞で「さと」と読むのが世界的に決まってしまったようだ。
なにか違和感をぬぐえないでいる私。
ーー以上、川上典子さん記名の編集後記から
————-

大村 智(おおむら さとし)さんがノーベル医学・生理学賞を受賞されて北里大学・北里研究所がクローズアップされました。

北里大学の読みについては、音訳の部屋にもいろいろなお便りをいただいています。
Wikipediaでもずっと読み方に揺れがありました。
大学側が「きたさと」と言っているので落ち着いてきたようです。

NHKの放送
北里研究所(きたさとけんきゅうしょ)
北里大学(きたさとだいがく)

北里大学ホームページ
北里柴三郎(きたさとしばさぶろう)→こちら(北里大学WEB内の子供向けページ)

北里柴三郎は慶応義塾大学と関係が深いので慶応関係の書籍や経歴では昔からの(きたざと)が多いようです。

所在地は(郵次郎・マピオン等)北里(きたざと)

北里大学病院、北里大学相模原キャンパス等
住所 神奈川県相模原市南区北里(さがみはらしみなみくきたざと)

北里柴三郎記念館(きたさとしばさぶろうきねんかん)読みは以前、問合せました。
住所 熊本県阿蘇郡小国町北里(あそぐんおぐにまちきたざと)

Wikipediaでは
北里柴三郎(きたさと しばさぶろう)になっていますが
孫の元・明治製菓(株)社長の北里一郎氏は(きたざと いちろう)になっています。
現在:Meiji Seika ファルマ株式会社(メイジセイカファルマ)最高顧問

以前、明治製菓のホームページでは社長北里一郎(きたさと いちろう)になっていました。
音訳の部屋を応援してくださる大学関係の方が北里一郎氏と懇意とのことで直接聞いてもらったところ、ご本人は「どちらでも良い」とのこと。

北里一郎氏は(きたざと いちろう)が多いようですが→こちら、産学官の道しるべでは北里一郎(きたさと いちろう)になっています。→こちら

図書館でも 大学図書館の本をさがす(CiNii Books)などでは
ーー
『北里柴三郎の人となり』
北里, 一郎
キタザト, イチロウ

書誌事項
北里柴三郎の人となり
北里一郎著
北里研究所, 2012.6
タイトル読み
キタサト シバサブロウ ノ ヒト ト ナリ
ーー
『北里柴三郎の人と学説 : 九州大学医学部講演会より』
北里, 一郎
キタザト, イチロウ

書誌事項
北里柴三郎の人と学説 : 九州大学医学部講演会より
北里一郎講演
田代信維, 1996.10
タイトル読み
キタザト シバサブロウ ノ ヒト ト ガクセツ : キュウシュウ ダイガク イガクブ コウエン ヨリ

ーー

図書館検索では稀ですが、有名な方でも、違う言い方の読みがあります。
水上勉・柄谷行人・山崎豊子など・・・
大学図書館の本をさがす(CiNii Books)には別名で読みが書いてありますので参考にしてください。
図書館は書籍の検索のためにあり、私たちは利用させていただいているだけですのでご承知ください。
郵次郎等は郵便番号検索のため、マピオン等は地図の検索のためにあります。

ルビがついていたらそのままに、ない時には調査したうえで、所属の方に相談して下さい。

音ボラネット通信第23号

2014年12月24日
今年も残すところ少なくなりました。
この冬は寒さが厳しいので雪国の方は大変なことと思います。

「音ボラネット通信第23号」が届きました。
藤田代表の「一年を振り返って」を感慨深く読みました。
音訳ボランティアの高齢化とテキスト化が今年の特に話題になったこと。
高齢化は自分自身を考えても悩み多き問題です。もう少し行政も頑張って欲しいと思います。

世の中のニーズが変化してきて、利用者は早い対応を求めるようになりました。
目の前の困った人たちを助けるためのテキスト化は大切です。点字図書館等ではすぐに対応できないことに頑張って活動している音ボラネットの関係者の皆様に感謝いたします。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

トップに戻る