雷三神社
静岡県磐田市見付2696


 国道1号線の新通り交差点から北に100mほどの金剛寺の向えの道路東側に雷三神社(らいさんじんじゃ)があります。神社から北の旧見付学校の隣にある淡海国王神社の場外末社といわれている三柱の雷様を祀る神社です。2013年10月6日(日)JR東海主催のさわやかウォーキングのついでに寄らせて頂きました。
神社の南側には公会堂があり、公会堂前で仕事をされていたXさんに尋ねたところ、Xさんは偶然にも私の大学医局同窓のA氏の高校当時の同級生とのことでした。Xさんが神社のことをくわしく説明して下さいましたが、神社は西向きで、社殿前には赤い石があり、この赤い石を頂いて帰っていぼをさすりながらいぼとり祈願をするといぼが治るとのことです。いぼとり祈願がうまくいった時には天竜川の川原で赤い石をひろって返すとのことです。

道を挟んで向かって左前方から見た神社 雷三神社の鳥居と社殿
道を挟んで向かって左前方から見た神社 雷三神社の鳥居と社殿
社殿前に赤い石 赤い石の拡大
社殿前に赤い石 赤い石の拡大


赤い石によるいぼとり祈願は静岡県に多くある祈り方で、赤い石は磐田市の東側を流れる大井川と西を流れる天竜川の川原にあるとのことです。A氏からは以前に資料を頂き浜部のいぼとり地蔵(磐田市浜部)塩釜神社のイボの木(磐田市西ノ島516)のページを作成しています。赤い石によるいぼとり祈願は浜部のいぼとり地蔵の他に磐田市には豊浜のいぼとり石と合わせて3か所、吉田町にはしけ地蔵浜の棒杭さんの2か所、浜松市には東区中郡町の政勝稲荷の1か所と合計6か所です。(2013年11月8日記)
赤い石を供えていぼとり祈願をするところが長野県にもあります。安曇野市三郷小倉室町にある赤沢稲荷です。(2013年11月12日記)

北方から眺めた雷三神社 南方から眺めた雷三神社
北方から眺めた雷三神社 南方から眺めた雷三神社
東方から眺めた雷三神社の裏側 道を挟んで向って右前方から見た神社
東方から眺めた雷三神社の裏側 道を挟んで向って右前方から見た神社
写真撮影(2013年10月6日)

参考サイト

雷三神社

トップページへ戻る