「御」の付く言葉の読み方辞典

最終更新日2015年8月1日

-音訳の部屋へ戻る-

辞書、用語集など参考図書を開いて「御」の付く語を調べてみました。時代背景、意味、使う場所などによって読み方は異なる場合があるようです。違う読み方がある語は青色にしてみましたが、意味は辞書をひいて下さい。
歴史用語と重複している言葉もたくさんあります。(制作 平松陽子)

 (オ) と読む言葉    
 (オン)と読む言葉 
 (ギョ)と読む言葉 
 (ゴ) と読む言葉 
 (ミ) と読む言葉
  その他(ウ)(オオ)(オオン)と読む言葉
  歴史用語(画数順)



(オ)と読む言葉

御愛想(おあいそ・おあいそう) 御間(おあいだ) 御生憎様(おあいにくさま) 御和え(おあえ) 御明し(おあかし・みあかし) 御明り(おあかり) 御上がり(おあがり) 御網代輿(おあじろこし) 御新下り(おあらおり)*琉球王朝時代 御灰切(おあくきり) 御朝の物(おあさのもの) 御浅物(おあさもの) 御足(おあし) 御預け(おあずけ) 御預人(おあずけにん) 御誂え向き(おあつらえむき) 御余り(おあまり) 御合せ(おあわせ) 御庵(おあん) 御案内も(おあんないも)*「御案内申す」の略 御家(おいえ) 御家狂言(おいえきょうげん) 御家芸(おいえげい) 

御家様(おいえさま) 御家頬(おいえほお) 御家物(おいえもの) 御家流(おいえりゅう) 御板(おいた) 御出で(おいで) 御出で御出で(おいでおいで) 御出奉行(おいでぶぎょう) 御出でる(おいでる) 御居処(おいど) 御愛ぼい(おいとぼい) 御稲荷さん(おいなりさん) 御犬(おいぬ) 御祈奉行(おいのりぶぎょう) 御忌(おいみ) 御忌荒れ(おいみあれ) 御入り(おいり) 御煎(おいり) 御色(おいろ) 御色直し(おいろなおし) 御祝(おいわい) 御上(おうえ) 御上様(おうえさま) 御薄(おうす) 御歌(おうた) 御歌会(おうたかい) 御歌所(おうたどころ)

御内(おうち) 御移り(おうつり) 御裏様(おうらさん) 御上(おえ) 御家様(おえさま) 御会式(おえしき)*身延山 御偉方(おえらがた) 御母様(おかあさま) 御母さん(おかあさん) 御蚕(おかいこ) 御蚕包み(おかいこぐるみ) 御返し(おかえし) 御代え盆(おかえぼん) 御母・御嬶(おかか) 御嬶様(おかかさま) 御抱え(おかかえ) 御鏡(おかがみ) 御欠(おかき) 御隠し物(おかくしもの) 御学問所(おがくもんじょ) 御神楽(おかぐら) 御隠れ(おかくれ) 御掛(おかけ) 御蔭(おかげ) 御飾り(おかざり) 御頭(おかしら) 御数(おかず) 

御数好み(おかずごのみ) 御徒(おかち) 御徒衆(おかちしゅ) 御徒目付(おかちめつけ) 御方様(おかっさま) 御勝手(おかって) 御河童(おかっぱ) 御株(おかぶ) 御壁(おかべ) 御釜・御竈(おかま) 御蒲(おかま) 御構い(おかまい) 御上(おかみ) 御上家(おかみけ) 御上さん(おかみさん) 御髪剃(おかみそり) 御母文字(おかもじ) 御為替組(おかわせぐみ) 御代り(おかわり) 御髪上げ(おかんあげ) 御冠船(おかんせん) 御看板(おかんばん) 御冠(おかんむり) 御雉子(おきじ) 御気に入り(おきにいり) 御気に召す(おきにめす) 

御気の毒様(おきのどくさま) 御決り(おきまり) 御気文字(おきもじ) 御侠(おきゃん) 御形(おぎょう) 御狂言師(おきょうげんし) 御清所(おきよどころ) 御九献(おくこん) 御髪(おぐし) 御髪上げ(おぐしあげ) 御降り(おくだり) 御国(おくに) 御国入り(おくにいり) 御国郷談(おくにきょうだん) 御国言葉(おくにことば) 御国自慢(おくにじまん) 御国浄瑠璃(おくにじょうるり) 御国訛(おくになまり) 御国腹(おくにばら) 御国者(おくにもの) 御九日(おくにち・おくんち) 御組(おくみ) 御庫裏(おくり) 御包み(おくるみ) 御黒戸(おくろど) 

御鍬立て(おくわたて) 御御(おご・おごう) 御講(おこう) 御御様(おごうさま) 御髪剃(おこうぞり) 御声掛り(おこえがかり) 御後絵(おごえ) 御御供(おごく) 御焦げ(おこげ) 御子様ランチ(おこさまらんち) 御越し(おこし) 御腰(おこし) 御腰の物奉行(おこしのものぶぎょう) 御高祖頭巾(おこそずきん) 御事(おこと) 御事納(おことおさめ) 御事汁(おことじる) 御事煮(おことに) 御事始(おことはじめ) 御好み焼(おこのみやき) 御零れ(おこぼれ) 御薦(おこも) 御籠り(おこもり) 御子良子(おこらご) 御御覧ず(おごろうず) 御衣加持(おころもかじ)

御強(おこわ) 御座(おざ) 御宰(おさい) 御菜(おさい) 御下がり(おさがり) 御座替り(おざがわり) 御先(おさき) 御先狐(おさきぎつね) 御先煙草(おさきたばこ) 御先真っ暗(おさきまっくら) 御先者(おさきもの) 御先棒(おさきぼう) 御座切り(おざぎり) 御作立て(おさくだて) 御下げ(おさげ) 御差(おさし) 御匙(おさじ) 御座敷(おざしき) 御摩り(おさすり) 御沙汰書(おさたがき) 御定まり(おさだまり) 御定書(おさだめがき) 御札(おさつ) 御薩(おさつ) 御座付(おざつき) 御里(おさと) 御茶道(おさどう) 御座なり(おざなり) 御寒い(おさむい)

御浚い(おさらい) 御晒し(おさらし) 御申待(おさるまち) 御産(おさん) 御三時(おさんじ) 御三の間(おさんのま) 御師(おし) 御祖父さん・御爺さん(おじいさん) 御潮斎(おしおい) 御仕置(おしおき) 御直(おじき) 御直衆(おじきしゅう) 御辞儀(おじき) 御時宜(おじぎ) 御仕着せ(おしきせ) 御しげり(おしげり) 御師さん(おしさん) 御寝(おしずまり) 御下地(おしたじ) 御認め(おしたため) 御七夜(おしちや) 御忍び(おしのび) 御絞り(おしぼり) 御仕舞(おしまい) 御湿(おしめ) 御湿り(おしめり) 御下(おしも) 御釈迦(おしゃか) 

御酌(おしゃく) 御蝦蛄(おしゃこ) 御喋り(おしゃべり) 御邪魔(おじゃま) 御洒落(おしゃらく) 御舎利(おしゃり) 御洒落(おしゃれ) 御主(おしゅう) 御重(おじゅう) 御十夜(おじゅうや) 御宿老(おしゅくろう) 御嬢(おじょう) 御嬢吉三(おじょうきちさ) 御嬢様(おじょうさま) 御錠口(おじょうぐち) 御上手(おじょうず) 御職(おしょく) 御城碁(おしろご) 御新香(おしんこ) 御末(おすえ) 御数寄屋坊主(おすきやぼうず) 御救い小屋(おすくいごや) 御煤(おすす) 御啜り(おすすり) 御裾分け(おすそわけ) 御滑り(おすべり) 御澄まし(おすまし) 

御墨付(おすみつき) 御す文字(おすもじ) 御座り(おすわり) 御節(おせち) 御節介(おせっかい) 御世話様(おせわさま) 御煎(おせん) 御膳立て(おぜんだて) 御膳の宿(おぜんのやど) 御副(おそえ) 御租師様(おそしさま) 御供え(おそなえ) 御側(おそば) 御側御用人(おそばごようにん) 御側様(おそばさま) 御側衆(おそばしゅう) 御側付(おそばつき) 御粗末(おそまつ) 御ぞろ(おぞろ) 御母様(おたあさま) 御代(おだい-お金) 御台(おだい) 御台匙(おだいがい) 御台供御(おだいくご) 御台盤(おだいばん) 御台櫃(おだいびつ) 

御代官(おだいかん) 御太鼓(おたいこ) 御太鼓結び(おたいこむすび) 御大師(おだいし) 御大切(おたいせつ・ごたいせつ) 御内付(おだいずけ) 御台場(おだいば) 御大方(おだいほう) 御大名(おだいみょう) 御題目(おだいもく) 御平らに(おたいらに) 御田植(おたうえ) 御高い(おたかい) 御互い様(おたがいさま) 御多賀杓子(おたがじゃくし) 御高盛り(おたかもり) 御宝(おたから) 御宅(おたく) 御尋ね者(おたずねもの) 御母様(おたたさま) 御立ち(おたち) 御立ち酒(おたちざけ) 御立会い(おたちあい) 御立ち台(おたちだい) 

御達し(おたっし) 御店(おたな) 御店者(おたなもの) 御棚薪(おたなまき) 御種人参(おたねにんじん) 御楽(おたの) 御煙草盆(おたばこぼん) 御旅(おたび) 御旅所(おたびしょ) 御陀仏(おだぶつ) 御玉杓子(おたまじゃくし) 御玉突所(おたまつきじょ) 御霊屋(おたまや) 御溜り(おたまり) 御為(おため) 御為顔(おためがお) 御為倒し(おためごかし) 御為者(おためしゃ) 御為尽(おためずく) 御為筋(おためすじ) 御賜め(おため) 御盥(おたらい) 御近付き(おちかづき) 御児・御稚児(おちご) 御児成(おちごなり) 御稚児髷(おちごわげ) 

御乳人(おちのひと) 御茶(おちゃ) 御茶帯(おちゃおび) 御茶銀(おちゃぎん) 御茶子(おちゃこ) 御茶小姓(おちゃこしょう) 御茶所(おちゃしょ) 御茶の通い(おちゃのかよい) 御茶の間(おちゃのま) 御茶挽き(おちゃひき) 御茶坊主(おちゃぼうず) 御茶持ち(おちゃもち) 御茶壺道中(おちゃつぼどうちゅう) 御茶の水(おちゃのみず) 御茶目(おちゃめ) 御町・御丁(おちょう) 御町話(おちょうばなし) 御帳(おちょう) 御帳付(おちょうつき) 御調子者(おちょうしもの) 御手水(おちょうず) 御猪口(おちょこ) 御疲れ様(おつかれさま) 御付(おつき) 

御次(おつぎ) 御作り(おつくり) 御付(おつけ) 御漬(おつけ) 御告げ(おつげ) 御告文(おつげぶみ) 御師匠さん(おっしょさん・おっしょうさん) 御筒様(おつつさん) 御勤め(おつとめ) 御壺(おつぼ) 御壺口(おつぼぐち) 御局(おつぼね) 御詰(おつめ) 御詰衆(おつめしゅう) 御積り(おつもり) 御通夜(おつや) 御汁(おつゆ) 御釣り(おつり) 御手上げ(おてあげ) 御出居様(おでいさま) 御手医者(おていしゃ)  御手討・御手打(おてうち) 御手掛け(おてかけ) 御敵(おてき) 御出来(おでき) 御手子(おてこ) 御手塩(おてしょ) 御手玉(おてだま) 

御手付き(おてつき) 御出木偶(おででこ) 御手長(おてなが) 御手並拝見(おてなみはいけん) 御手の内(おてのうち) 御手の物(おてのもの) 御手前・御点前(おてまえ) 御手前医者(おてまえいしゃ) 御出座し(おでまし) 御手許・御手元(おてもと) 御手許金(おてもときん) 御手盛り(おてもり) 御手柔らかに(おてやわらかに) 御寺(おてら) 御田(おでん) 御天気(おてんき) 御天道様(おてんとさま) 御土居(おどい) 御東(おとう) 御頭(おとう) 御頭会(おとうえ) 御父様(おとうさま) 御父さん(おとうさん) 

御燈祭(おとうさい)*和歌山県の神倉神社 御通し(おとおし) 御通り(おとおり) 御斎(おとき) 御伽(おとぎ) 御伽犬(おとぎいぬ) 御伽小姓(おとぎこしょう) 御伽芝居(おとぎしばい) 御伽衆(おとぎしゅう) 御伽草子(おとぎぞうし) 御伽の国(おとぎのくに) 御伽噺(おとぎばなし) 御伽這子(おとぎぼうこ) 御伽坊主(おとぎぼうず) 御年玉(おとしだま) 御土砂(おどしゃ) 御父様(おとっさん) 御留場(おとめば)  御供・御伴(おとも) 御伴鞍(おともぐら) 御伴衆(おともしゅう) 御取越(おとりこし) 御酉様(おとりさま) 御取初(おとりぞめ) 

御内儀(おないぎ) 御中(おなか) 御中入れ(おなかいれ) 御中頭(おなかがしら) 御流れ(おながれ) 御慰み(おなぐさみ) 御情け(おなさけ) 御撫で(おなで) 御生(おなま) 御膾(おなま) 御涙頂戴(おなみだちょうだい) 御成(おなり) 御成切(おなりきり) 御成庭(おなりにわ) 御成道(おなりみち) 御成門(おなりもん) 御納戸(おなんど) 御兄さん(おにいさん) 御握り(おにぎり) 御肉(おにく) 御西(おにし) 御荷物(おにもつ) 御ニュー(おにゅー) 御庭番(おにわばん) 御庭焼(おにわやき) 御主(おぬし) 御温(おぬる) 御姉さん(おねえさん) 

御粘(おねば) 御根菜(おねば) 御睡(おねむ) 御煉(おねり) 御練(おねり) 御主(おのし) 御上り(おのぼり) 御惚気豆(おのろけまめ) 御婆さん・御祖母さん(おばあさん) 御歯形(おはがた) 御萩(おはぎ) 御羽車(おはぐるま) 御歯黒(おはぐろ) 御歯黒親(おはぐろおや) 御歯黒壺(おはぐろつぼ) 御歯黒溝(おはぐろどぶ) 御歯黒蜻蛉(おはぐろとんぼ) 御歯黒花(おはぐろばな) 御歯黒筆(おはぐろふで) 御刷毛(おはけ) 御化け(おばけ) 御箱(おはこ) 御運び(おはこび) 御弾き(おはじき) 御半下(おはした) 御半下衆(おはしたしゅう) 

御端折り(おはしょり) 御鉢(おはち) 御鉢入れ(おはちいれ) 御鉢米(おはちごめ) 御鉢巡り(おはちめぐり) 御初(おはつ) 御葉漬(おはづけ) 御花(おはな) 御放し(おはなし) 御花畑・御花畠(おはなばたけ) 御跳ね(おはね) 御葉広(おはびろ) 御は文字(おはもじ) 御林(おはやし) 御林帳(おはやしちょう) 御林奉行(おはやしぶぎょう) 御払い(おはらい) 御払い物(おはらいもの) 御祓(おはらえ) 御祓立(おはらえたて) 御針(おはり) 御針子(おはりこ) 御晴れ(おはれ) 御番(おばん) 御姫様(おひいさま) 御冷え(おひえ) 御東(おひがし)

御引(おひき) 御引直衣(おひきのうし) 御引摺り(おひきずり) 御髭(おひげ) 御日様(おひさま) 御膝下(おひざもと) 御菱(おひし) 御歩射(おびしゃ) 御火焚(おひたき) 御浸し(おひたし) 御櫃(おひつ) 御人好し(おひとよし) 御雛(おひな) 御雛事(おひなごと) 御雛様(おひなさま) 御捻り(おひねり) 御姫様(おひめさま) 御冷(おひや) 御百度(おひゃくど) 御冷し(おひやし) 御飛代(おひよ) 御平(おひら) 御平椀(おひらわん) 御開き(おひらき) 御昼(おひる) 御拾い(おひろい) 御広敷(おひろしき) 御披露目(おひろめ) 御比ん(おびん) 

御鬢(おびん) 御賓頭蘆(おびんずる) 御昼成る(おひんなる) 御吹(おふく) 御服(おふく) 御福(おふく) 御福分け(おふくわけ) 御仏供(おぶく) 御袋(おふくろ) 御深井焼(おふけやき) 御札(おふだ) 御二焚(おふたたき) 御仏名(おぶつみょう) 御筆先(おふでさき) 御船歌(おふなうた) 御船入り(おふねいり) 御船祭(おふねまつり) 御文(おふみ) 御触れ(おふれ) 御触書(おふれがき) 御触書集成(おふれがきしゅうせい) 御文庫(おぶんこ) 御部屋(おへや) 御坊さん(おぼうさん) 御細(おほそ) 御火焚(おほたき) 御参り(おまいり) 御前(おまえ) 

御前方(おまえがた) 御前様(おまえさま・おまえさん) 御前達(おまえたち) 御前の試(おまえのこころみ) 御前奉公(おまえぼうこう) 御前町(おまえまち) 御前崎(おまえざき)*静岡県 御負け(おまけ) 御座(おまし) 御座所(おましどころ) 御交り(おまじり) 御座す(おます) 御ませ(おませ) 御町(おまち) 御町衆(おまちしゅ) 御待使(おまちづかい) 御待遠様(おまちどおさま) 御祭(おまつり) 御真魚(おまな) 御間中(おまなか) 御学始(おまなはじめ) 御真向様(おまむきさま) 御守り(おまもり) 御虎子(おまる) 御回し(おまわし) 

御回り・御巡り(おまわり) 御巡りさん(おまわりさん) 御饅(おまん) 御飯(おまんま) 御身(おみ) 御御(おみ) 御御灯火(おみあかし) 御御足(おみあし) 御御御付(おみおつけ) 御磨き(おみがき) 御見限り(おみかぎり) 御神酒(おみき) 御神酒徳利(おみきどくり) 御御くじ・御神籤(おみくじ) 御神輿(おみこし) 御身様(おみさま) 御水借り(おみずかり) 御水取り(おみずとり) 御見逸れ(おみそれ) 御見通し(おみとおし) 御宮(おみや) 御宮入り(おみやいり) 御土産(おみやげ) 御土産人形(おみやげにんぎょう) 御神渡り(おみわたり) 

御向い(おむかい) 御迎え(おむかえ) 御迎え坊主(おむかえぼうず) 御無垢(おむく) 御無垢無垢(おむくむく) 御娘(おむす) 御結び(おむすび) 御襁褓(おむつ) 御紫(おむら) 御室(おむろ) 御室御所(おむろごしょ) 御室桜(おむろざくら) 御室門跡(おむろもんぜき) 御室焼(おむろやき) 御目(おめ) 御影供(おめいく) 御命講(おめいこう) 御前(おめえ) 御眼鏡(おめがね) 御回り(おめぐり) 御召(おめし) 御召縮緬(おめしちりめん) 御召納戸(おめしなんど) 御召物(おめしもの) 御召列車(おめしれっしゃ) 御召替え(おめしかえ) 

御召出し(おめしだし) 御目玉(おめだま) 御目付(おめつけ) 御目出糖(おめでとう) 御目通り(おめどおり) 御目見・御目見得(おめみえ) 御目目(おめめ) 御目文字(おめもじ) 御父様(おもうさま) 御申し(おもうし) 御持たせ(おもたせ) 御許(おもと) 御許人(おもとびと) 御許人侍従(おもとびとまちぎみ) 御物(おもの) 御物師(おものし) 御物棚(おものだな) 御物茶師(おものちゃし) 御物作り(おものづくり) 御物奉行(おものぶぎょう) 御物宿り(おものやどり) 御守(おもり) 御喧しゅう(おやかましゅう) 御焼き(おやき) 御焼餅(おやきかちん) 

御役(おやく) 御安い(おやすい) 御休み(おやすみ) 御八つ(おやつ) 御雇・御傭(おやとい) 御雇外国人(おやといがいこくじん) 御山(おやま) 御山ぶ(おやまぶ) 御湯殿(おゆどの) 御夜長(およなが) 御呼ばれ・御招ばれ(およばれ) 御呼び(および) 御寄講(およりこう) 御夜・御寝(およる) 御寝る(およる)  御鯉(おり)*秋祭りの郷土料理 御礼(おれい) 御礼参り(おれいまいり) 御歴歴(おれきれき) 御座所(おわしどころ・おわしましどころ) 御座す(おわす) 御笑い(おわらい)


大御前(おおきおまえ)

(オン)と読む言葉

御入り(おんいり) 御歌(おんうた) 御内(おんうち) 御頭改め(おんかしらあらため) 御方(おんかた) 御事(おんこと) 御暦の奏(おんこよみのそう) 御先(おんさき) 御師(おんし)*伊勢参り、伊勢神宮では(おんし) 御社(おんしゃ) 御宿(おんじゅく) 御衣(おんぞ) 御衣がち(おんぞがち) 御衣祭(おんぞまつり) 御曹司・御曹子(おんぞうし) 御田(おんだ) 御大(おんたい) 御岳・御嶽(おんたけ) 御岳教(おんたけきょう) 御蓼(おんたで) 御執・御弓(おんたらし) 御地(おんち) 

御中(おんちゅう) 御当主(おんとうしゅ) 御殿油(おんとなぶら) 御の字(おんのじ) 御幣(おんべ) 御幣焼(おんべやき) 御幣笑い(おんべわらい) 御坊(おんぼう) 御前(おんまえ) 御身(おんみ) 御許(おんもと) 御物射(おんものい) 

(ギョ)と読む言葉

御衣(ぎょい) 御意(ぎょい) 御宇(ぎょう) 御詠(ぎょえい) 御影(ぎょえい) 御衛(ぎょえい) 御苑(ぎょえん) 御宴(ぎょえん) 御歌(ぎょか) 御階(ぎょかい) 御感(ぎょかん) 御忌(ぎょき) 御記(ぎょき) 御句(ぎょく) 御慶(ぎょけい) 御慶帳(ぎょけいちょう) 御剣(ぎょけん) 御幸(ぎょこう) 御溝(ぎょこう) 御座(ぎょざ) 御作(ぎょさく) 御札(ぎょさつ) 御史(ぎょし) 御史台(ぎょしだい) 御史雨(ぎょしのあめ) 

御旨(ぎょし) 御璽(ぎょじ) 御者(ぎょしゃ) 御し易い(ぎょしやすい) 御出(ぎょしゅつ) 御所(ぎょしょ) 御寝(ぎょしん) 御寝所(ぎょしんどころ) 御す(ぎょす) 御世(ぎょせい) 御製(ぎょせい) 御選(ぎょせん) 御撰(ぎょせん) 御前(ぎょぜん) 御膳(ぎょぜん) 御体(ぎょたい) 御題(ぎょだい) 御注・御註(ぎょちゅう) 御杯・御盃(ぎょはい) 御批(ぎょひ) 御筆(ぎょひつ) 御夫(ぎょふ) 御府(ぎょふ) 御風(ぎょふう) 

御服(ぎょふく) 御物(ぎょぶつ・ぎょもつ) 御物石器(ぎょぶつせっき) 御宝(ぎょほう) 御僕(ぎょぼく) 御名(ぎょめい) 御遊(ぎょゆう) 御用(ぎょよう)*御物に同じ 御覧(ぎょらん) 御柳(ぎょりゅう) 御綾(ぎょりょう) 御簾(ぎょれん) 御路(ぎょろ)        

(ゴ)と読む言葉

御一人(ごいちにん) 御一新(ごいっしん) 御影(ごえい) 御詠歌(ごえいか) 御恩(ごおん) 御恩所(ごおんしょ) 御恩地(ごおんち) 御家門(ごかもん) 御感(ごかん) 御願(ごがん) 御願寺(ごがんじ) 御忌(ごき) 御記(ごき) 御器(ごき) 御器籠(ごきかご) 御機嫌(ごきげん) 御器挽き(ごきひき) 御形(ごぎょう) 御供(ごくう) 御供所(ごくうしょ) 御供水(ごくうすい) 御供田(ごくうでん) 御供料(ごくうりょう) 

御慶(ごけい)
 御家人(ごけにん) 後家蓋(ごけぶた) 御家分(ごけぶん) 御後(ごご) 御幸(ごこう) 後光(ごこう) 御告文(ごこうもん) 御座(ござ) 御宰(ごさい) 御祭服(ごさいふく) 御座所(ござしょ) 御沙汰(ごさた) 御参(ごさん) 御三家(ごさんけ) 御産所(ごさんじょ) 御自分(ごじぶん) 御酒(ごしゅ) 御朱印船(ごしゅいんせん) 御祝儀(ごしゅうぎ) 御授爵(ごじゅしゃく) 御出(ごしゅつ) 御主殿(ごしゅでん) 

御守殿(ごしゅでん) 御所(ごしょ) 御書(ごしょ) 御所柿(ごしょがき) 御所車(ごしょぐるま) 御書所(ごしょどころ) 御書始(ごしょはじめ) 御身(ごしん) 御仁(ごじん) 御真影(ごしんえい) 御神火(ごじんか) 御神酒(ごじんしゅ) 御新造(ごしんぞう) 御仁体(ごじんたい) 御神灯(ごしんとう) 御神矢(ごしんや)2014/1/2 47NEWS 御所(ごせ)*奈良県 御成敗式目(ごせいばいしきもく) 御前(ごぜん) 御膳(ごぜん) 御全快(ごぜんかい) 

御前会議(ごぜんかいぎ) 御前試合(ごぜんじあい) 御膳蕎麦(ごぜんそば) 御前橘(ごぜんたちばな) 御膳奉行(ごぜんぶぎょう) 御造作(ごぞうさ) 御葬司(ごそうし) 御息災(ごそくさい) 御足労(ごそくろう) 御存知(ごぞんじ) 御代(ごだい) 御大切(ごたいせつ) 御大層(ごたいそう) 御託宣(ごたくせん) 御達(ごたち) 御多分(ごたぶん) 御馳走(ごちそう) 御都合主義(ごつごうしゅぎ) 御殿(ごてん) 

御典医・御殿医(ごてんい) 御殿場(ごてんば)*静岡県 御当日(ごとうじつ) 御当所(ごとうしょ) 御内儀(ごないぎ) 御内室(ごないしつ) 御難(ごなん) 御悩(ごのう) 御破算(ごはさん) 御馬前(ごばぜん) 御飯(ごはん) 御判(ごはん) 御番医師(ごばんいし) 御廟(ごびょう) 御符・御封(ごふ)*護符とも 御服(ごふく) 御福(ごふく) 御福餅(ごふくもち) 御無沙汰(ごぶさた) 御無事(ごぶじ) 御不浄(ごふじょう) 御物(ごぶつ・ごもつ) 

御仏前(ごぶつぜん) 御仏名(ごぶつみょう) 御文章(ごぶんしょう) 御幣(ごへい) 御幣餅(ごへいもち) 御辺(ごへん) 御報(ごほう) 御坊(ごぼう) 御宝前(ごほうぜん) 御方便(ごほうべん) 御本(ごほん) 御名代(ごみょうだい) 御無用(ごむよう) 御無理御尤も(ごむりごもっとも) 御名算・御明算(ごめいさん) 御物(ごもつ) 御門(ごもん) 御門番(ごもんばん) 御紋(ごもん) 御紋衆(ごもんしゅう) 

御門跡(ごもんぜき) 御油(ごゆ)*愛知県 御用(ごよう) 御用納め(ごようおさめ) 御用学者(ごようがくしゃ) 御用聞き(ごようきき) 御用金(ごようきん) 御用商人(ごようしょうにん) 御用達(ごようたし) 御用邸(ごようてい) 御用始め(ごようはじめ) 御用部屋(ごようべや) 御来光(ごらいこう) 御来迎(ごらいごう) 御頼談(ごらいだん) 御覧(ごらん) 御暦の奏(ごりゃくのそう) 御陵(ごりょう) 御領(ごりょう) 

御料(ごりょう) 御霊(ごりょう) 御霊会(ごりょうえ) 御料所(ごりょうしょ) 御料地(ごりょうち) 御寮人(ごりょうにん) 御猟場(ごりょうば) 御料浴室(ごりょうよくしつ) 御連枝(ごれんし) 

大御座船(おおござぶね) 大御所(おおごじょ) 大御番(おおごばん) 奥御前(おくごぜん) 奥御殿(おくごてん) 御御(おご・おごう) 小御所(こごしょ)

(ミ)と読む言葉

御饗(みあえ) 御明かし・御灯明・御灯(みあかし) 御県(みあがた) 御生・御阿礼(みあれ) 御軍祭(みいくさまつり) 御歌(みうた) 御影供(みえいく) 御門(みかど) 御垣守(みかきもり) 御神楽(みかぐら) 御影石(みかげいし) 御蔭(みかげ) 御蔭祭(みかげまつり) 御形・御像(みかた) 御門守(みかどもり) 御薪(みかまぎ) 御酒・神酒(みき) 御教書(みきょうしょ) 御籤(みくじ) 御髪(みぐし) 

御国詞・御国言葉(みくにことば) 御国文(みくにぶみ) 御国風(みくにぶり) 御国学び(みくにまなび) 御国譲り(みくにゆずり)  御位(みくらい) 御蔵島(みくらじま)*東京都 御厨(みくりや) 御車寄(みくるまよせ) 御子(みこ) 御輿(みこし)*神輿と同じ 御荘(みしょう) 御簾(みす) 御禊(みそぎ) 御衣木(みそぎ) 御園(みその) 御田(みた) 御台(みだい) 御台所(みだいどころ) 御宝(みたから) 御館(みたち) 

御岳(みたけ) 御霊(みたま) 御手洗(みたらし) 御灯(みとう) 御堂(みどう) 御堂筋(みどうすじ) 御堂関白記(みどうかんぱくき) 御年(みとし) 御斗帳・御戸帳(みとちょう) 御名代(みなしろ) 御母衣ダム(みぼろだむ)*岐阜県 御室(みむろ) 御息所(みやすんどころ) 御山獅子(みやまじし) 御幸(みゆき) 御代御世みよ-天皇の治世) 

現御神(あまつみかみ)  伊勢神宮御園(いせじんぐうみその) 大御(おおみ) 大御饗(おおみあえ) 大御灯(おおみあかし) 大御遊び(おおみあそび) 大御稜威(おおみいつ) 大御歌(おおみうた) 大御祖(おおみおや) 大御門(おおみかど) 大御神(おおみかみ) 大御巫(おおみかむこ) 大御酒(おおみき) 大御位(おおみくらい) 大御食(おおみけ) 大御心(おおみこころ) 大御言(おおみこと) 大御衣(おおみそ) 

大御田(おおみた) 大御宝(おおみたから) 大御執らし(おおみとらし) 大御葬の歌(おおみはふりのうた) 大御船(おおみふね) 大御馬(おおみま) 大御身(おおみみ) 大御許(おおみもと) 大御物(おおみもの) 大御息所(おおみやすんどころ) 大御幸(おおみゆき) 大御代(おおみよ) 神御衣の祭(かむみそのまつり)(かみみそのまつり) 唐本御影(とうほんみえい)

その他

(ウ)と読む言葉
御嶽(うたき)*宮古島

(オオ)と読む言葉
大御(おおむ)

(オオン)と読む言葉
御・大御(おおん) 御歌(おおんうた)*おおみうたと同じ 御方(おおんかた) 御衣(おおんぞ)*おおみそと同じ 御宝(おおんだから)*おおみたからと同じ 御弓(おおんだらし) 御時(おおんとき) 大御服(おおんぶく)

-このページの先頭へ戻る-


歴史用語(画数は御の後にくる漢字の画数)


 歴史に出てくる言葉は特別な読み方があります。上と重複している言葉もあります。

(二画)
御了簡銀(ごりょうけんぎん) 御八日(おようか) 御刀代(みとしろ) 御十夜(おじゅうや)

(三画)
御下文紙(おんくだしぶみがみ) 御下米(おさげまい) 御三家(ごさんけ) 御三卿(ごさんきょう) 御上(おえ) 御土居(おどい) 御子代(みこしろ) 御子良子(おこらご) 御子神(みこがみ) 御小屋場(おこばや) 御山(おやま) 御山方裏判地(おやまかたうらはんち) 御女さん(おかみさん) 御下地(おげぢ)

.(四画)
御中見(おなかみ) 御内人(みうちにん)(みうちびと) 御内書(ごないしょ) 御切手売買仲取次(おきってばいばいなかとりつぎ) 御切米元帳(おきりまいもとちょう) 御分一所(ごぶいちしょ) 御戸代(みとしろ) 御斗帳・御戸帳(みとちょう) 御手山(おてやま) 御手仕出(おてしだし) 御手伝普請(おてつだいぶしん) 御手先仕事(おてさきしごと) 

御手作百姓(おてづくりひゃくしょう) 御手作場(おてさくば) 御手形札(おてがたふだ) 御手前(おてまえ) 御手洗(みたらし) 御手船(おてぶね) 御手舸子(みてかこ) 御手鑑帳(おてかがみちょう) 御方(おかた)(みかた) 御方打(おかたうち) 御方様(おかたさま) 御水取(おみずとり) 御火焼き(おひたき) 御火焚(おひたき)

(五画)
御仕入方(おしいれかた) 御仕着(おしきせ) 御仕置伺(おしおきうかがい) 御代参街道(ごだいさんかいどう) 御半金山(ごはんきんやま) 御台子(おだいす) 御台所入(おだいどころいり) 御台場(おだいば) 御史大夫(ぎょしたいふ) 御史中丞(ぎょしちゅうじょう) 御史台(ぎょしだい) 御史尚書(ぎょししょうしょ) 御広敷番(おひろしきばん) 御払米(おはらいまい) 御払米座(おはらいまいざ) 御本地(ごほんち) 御末(おすえ) 御正印(みしょういん) 御正体(みしょうたい) 御生(みあれ) 御用山(ごようやま) 

御用木山(ごようぎやま) 御用向控帳(ごようむきひかえちょう) 御用米(ごようまい) 御用米会所(ごようこめかいしょ) 御用杣取(ごようそまとり) 御用定飛脚(ごようじょうびきゃく) 御用物(ごようもの) 御用物方役(ごようものかたやく) 御用物役(ごようものやく) 御用物継所(ごようものつぎしょ) 御用表(ごようおもて) 御用金(ごようきん) 御用前(ごようまえ 御用書留帳(ごようかきどめちょう) 御用留(ごようどめ) 御用商人(ごようしょうにん) 御用部屋(ごようべや) 御用御山(ごようおやま) 御用達(ごようたつ)(ごようたし) 

御用塩(ごようじお) 御用銅(ごようどう) 御用聞(ごようきき) 御用餌差(ごようえさし) 御田(みた) 御田地見(おでんじみ) 御田地割(おでんじわり) 御田植祭(おたうえまつり) 御目見(おめみえ) 御目見得(おめみえ) 御目通(おめどおり) 御立山(おたてやま) 御四季施代金(おしきせだいきん) 御申待(おさるまち) 御末裔(おすえ)

(六画)
御百度(おひゃくど) 御会式(おえしき) 御次(おつぎ) 御印(ごいん) 御名代(みなしろ) 御守殿(ごしゅでん) 御年譜(ごねんぷ) 御成始(おなりはじめ) 御成敗式目(ごせいばいしきもく) 御早道の者(おはやみちのもの) 御朱印高(ごしゅいんだか) 御気色(みけしき) 御剣(ぎょけん) 御竹大日如来(おたけだいにちにょらい) 御竹藪(おたけやぶ) 御名(ぎょめい) 御曲輪(おくるわ) 御先(おさき) 御先狐(おさきぎつね)

(七画)
御伽草子(おとぎぞうし) 御伽婢子(おとぎぼうこ) 御伽衆(おとぎしゅう) 御伽話(おとぎばなし) 御伽噺(おとぎばなし) 御体御 ト(ごたいのみうら)(おおみまのみうら) 御体御占(ごたいのみうら)(みまのみうら) 御判(ごはん) 御判下文(ごはんのくだしぶみ) 御判始(ごはんはじめ) 御判所(ごはんしょ) 御判御教書(ごはんのみぎょうしょ) 御助米(おたすけまい) 御告文(ごこうぶん) 御囲苗(おかこいなえ) 御囲塩(おかこいしお) 御図帳(みずちょう) 御坊(おんぼう) 御条目(ごじょうもく) 御局(おつぼね) 

御役百姓(おやくびゃくしょう) 御役抜(おやくぬき) 御役町(おやくまち) 御役普請(おやくぶしん) 御忌(ぎょき) 御忌祭(おいみまつり) 御沙汰(ごさた) 御沙汰書(ごさたしょ) 御町用金(おんまちようきん) 御町衆(おまちしゅう) 御町雑用銭(おんまちぞうようせん) 御私(おんわたくし) 御初物(おはつもの) 御初穂(おはつほ) 御見拭(おみぬぐい) 御身様(おみさま) 御作立て(おさくだて)
(八画)
御画日(ぎょかくにち) 御画可(ぎょかくか) 御肴御役所(おさかなおやくしょ) 御事(おんこと) 御供衆(おともしゅう) 御命講(おめいこう)(おめいこ)(おめこ) 御免(ごめん) 御免木(ごめんぎ) 御免株(ごめんかぶ) 御制法(ごせいほう) 御直山(おじきやま) 御咎(おとがめ) 御国印(おくにじるし) 御定(ごじょう) 御定相場(おさだめそうば) 御定書百箇条(おさだめがきひゃっかじょう) 御定高(おさだめだか) 御定高仕法(おさだめだかしほう) 御定賃銭(おさだめちんせん) 御宝(おたから) 御学館木山(ごがくかんきやま) 

御岳(うたぎ)(おたけ) 御岳信仰(おんたけしんこう) 御府内(ごふない) 御府監(ぎょふかん) 御所人形(ごしょにんぎょう) 御所奉行(ごしょぶぎょう) 御抱席(おかかえせき) 御服所(ごふくどころ) 御服座(ごふくざ) 御林(おはやし) 御林下草銭(おはやししたくさせん) 御林守(おはやしもり) 御林図面(おはやしずめん) 御林帳(おはやしちょう) 御林箇所付帳(おはやしかしょつけちょう) 御泊宿支度銭(おとまりやどしたくせん) 御物(おもの) 御物好(おものごのみ) 御物山(おものやま) 御物師(おんものし) 

御物石器(ぎょぶつせっき) 御物奉行(おものぶぎょう) 御物長持奉行(おものながぶちぶぎょう) 御物城(おものぐすく) 御祈玉(みほぎだま) 御祈とう所(ごきとうしょ) とうは示に壽 御取揚高(おとりあげだか) 御取替金(おとりかえきん) 御取越(おとりこし) 御取箇(おとりか) 御取箇付(おとりかつけ) 御取箇郷帳(おとりかごうちょう) 御取箇積(おとりかつもり) 御取締請書連印帳(おとりしまりうけしょれんいんちょう) 

御阿礼(みあれ) 御阿礼神事(みあれのしんじ) 御金蔵御勘定帳(ごきんぞうごかんじょうちょう) 御青飯(ひじきおおの) 御供(ごくう)(ごく) 御供所(ごくうしょ) 御供水(ごくうすい) 御供田(ごくうでん) 御供料(ごくうりょう) 御金当(ごきんとう) 御参(ごさん) 御直(ごじき) 御直拝(ごじきはい)

(九画)
御冠船(おかんせん) 御前(おまえ) 御前帳(おまえちょう)*検地帳 御前沙汰(ごぜんざた) 御前定(ごぜんのさだめ) 御前神(みさきがみ) 御前帳(ごぜんちょう) 御城米(ごじょうまい) 御城銀(ごじょうぎん) 御奏者番日記(ごそうじゃはんにっき) 御客仏(おきゃくぼとけ) 御室令旨(おむろのりょうじ) 御屋形(おやかた) 御建山(おたてやま) 御持僧(ごじそう) 御政印(みしょういん) 御政法(ごせいほう) 御柱祭(おんばしらまつり) 御為替組(おかわせぐみ) 御茶屋(おちゃや) 御茶屋場(おちゃやば) 御要用御囲山(ごようようおかこいやま) 御香剃り(おこうそり) 御食物(みめしもの)*大鏡 

(十画)
御借場(おかりば) 御修法(みしほ)(みしゅうほう)(みずほう) 御倉(おくら) 御倉町(みくらまち) 御倉職(おくらしき) 御真影(ごしんえい) 御夏飯(おなつめし) 御家人(ごけにん) 御家人役(ごけにんやく) 御家人株(ごけにんかぶ) 御家中別条書留帳(ごかちゅうべつじょうかきとめちょう) 御家中御宛行増減帳(ごかちゅうおんあてがいぞうげんちょう) 御家流(おいえりゅう) 御家騒動(おいえそうどう) 御師(おし) 御師文書(おしもんじょ) 御師宿(おしやど) 御座 (おざ)*浄土真宗の用語 御座(おまし)*貴人の座臥なさる所 

御座包(ござづつみ) 御座船(ござふね)(おざふね) 御庭番(おにわばん) 御恩(ごおん) 御恵金(おめぐみきん) 御息所(みやすどころ)(みやすんどころ) 御悩借方(ごのうしゃくがた) 御拳(おこぶし) 御拳場(おこぶしば) 御捉飼場(おとらえかいば) 御旅所(おたびしょ)(おたびどころ) 御旅屋(おたびや) 御書付(おかきつけ) 御酒(みき)(おみき) 御酒拝領(ごしゅはいりょう) 御酒被下(ごしゅくだされ) 御留山底地明(おとめやまそこつちあげ) 御留川(おとめがわ) 御料(ごりょう) 御料人(ごりょうにん) 

御料私領分郷帳(ごりょうしりょうぶんごうちょう) 御料所(ごりょうしょ) 御料所奉行(ごりょうしょぶぎょう) 御料林(ごりょうりん) 御納戸(おなんど) 御納屋買役(おんなやかいやく) 御記(ぎょき) 御射山祭(みさやままつり) 御造作(おぞうさ) 御郡方裏判地(おぐんかたうらはんち) 御高札場入用(おこうさつばにゅうよう) 御娘さん(おじょうさん) 御番入り(ごばんいり) 御差(おさし) 御座替り(おざがわり) 御座切り(おざきり)

(十一画)
御側御用取次(おそばごようとりつぎ) 御寄(おより) 御宿奉行(おんしゅくぶぎょう) 御堂関白記(みどうかんぱくき) 御帳(おちょう) 御張紙留(おはりがみどめ) 御掟(おんおきて) 御救(おすくい) 御救人別帳(おすくいにんべつちょう) 御救小屋(おすくいごや) 御救交易(おすくいこうえき) 御救米(おすくいまい) 御救米留帳(おすくいまいとめちょう) 御救帳(おすくいちょう) 御救捨(おすくいすたり) 御救普請(おすくいふしん) 

御教書(みぎょうしょ) 御曹子(おんぞうし) 御祭礼具奉(おさいれいぐぶ) 御斎会(みさいえ)(ごさいえ)(おさいえ) 御符(ごふ) 御船大将衆(おふねたいしょうしゅう) 御船引堀(おふねひきほり) 御船代(みふなしろ) 御船帳(おふなちょう) 御船頭(おせんどう) 御菜浦(おさいうら) 御菜銀(おさいぎん) 御部屋(おへや) 御野国戸籍(みののくにこせき) 御徒士(おかち) 御産所(ごさんじょ) 御采(おさい)

(十二画)
御傘(ごさん) 御厨(みくりや)(みくり) 御厨注文(みくりやちゅうもん) 御厨譲状(みくりやゆずりじょう) 御報書(ごほうしょ) 御富岐玉(みふきたま) 御尋者(おたずねもの) 御雇外国人(おやといがいこくじん) 御普請(ごふしん) 御普請山(ごふしんやま) 御歯黒(おはぐろ) 御湯殿(おゆどの) 御湯殿上日記(おゆどののうえのにっき) 御湯銭(おゆせん) 御番所日記(ごばんしょにっき) 御給(ごきゅう) 

御買上米(おかいあげまい) 御葭神事(みよしのしんじ) 御詠歌(ごえいか) 御証文人馬(ごしょうもんじんば) 御貸付金(おかしつけきん) 御貸米銀(おかしまいぎん) 御貸麦(おかしむぎ)御貸捨米(おかしすてまい)

(十三画)
御園(みその) 御塩そ(おしおそ)*そは口へんに曾 御意銀(ぎょいぎん) 御摂ろく渡庄(ごせつろくわたししょう)*ろくは米へんに屑  御新下り(おあらおり) 御殿(ごてん) 御節(おせち) 御触書(おふれがき) 御詰米(おつめまい) 御詰塩(おつめしお) 御鉄山(おてつやま) 御鉄砲(おてっぽう) 御馳走人馬(ごちそうじんば) 御馳走開作(ごちそうかいさく)  御傘(ごさん)

(十四画)
御暦奏(ごりゃくのそう)(ごれきのそう)(こよみのそう) 御裳濯川(みもすそがわ) 御構(おかまい) 御稲田(みいねだ) 御種元(おたねもと) 御綱神人(おんつなじんにん) 御蔭参(おかげまいり)御蔭踊(おかげおどり) 御銀主(おぎんす) 御雑作(おぞうさ) 御領(ごりょう) 御領地(ごりょうち) 御髪上(みくしあげ) 御魂祭(みたままつり) 御魂飯(みたまのめし) 御墨付(おすみつき)

(十五画)
御器所保(ごきそのほ) 御器かぶり(ごきかぶり)*かぶりは口へんに歯の米が、上に人二つその下に一その下に人二つに代わる 御幣(ごへい) 御影(みえい) 御影供(みえく)(みえいく) 御影講(みえいこう) 御憐愍(ごれんびん) 御憐憫(ごれんびん) 御締高(おしめだか) 御蔵(みくら) 御蔵入(おくらいり) 御蔵入百姓(おくらいりびゃくしょう) 御蔵元(おくらもと) 御蔵巡見使(おくらじゅんけんし) 

御蔵門徒(おくらもんと) 御蔵塩(おくらしお) 御蝦蛄(おしゃこ) 御諚(ごじょう)*御定とも  御趣向(ごしゅこう) 御趣向鋼(ごしゅこうはがね) 御趣法(ごしゅほう) 御霊(ごりょう) 御霊会(ごりょうえ)(みたまえ) 御霊信仰(ごりょうしんこう)(みたましんこう) 御霊様(みたまさま) 御器(ごき) 

(十六画)
御膳料(おぜんりょう) 御薗(みその) 御薪(みかまぎ) 御薬(おんやく) 御新兵(ごしんべい) 御頼百姓(おたのみひゃくしょう) 御頼談(ごらいだん) 御館(おやかた) 御館の乱(おたてのらん)

(十七画)
御償新田(おつぐないしんでん) 御懇書(ごこんしょ) 御縮高(おちぢみだか)

(十八画)
御簡(みふだ)

(十九画)
御璽(ぎょじ) 御簾(みす) 御簾中(ごれんじゅう)(ごれんちゅう) 御藪(おやぶ) 御願寺(ごがんじ)

(二十一画)
御竈木祭(みかまぎまつり) 御籠(おこもり)

皇室用語

御製(ぎょせい)天皇の歌
御歌(みうた)皇后の歌


参考文献
広辞苑 日本語大辞典 角川漢和中辞典 歴史民俗用語よみかた辞典 テレビNHK他 日本大百科全書 朝日新聞 静岡新聞 三田村鳶魚全集 NHKことばのハンドブック、NHK日本語アクセント辞典

-このページの先頭へ戻る-

-音訳の部屋へ戻る-



Google      


Copyright(C) 1998〜 HIRAMATU. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.