『音訳・点訳・サービスのための 著作権(第7版)』をご紹介

北川和彦先生より研修会テキストのお知らせです。
—————————————————————————————-
図書館協力員・ボランティア研修会テキスト・資料集
『音訳・点訳・サービスのための 著作権(第7版)』
—————————————————————————————-
を発行する段取りとなりました。
今回の発行は、2010年の著作権法の改正に基づいての内容の大改訂版です。発行に先立ちその内容をご紹介し、ご予約を受け付けますので、ご希望の方のお申し込みをお待ちしています。


発行予定日:2011年9月初旬
販価:400円(送料1部80円)
送付先住所・氏名・電話番号・申込部数を明記して、葉書・FAXでご予約ください。
(申込先)
〒262-0019 千葉市花見川区朝日ヶ丘2-2-23-301 北川和彦
TEL/FAX  043-272-3276

—————————————————————————————-
『音訳・点訳・サービスのための 著作権(第7版)』B5版36ページ
著作権法改正(2010)関係資料を採録
—————————————————————————————-
2010年の著作権法の改正関係資料を盛り込んで、全面改訂新版として発行しました。

(主要内容
○知的所有権 ○著作権法 ○著作権の種類と著作権のない資料 ○著作権の保護期間 ○著作権の登録 ○表示の3要素 ○障害者サービスと著作権 ○著作権許諾について著作者の立場から ○プライベートサービスと著作権 ○録音雑誌(テープ・CD)に関する著作権 ○EYEマークと自由利用マーク ○平成12年・平成15年・平成18・20年の著作権法の改正 ○平成22年の著作権法改正 ほか

(資料編)
○著作権法(抜粋)と第37条第3項及び第43条の新旧対照表 ○著作権法施行令(抜粋) ○著作権施行規則(抜粋) ○障害者基本法(抜粋) ○身体障害者福祉法(抜粋) ○図書館法(抜粋) ○著作権問題年表(抜粋) ○録音図書の著作権に関するアナウンス ○著作権法第37条第3項指定法人一覧 ○図書館の障害者サービスにおける著作権法第37条第3項に基づく著作物の複製等に関するガイドライン ○著作権法第37条第3項ただし書き該当資料確認リスト ○「サピエ図書館」システム ○著作権法第37条第3項の改正(2010)関係雑誌記事 ほか

(コラム)
○個人情報保護法 ○新聞著作権 ○対面朗読協力員(ボランティア)の心得20ヶ条 ○日本図書館協会制定「図書館員の倫理規定」ほか

研修会テキスト・資料集をご希望の方はぜひお申し込み下さい。

「気象用語読み方辞典」作成しました。

8月16日

今年の夏は猛暑!
暑さの中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

「気象用語読み方辞典」を作成しました。→こちら
地球温暖化と言われ、気象関係の報道も多いこの頃、お役に立てれば嬉しく思います。

東京堂出版 『最新 気象の事典』を中心に
NHK放送文化研究所 『改訂版NHK気象ハンドブック』
日本国語大辞典
等を参考にしました。
意味を知りたい方は図書館等で書籍を調べてください。

WEBではオンライン学術用語集→こちら が参考になります。

「音訳指導マニュアル~視覚障害者用録音図書製作のために~」

寒暖の差が大きい今年の春ですが、新緑は美しいですね。
昨日は静岡県点字図書館の合同研修会があり久しぶりにでかけてきました。

全国視覚障害者情報提供施設協会録音委員会より「音訳指導マニュアル」が発行されました。
関係の方からご連絡いただきましたのでご紹介いたします。

———————————————————–以下

「音訳指導マニュアル~視覚障害者用録音図書製作のために~」
3月末に発行されました。

編集・発行 全視情協
発売 大活字
価格 1200円+税

音訳の指導者用のマニュアルで
どうやって指導するか

悩んでいる方に
とっても参考になると思います。

———————————————————–以上

下記サイトに詳細があります。(4月20日現在)

大活字 →こちら
オンラインショ書店ビーケーワン(bk1) →こちら

「ないーぶネット」から「サピエ」へ

情報提供ネットワークが変わりました。

2010年3月までは
 ないーぶネット:視覚障害者用図書情報ネットワーク

2010年4月からは
 サピエ:視覚障害者情報総合ネットワーク

になりました。

録音図書貸出形態は
ないーぶネットは録音(カセットテープ)、デイジー、一般CD(朗読CDなど)でしたが
サピエはカセットテープ、音声デイジー、オーディオブック、音声解説、テキストデージー、マルチメディアデイジー
になりました。

詳しくはサピエのサイトをご覧下さい。→こちら

『光は闇より② 点字の父 ルイ・ブライユ』北川和彦著

北川先生よりKITAGAWA通信 No.40 2010.3 を送っていただきました。
近著を皆様にご紹介します。

KITAGAWA通信 No.40 2010.3 より 紹介
—————————————以下KITAGAWA通信 No.40 TOPページより
光は闇より 第2部
点字の父 ルイ・ブライユ 生誕200年
記念切手(カラー)と写真で構成

 2009年はルイ・ブライユ生誕200年の年で、世界各国で盛大な記念行事が開催されました。記念切手も各国から発行されましたので、これをカラーで収録し、私が1982年にパリを訪れた時訪問した、ルイ・ブライユ関係施設の思い出の記を写真とともに紹介し、「光は闇より」の第2部として発行します。
(内容)
○世界各国のルイ・ブライユ生誕記念切手(5頁)
○ルイ・ブライユ博物館訪問記
○ヴァランタン・アユイ協会(ルイ・ブライユ図書館)訪問記(沿革・組織予算・図書館サービス)
○ルイ・ブライユ関係文献目録(邦文)
○石川倉次生誕150年(ブライユ点字の翻案)
○点字の文化展(1990 東京)
B5判 28頁(カラー5頁) 850円
発行 2010年3月 200部限定
お申込みはFAXまたは葉書で氏名・送付先住所・部数を明記の上お申込みください。

ルイ・ブライユの業績について、天声人語(2009.1.4)からその一部を抜粋して紹介します。
「点字を考案したルイ・ブライユがフランスに生れて、今日で200年になる。▼3歳で失明、盲学校にいた15歳の時、軍の夜間伝令を参考に3×2で並ぶ点字をあみ出した。6つの点で字や記号を表す方式はやがて世界に広がる。目に見えなくても、読み書きを学び、主張し、創作できるようになった。▼面識のない人と、見えない世界を一部でも共有できるのは、19世紀の偉人のお陰である。点字、手話、外国語。伝え合う手段は、人生と社会をずっと豊かにする。」

(申し込み先)KITAGAWA通信 No.40 最終ページより
〒262-0019 千葉市花見川区朝日ヶ丘2-2-23-301 北川和彦(葉書またはFAXで)

—————————————以上KITAGAWA通信 No.40 より

FAX番号・送料については「音訳の部屋」内のページ参照 →こちら

————————————————————————————

北川先生よりKITAGAWA通信 No.40 2010.3 を送っていただきました。
以上ご紹介です。