新型コロナウイルスの病状「COVIDー19」 読み方

2020年2月13日

2020年2月13日
WHO=世界保健機関は新型のコロナウイルスが引き起こす病状について、「COVIDー19」と名付けたと発表しました。感染の拡大が最も深刻な中国の武漢にちなんだ呼び方でウイルスについて伝えるメディアもある中、地名を避けることで中国への配慮をにじませた形です。

<NHKニュース・日テレニュース24・TBSニュース・新聞社等のルビ>
COVIDー19 コビッド(コヴィッド)じゅうきゅう

<WHO>
COVIDー19 コビッド(コヴィッド)ナインティーン

※COVIDの「CO」は「corona(コロナ)」、「VI」は「virus(ウイルス)」、「D」は「disease(疾患)」、
さらに「19」は最初に流行が確認された2019年12月31日の年を表す

早く終息することを願います。

謹賀新年2020年

2020年1月5日

2020年1月5日
明けましておめでとうございます。
令和になって初めての新年、音訳者の皆様、今年もよろしくお願いします。

元旦は例年通り、日本平ホテルに清水港と富士山を見に出かけました。
今年は雲がかかっていて綺麗な富士山は見られまませんでした。

3日に身延山を訪問。中部横断自動車道が伸びたので南部ICで降りると静岡市から1時間で行けます。今年中に全面開通の予定ですのでもっと近くなります。
身延山久遠寺で新年の挨拶をし、ロープウェイで奥之院思親閣まで行ってきました。

頂上は気温も低く青空で富士山の眺望絶景(身延山奥之院より)

久遠寺周辺は桜の名所。境内の枝垂れ桜は全国しだれ桜10選のひとつです。
桜の時期ぜひ訪問して、枝垂れ桜をお届けできたらと思います。

 

「豚コレラ」を「豚熱」に

2019年12月26日

2019年12月26日

東京新聞2019年12月25日 朝刊によると

農林水産省は24日、豚(とん)コレラ(CSF)の名称を「豚熱(ぶたねつ)」に変更するとして、来年の通常国会に家畜伝染病予防法の改正案を提出する方針を明らかにした。

読み方
豚(とん)コレラ
豚熱(ぶたねつ)

即位の礼に関連する用語の読み方

2019年11月13日

2019年10月22日 11月13日14日15日追加

即位の礼(そくいのれい)が行われました。
宮内庁WEB・新聞等より関連する用語の読み方を拾いました。
※宮内庁用語集→こちら

<あ行>
緋袍(あけほう)宮内庁のページルビ→こちら ※辞書では(あけごろも)が多い
天照大神(あまてらすおおみかみ)
天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)
麁服(あらたえ)
案(あん)*高御座内の案
威儀物(いぎもの)
威儀の者(いぎのもの)①太刀②胡ぐい③楯
威儀物捧持者(いぎのものほうじしゃ)
石橋(いしばし)
五衣(いつつぎぬ)
稲舂歌(いなつきうた)
弥栄(いやさか)*首相の言葉
薄縁(うすべり)
采女(うねめ)
纓(えい)
叡智(えいち)*天皇陛下のお言葉
衛門(えもん)
黄丹袍(おうにのほう)
大田主(おおたぬし)
御菅蓋(おかんがい)
大垂髪(おすべらかし)
御告文(おつげぶみ)
小忌幄舎(おみあくしゃ)
表御座所(おもてござしょ)
御冠(おんかんむり)

<か行>
廻立殿(かいりゅうでん)
回廊(かいろう)
楽部(がくぶ)
神楽笛(かぐらぶえ)
挂甲(かけよろい)
賢所(かしこどころ)
賢所大前(かしこどころおおまえ)の儀
膳屋(かしわや)
鞨鼓(かっこ)
茅葺(かやぶき)
唐衣(からぎぬ)*読売新聞(からごろも)
巻纓の冠(かんえいのかんむり)
揮毫(きごう)
北車寄(きたくるまよせ)
北溜(きただまり)
菊花章小錦旛(きっかしょうしょうきんばん)
菊花章大錦旛(きっかしょうだいきんばん)
菊花章中錦旛(きっかしょうちゅうきんばん)
亀卜(きぼく)
宮中祭祀(きゅうちゅうさいし)
宮中三殿(きゅうちゅうさんでん)
饗宴の儀(きょうえんのぎ)
御璽(ぎょじ)
供饌(きょうせん)の儀
桐(きり)
麒麟(きりん)
禁色(きんじき)
金箔(きんぱく)
錦旛(きんばん)
国栖の古風(くずのいにしえぶり)
久米舞(くめまい)
黒酒(くろき)
黒袍(くろほう)
外陣(げじん)
月像纛旛( げっしょうとうばん )
剣璽(けんじ)
剣璽等承継の儀(けんじとうしょうけいのぎ)
鼓(こ)
御椅子(ごいし)
皇嗣(こうし)
皇族譜(こうぞくふ)
皇統譜(こうとうふ)
皇霊殿 ( こうれいでん )
黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)
黄櫨染袍(こうろぜんのほう)
御筵道(ごえんどう)
国璽(こくじ)
五穀豊穣(ごこくほうじょう)
御祭服(ごさいふく)
五節舞姫(ごせちのまいひめ)
御大典(ごたいてん)
御大礼(ごたいれい)
高麗笛(こまぶえ)
御料車(ごりょうしゃ)

<さ行>
斎田点定(さいでんてんてい)の儀
斎田抜穂(さいでんぬきほのぎ)の儀
三ノ鼓(さんのつづみ)
璽(じ)
刺繍(ししゅう)
司鉦司鼓(ししょうしこ)
紫宸殿(ししんでん)
笏(しゃく)
笏拍子(しゃくびょうし)
十二単(じゅうにひとえ)
祝賀御列の儀(しゅくがおんれつのぎ)
習礼(しゅらい)各報道 ※辞書には(しゅうらい)も
鉦(しょう)
笙(しょう)
鉦鼓(しょうこ)
白酒(しろき)
親謁の儀(しんえつのぎ)
新嘉殿(しんかでん)
神器(じんぎ)
神饌(しんせん)
神饌行立(しんせんぎょうりゅう)
神殿(しんでん)
後取(しんどり)
垂纓の冠(すいえいのかんむり)
主基(すき)地方
主基田(すきでん)
主基殿(すきでん)
菅笠(すげかさ)
正門石橋(せいもんいしばし)
正門鉄橋 (せいもんてつばし)*二重橋
践祚後朝見の儀(せんそごちょうけんのぎ)
宣明(せんめい)
箏(そう)
即位後朝見の儀(そくいごちょうけんのぎ)
即位礼(そくいれい)
即位の礼(そくいのれい)
即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)
即位礼当日賢所大前の儀(そくいれいとうじつ・かしこどころおおまえのぎ)
束帯(そくたい)

<た行>
太鼓(たいこ)
大嘗宮の儀(だいじょうきゅうのぎ)
大饗の儀(だいきょうのぎ)
大嘗祭(だいじょうさい)
大統譜(だいとうふ)
高御座(たかみくら)
楯(たて)
中庭(ちゅうてい)
帳殿(ちょうでん)
長和殿(ちょうわでん)
剣(つるぎ)
庭上参役者(ていじょうさんえきしゃ)
天蓋(てんがい)
殿外(でんがい)
殿舎(でんしゃ)
纛(とう)
登極令(とうきょくれい)
東庭(とうてい)
纛旛(とうばん)
帳(とばり)

<な行>
内陣(ないじん)
直来(なおらい)
中門(なかもん)
波の間(なみのま)
新嘗祭(にいなめさい)
繒服(にぎたえ)
二重橋(にじゅうばし)
日像纛旛(にっしょうとうばん)
日本(にほん)国 *NHK
日本(にほん)国民統合 *NHK
庭積(にわづみ)の机代物(つくえしろもの)

<は行>
陪膳(ばいぜん)
帛御袍(はくのごほう)
筥(はこ)
葉薦(はごも)
縹(はなだ)
縹袍(はなだほう)
旛(ばん)
萬歳旛(ばんざいばん)
緋(ひ)
緋色(ひいろ)
東御苑(ひがしぎょえん)
火炬手(ひたき)
篳篥(ひちりき)
日向国(ひゅうがのくに)
鰭付(ひれつき)
琵琶(びわ)
舞楽(ぶがく)
布衫(ふさん)
風俗歌(ふぞくうた)
豊後国行平御太刀(ぶんごのくにゆきひらおんたち)
鳳凰(ほうおう)
豊明殿(ほうめいでん)
桙(ほこ)*桙2竿

<ま行>
勾玉(まがたま)
曲玉(まがたま)
松風(まつかぜ)の間
松の塔(まつのとう)
松の間(まつのま)※松の間の床上(ゆかうえ)(ゆかのうえ)*NHK(ゆかのうえ)と読む
御心(みこころ)*天皇陛下のお言葉
御帳台(みちょうだい)
南溜(みなみだまり)
裳(も)
沐浴(もくよく)
帽額(もこう)

<やらわ行>
八百万(やおよろず)の神
八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)
八咫烏(やたがらす)
胡籙(やなぐい)
悠紀(ゆき)地方
悠紀田(ゆきでん)
悠紀殿(ゆきでん)
寿詞(よごと)
礼服(らいふく)*中国風の装束や冠
欄干(らんかん)
旒(りゅう)*旗・幟(のぼり)などを数える
立纓(りゅうえい)の冠
龍笛(りゅうてき)
令和の代(れいわのよ)*首相の言葉
連翠(れんすい)
和琴(わごん)
蕨手(わらびて)

※雅楽演奏の際に使用する楽器
管楽器(龍笛・高麗笛・神楽笛・篳篥・笙)5点,
絃楽器(箏そう・和琴・琵琶)3点,
打楽器(鉦鼓・太鼓・鞨鼓・三ノ鼓・笏拍子)5点の計13点

令和も平和な時代でありますように!
午後、静岡県立美術館・静岡県立大学の金木犀の花と香りに誘われて・・・
初冠雪の富士山を見ることができ気持ちがよい日になりました。

元国連難民高等弁務官・緒方貞子さん死去

2019年10月30日

2019年10月30日

日本人初の国連難民高等弁務官として難民救済などに活躍された緒方貞子(おがた・さだこ)さんが10月22日に死去(92歳)されました。
国際協力機構(JICA)理事長としても活躍され国際的に尊敬される方でした。

<関連する用語>

UNHCR(ユーエヌエイチシーアール)国連難民高等弁務官事務所
(United Nations High Commissioner for Refugees)の略称
1950年に設立された国連機関の一つ
紛争や迫害により故郷を追われた難民・避難民を国際的に保護・支援し、難民問題の解決へ向けた活動を行っている。→こちら

JICA(ジャイカ)独立行政法人国際協力機構
(Japan International Cooperation Agency)の略称
2003年に設立された外務省所轄の独立行政法人、発展途上国への技術協力、資金協力を主な業務とする。

 

トップに戻る