全国音訳ボランティアネットワーク

全国音訳ボランティアネットワーク第5回総会

2015年6月8日(月)、9日(火)
アルカディア市ヶ谷にて「全国音訳ボランティアネットワーク 第5回総会」が開催されました。全国より多くの団体会員・個人会員が集まりました。
2015.6.8総会2

今回は8日の総会に出席。音ボラネットのページに詳しくUPされるでしょうが、音ボラ会員でない皆様に少し様子をお知らせします。
総会で事業報告・事業計画案、収支決算・収支予算案等が報告・審議されました。
少ない予算で充実した内容の事業をしています。藤田会長をはじめスタッフの皆様の努力に感謝いたします。

座談会~時代の変化に応えるこれからの音訳者像~
宇野和博氏(筑波大学付属視覚特別支援学校教諭)
栗川治氏(新潟県立新潟西高校教諭)
藤田晶子(音ボラネット代表)
2015.6.8総会3

ユーザーであられるお二人から音訳者に求めるものは
・誤読をなくす
・アクセントがひどすぎるのは聞くのがつかれる
・論文などは淡々読みでも良いが、小説などは朗読読みも必要

最近、テキスト化により合成音声で早く、便利に読むことが出来るようになったので、これからテキスト化に取り組む人たちがたくさん出てきて欲しいとのこと。
この点は藤田会長が時代を先取りされているので、全国音訳ボランティアネットワークがいちばん進んでいて、全国の受験生や教職の方に頼りにされているようです。

2日目は出席できませんでしたので、内容をお知らせします。
<第1分科会>
新たな時代の活動に向けて
アンケート結果から見えてくる音訳者の現状
姉崎 久志 氏(神奈川ライトセンター顧問)
松本 道子(音ボラネット)

<第2分科会>
テキスト化の意義とその可能性
時代は進む 利用者のニーズも変わる
押さえておこう!テキスト化
澤村 潤一郎 氏(社会福祉法人 日本点字図書館 電子書籍製作室グループリーダー)
藤田 晶子(音ボラネット代表)

音ボラネット通信第24号

2015年3月19日
春分の日ももうすぐ。やっと春らしくなりました。
静岡では梅の花は散り、枝垂れ桜が咲き始めました。ソメイヨシノの蕾も膨らんでいます。
清々しい季節になりますが花粉症の人にとってはつらい季節でもあります。

「音ボラネット通信第24号」と「全国音訳ボランティアネットワーク 第5回総会ご案内」が届きました。

「音ボラネット通信第24号」
藤田代表の「あいさつ」で音ボラネットがたくさんの仕事を依頼されて、人選びに奔走している様子が書かれています。頼りにされている事柄に応えていくのは大変なことだと思います。

会員も全国に広がり、活動状況が報告されています。私自身を考えても年を重ねて少し活動を抑えるようになりました。若い方たちが参加してくれると嬉しいですね。

音ボラネットのホームページがとても分かりやすくなり、見やすくなったと思います。
ネットを見ると地方にいても動きが分かります。→こちら

「全国音訳ボランティアネットワーク 第5回総会ご案内」
2015年6月8日(月)9日(火)
アルカディア市ヶ谷(私学会館)

今回は平成27年度の会費振込用紙と第5回総会出欠票(締切4月20日消印有効)が同封されています。
会費は出来るだけ早く払いたいと思います。

P1010130
藤枝市岡部町 十輪寺のモクレン

P1030206
静岡市城北公園 ほころび始めた枝垂れ桜

音ボラネット通信第23号

2014年12月24日
今年も残すところ少なくなりました。
この冬は寒さが厳しいので雪国の方は大変なことと思います。

「音ボラネット通信第23号」が届きました。
藤田代表の「一年を振り返って」を感慨深く読みました。
音訳ボランティアの高齢化とテキスト化が今年の特に話題になったこと。
高齢化は自分自身を考えても悩み多き問題です。もう少し行政も頑張って欲しいと思います。

世の中のニーズが変化してきて、利用者は早い対応を求めるようになりました。
目の前の困った人たちを助けるためのテキスト化は大切です。点字図書館等ではすぐに対応できないことに頑張って活動している音ボラネットの関係者の皆様に感謝いたします。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

音ボラネット通信第22号

2014年7月22日
集中豪雨が頻発した今年の梅雨。そろそろ梅雨明けのようですが、皆様の地域、被害に遭われていないでしょうか。
先日、静岡市葵区梅ヶ島に出かけました。大雨の後の涼しげな赤水の滝をお届けします。
DSC_6027

「音ボラネット通信第22号」が届きました。
今回は、2014年5月24日、日比谷図書館文化館B1F コンベンションホールで開催された
2014年度シンポジウム

利用者のホンネに迫る!! ~より良い録音図書製作のために~ の報告が主な内容

通信より、ホンネを語る!の登壇者の題名を記載します。題名から内容が少しわかります。ぜひ通信をご覧になってみてください。
・音訳者は情報を発信する人!
・図や写真の説明は機器には無理! 音訳者の力の見せ所
・普通に読んで! 普通が1番です!
・図やグラフの説明は中身をよく理解してから
・音訳と点訳、利用者を交えての話し合いが必要
・音訳は音声文化の一つ!

上の滝の写真、動画で音声をつけると臨場感があります。音で涼しさと滝の様子が伝わってきます。

音ボラネット通信第21号

2014年4月2日
桜が開花しました。特にソメイヨシノは咲き始めから、散る姿まで美しい。
DSC_4360

「音ボラネット通信第21号」が届きました。4月は会費を払い込む季節です。スタッフの方達に感謝して出来るだけ早く振り込みたいと思います。

今回は「テキスト化プロジェクト進行中」「これからは音訳とテキスト化」等が主な内容。
音訳ソフトが進歩し、パソコンで打ち込んだ文字を機械が読み上げる合成音声の技術を使い録音図書を製作するのが一般的になりそうです。

合成音声では図表等を読むのはむずかしいので、音声ソフトが進化しても音訳者の役割は大切だと思います。スキルをみがく努力が必要だと感じます。
利用者も全てパソコン等を使いこなせるわけではありませんから、対面朗読も期待が大きいことでしょう。

世の中の変化が早いので音訳者も大変ですが、利用者が便利になることが第一ですから、できることを見極めて進むことが大事で、藤田会長はじめ音ボラネットのスタッフの皆様が、今、何が必要かを考えて行動しておられることに感銘します。ホームページを改装中とのこと。待っています。

<全国音訳ボランティアネットワーク2014シンポジューム>チラシが入っています。
2014年5月24日(土)12:30~16:30
日比谷図書館文化館B1F コンベンションホール
利用者のホンネに迫る!! ~より良い録音図書製作のために~

多くの利用者の方に本音を語っていただくシンポジュームとのこと。
より良い録音図書製作のために出席者を募っています。

ーー
音訳の部屋のデータを音声ソフトに使いたいとの要望もあり、使ってもらっています。
利用者からは書籍にする前のデータをそのままユーザーに公開してくれたらいいのに・・との声もありますが出版業界もそこまでは難しいでしょうね。
でも、これからどのように変化していくか、世の中の流れは早いので分かりません。

トップに戻る