ボランティア一般

平成26年度 点訳・音訳 受講生募集中(静岡県点字図書館)

静岡県点字図書館で平成26年度 点訳・音訳奉仕員養成講習会 受講生募集中

所属している静岡県点字図書館で点訳・音訳ボランティアを募集しています。
本を読むことが好きな方、点訳・音訳の勉強を一緒にしませんか。
興味のある方が身近にいらしたらぜひ知らせてあげて下さい。
たくさんの方が応募してくださると嬉しい。

対象は初心者で講習会修了後、静岡県点字図書館の奉仕員として継続して活動ができる者。
詳細は静岡県点字図書館 →こちら
受講生募集のページ→こちら
募集要項請求の方法が記載してあります。

〔要項請求期間〕
6月2日(月)~7月11日(金)

ーーーーーーーーーー

沼津御用邸記念公園のヒマワリ 向日葵が咲くころ講習が始まります!

私も1986年に音訳を始め、今年で28年になります。長いこと音訳にかかわってきました。
点字図書館のボランティアをしていると、いつも健康に気をつけるようになりますし、新聞やテレビを見る時、言葉に関心を持つようになります。
ボランティアは結果として視覚障碍者の役に立つのですが、自身の生きがいにもなっています。

皆さん、ご一緒に活動しませんか!
新しい仲間ができることを楽しみにしています。

資料請求・申込み・問合せ先  静岡県点字図書館
〒420-0856
静岡市葵区駿府町1-70 県総合社会福祉会館 2階
TEL 054-253-0228

第14回静岡県点字図書館奉仕員合同研修会

平成26年4月16日 第13回静岡県点字図書館奉仕員合同研修会

合同研修会 10.00~12:00
講演は『1種1級・視覚障害のそれなりのおばさんのはなし』千代 元子氏

音訳研修会 13:00~15:00
「処理・その他について」
———————————
講演『1種1級・視覚障害のそれなりのおばさんのはなし』
演者の千代元子氏は主婦で、二人のお子様の母。とても好奇心旺盛な方。視覚障害がありながらMS-DOSの頃からパソコンを駆使しておられ、アマチュア無線家で、編み物もプロ級。
音声本を聞くと眠くなるので、書籍はほとんど点字本とのこと。

学校などに講演に行かれると、4cm程の金の折り紙を子供に渡し、競争して鶴を折るとのこと。
講演で紙を渡され折りましたが小さな折り紙で、すっかり鶴の折り方も忘れており散々。
千代さんの美しく折った鶴を見て感嘆します。

パソコンで友人をたくさん作り、音楽など楽しんでおられるとのこと。
障害者でもできないことはないと言う方の話は刺激的です。

午後は音訳研修会で「処理・その他について」
グループに分かれ図やグラフ等の課題を処理して他のグループと比較検討しました。
「これからは音訳とテキスト化」
合成音声では図表等を読むのはむずかしいので、音声ソフトが進化しても音訳者の役割は大切だと思います。
音訳者もスキルをみがく必要があり、静点では今年の研修は処理等を主にするそうです。
———————————
毎年、総会は春の花の季節。音訳に疲れたら時には外へ出てみるのもいいですね。
今週始めに、クレマチスの丘と佐野美術館(鏑木清方展)へ行ってきました。

クレマチスの丘のチューリップと早咲きのクレマチス。
DSC_4887

珍しいチューリップ
DSC_4886

佐野美術館横せせらぎ亭のカラー
DSC_4925

新緑のモミジも鮮やか
DSC_4922

興味のある方はお出かけ下さい。
クレマチスの丘のチューリップと駿河平のヤマザクラ(長泉町)→こちら
せせらぎ亭のカラー(三島市)→こちら

第13回静岡県点字図書館奉仕員合同研修会

平成25年4月19日 第13回静岡県点字図書館奉仕員合同研修会

合同研修会 10.00~12:00
講演は「写真や図の処理~目の代わりとして」
演者は全視情協録音委員会プロジェクト委員 熊谷成子氏
(元静岡県点字図書館勤務)

音訳研修会 13:00~15:00
感謝状贈呈(音訳時間 節目)
連絡事項
講演「校正~より良い録音資料を提供するために~」演者は熊谷成子氏

静岡県点字図書館は駿府城公園横の「シズウエル」にあります。
駿府城公園中堀「つつじ土手」から静岡県総合社会福祉会館「シズウエル」を見下ろせます。
駿府城公園ツツジ土手からシズウエルを見る

———————————

今年は急に暖かくなりましたので、例年合同研修会には間に合わない駿府城公園のツツジ・城北公園のヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)も満開です。
研修会の前に早朝、自転車を走らせ、見頃の花を楽しみました。

城北公園のヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)
城北公園のヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)
「しずおかはなさんぽ」該当ページ→こちら

駿府城公園中堀のツツジ(ヒラドツツジ)
駿府城公園中堀のツツジ
「しずおかはなさんぽ」該当ページ→こちら

音訳ボランティアをご一緒に!(静岡県点字図書館)

7月になりました。
今年は雨が多いので、水はもう不足しません。
早く梅雨明けして欲しいですね!
電力が不足するとの報道があります。
猛暑にならないで欲しいですね!
勝手なことをお願いばかりしていると自然が怒るでしょうか?

————————————————-

所属している静岡県点字図書館で音訳・点訳奉仕員(音訳・点訳ボランティア)を募集中です。
詳細は静岡県点字図書館 →こちら 受講生募集のページ→こちら
申込締切は7月19日(木)

私が音訳を始めたのは1986年頃、もう26年も前のこと。
当時は希望者が殺到し、図書館での選考が大変だったそうです。

現在はいろいろな分野でボランティア募集が多くなり、若い方たちも多忙。
なかなか広報が行き届きません。今日は音訳の部屋・制作者としてのお誘いです。

最近はパソコンを使っての音訳ですので、楽しいと思います。
講座は学生時代の授業より充実していますし、始めはタイヘンと思いますが、勉強した結果が視覚障碍者の助けになると思うとワクワクします。

アクセント、読みの決まりなど面倒なこともありますが、音訳した書籍が全国の視覚障碍者が読めるように登録されると嬉しい。
女性はもちろん、男性の方もどうぞご一緒に朗読の本を作りましょう。
お待ちしています!!

————————————————-

御殿場の東山旧岸邸へ行ってきました。→こちら
首相を務めた岸信介の自邸として1968年に建てられました。
伝統的な数寄屋建築の美と、現代的な住まいとしての機能の両立を目指したこの邸宅は
建築家・吉田五十八の晩年の作品です。

公開してまだ数年しかたっていませんので、訪れる方は少ないようです。
素晴らしい建物と庭です。東京からも近いのでぜひお出かけ下さい。

東山旧岸邸玄関和前のギボウシ 庭より旧岸邸を見る
東山旧岸邸・玄関前のギボウシ     中庭より旧岸邸を見る

食堂より庭を見る お茶室からの庭、燈籠は吉田茂首相よりいただいたもの
食堂からの庭の眺めは美しい     庭の燈籠は吉田茂元首相よりいただいたもの

敷地内も美しく、とらや工房があり、出来立てのおいしい和菓子をいただけます。

近くには松岡別荘陶磁器館があります。→こちら

平成24年度 点訳・音訳 受講生募集中(静岡県点字図書館)

静岡県点字図書館で平成24年度 点訳・音訳奉仕員養成講習会 受講生募集中

私が所属している静岡県点字図書館で点訳・音訳ボランティアを募集しています。
本を読むことが好きな方、点訳・音訳の勉強を一緒にしませんか。
興味のある方が身近にいらしたらぜひ知らせてあげて下さい。
たくさんの方が応募してくださると嬉しい。
対象は初心者で講習会修了後、静岡県点字図書館の奉仕員として継続して活動ができる者。

詳細は静岡県点字図書館 →こちら
受講生募集のページ→こちら

募集要項請求の方法が記載してあります。

〔要項請求期間〕
6月1日(金)~7月13日(金)

〔申込方法〕
必要書類に記入の上、郵送・来館にて書類提出および申込みを行う

〔申込締切〕
7月19日(木)必着

トップに戻る