風景

日本野球機構の読み

2013年6月24日
<最近、統一球問題でもめている日本野球機構の読みについて。>
音訳の部屋の「日本の読み方」(にっぽん)のところに入れてありました。
信頼のおける機関の資料からの調査でしたが、先日下記メールをいただきました。
—————————-以下メール抜粋
「にっぽん・にほん」資料に誤りがありました。
最近、統一球問題で物議を醸している「日本野球機構」ですが、
「にっぽん」←誤
「にほん」←正
であることが機構への確認で判明しました。
ホームページには同組織(略称NPB)の英語表記と思われる
「nippon professional baseball」と表記されていますが、
日本語の組織名は「にほん」なのだそうです。
NHKも「にほん」と読んでいます。
ローマ字表記と日本語読みが異なる希有な例です。
—————————-以上メール抜粋
私も再度ネットで調査しました。
weblio辞書で「日本野球機構」を検索すると→こちら
下記の2項目が出ています。6月20日の時点では
—————————–
■公益法人データベース(法務省)
特例社団法人 日本野球機構(ニホンヤキユウキコウ )
■Wikipedia
一般社団法人日本野球機構(にっぽんやきゅうきこう、英語: Nippon Professional Baseball Organization、略称:NPB)
—————————–
Wikipediaの編集に携わっておられる方にメールでお知らせしました。
6月21日に書き換えて下さいまいた。
現在はWikipediaにおいても「一般社団法人日本野球機構(にほんやきゅうきこう[1]、英語: Nippon Professional Baseball Organization、略称:NPB)」
になっております。

統一球問題のニュースが出てきたとき、日本野球機構を(にっぽん)とお読みになられた方は次に書籍等を読まれるときにはご注意ください。

日本の読み方と英語表記とは違うことがあります。
日本の読み方は企業でも届出と日常で読み方が違うことが多々あります。
どこまできちんと調査して読むかは所属に従ってください。
音訳の部屋では調査した結果を記載しています。
参考資料によってはこのように判明した時点で訂正することもありますので、ご承知下さい。

今日のニュースより
全日本柔道連盟(ぜんにほんじゅうどうれんめい)・・公益法人データベース(法務省)

************************************************

6月22日「富士山が世界遺産に登録決定」
伊豆半島の下田公園に紫陽花を見に行った帰路、土肥港より午後5時20分発 駿河湾フェリーに乗船。
船の案内所で駿河湾フェリー清水・土肥航路が県道223(ふじさん)号に認定されたと記念乗船券をもらい、喜んで「富士」に乗船。

清水港に向かう船中、LIVEでテレビを見ていたら平成25年6月22日午後5時半ごろ、「富士山が世界遺産に登録決定」のニュース。乗船記念の絵葉書を急きょ30枚用意して下さいました。この船に乗って運のいいこと。
富士山が世界遺産として自然を守りながら愛されると嬉しい!

駿河湾フェリー 富士

富士山世界遺産登録でいただいた記念絵葉書 駿河湾フェリー清水・土肥航路が県道223(ふじさん)号に認定された記念乗船券

第13回静岡県点字図書館奉仕員合同研修会

平成25年4月19日 第13回静岡県点字図書館奉仕員合同研修会

合同研修会 10.00~12:00
講演は「写真や図の処理~目の代わりとして」
演者は全視情協録音委員会プロジェクト委員 熊谷成子氏
(元静岡県点字図書館勤務)

音訳研修会 13:00~15:00
感謝状贈呈(音訳時間 節目)
連絡事項
講演「校正~より良い録音資料を提供するために~」演者は熊谷成子氏

静岡県点字図書館は駿府城公園横の「シズウエル」にあります。
駿府城公園中堀「つつじ土手」から静岡県総合社会福祉会館「シズウエル」を見下ろせます。
駿府城公園ツツジ土手からシズウエルを見る

———————————

今年は急に暖かくなりましたので、例年合同研修会には間に合わない駿府城公園のツツジ・城北公園のヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)も満開です。
研修会の前に早朝、自転車を走らせ、見頃の花を楽しみました。

城北公園のヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)
城北公園のヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)
「しずおかはなさんぽ」該当ページ→こちら

駿府城公園中堀のツツジ(ヒラドツツジ)
駿府城公園中堀のツツジ
「しずおかはなさんぽ」該当ページ→こちら

おめでとうございます! 2013年1月1日

2013年1月1日

2013年1月1日

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

静岡は快晴。
元旦に富士山が見たくて日本平ホテルへ出かけました。
新しくなり始めてのお正月を迎えるホテルは輝いて見えます。

日本平ホテル正面

アッパーラウンジから見る富士山は今日も素晴らしい。

アッパーラウンジより見る富士山と清水港 青空に雪景色の富士山

初詣参拝  日本平ホテル神殿
ホテルの2階には1/1(火)~1/3(木)まで
国宝 久能山東照宮の御分霊を祀った神殿が用意されており、新年の祈願ができました。

久能山東照宮の御分霊を祀った神殿

今年も良い年でありますように!

元箱根からの富士山

2012年12月14日

2012年12月13日

多忙な毎日を過ごしていましたので、息抜きに静岡から新東名を通り元箱根へ行ってきました。
午前中は空気が澄んでいて成川美術館から眺める富士山は雲一つなく美しい姿。
成川美術館から見た富士山

恩賜箱根公園も初冬の平日で人の気配は少なく富士山が美しく見えるスポットです。
恩賜箱根公園からの富士山 芦ノ湖に遊覧船 右は恩賜箱根公園「湖畔展望館」
恩賜箱根公園からの富士山 芦ノ湖に遊覧船 恩賜箱根公園「湖畔展望館」

恩賜箱根公園は冬の気配。
今朝は氷点下になりましたので、ヒメシャラ林は霜柱。
ヒメシャラ林をあるく ヒメシャラの土は霜柱がきれい

恩賜箱根公園の湖畔を一周し、箱根の杉並木を歩きました。
冬は箱根峠を車で通らないことにしていますので、一時間ほどで行ける箱根も来春までお別れです。

<ノーベル賞>医学生理学賞に山中伸弥氏

2012年10月8日

夜、テレビを見ていたら嬉しいニュース速報。
<ノーベル賞>医学生理学賞に山中伸弥(やまなか・しんや)氏

——————以下毎日新聞WEB引用
スウェーデンのカロリンスカ研究所は8日、12年のノーベル医学生理学賞を、京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授(50)と英ケンブリッジ大のジョン・ガードン博士(79)に授与すると発表した。
授賞理由は「成熟した細胞を、多能性を持つ状態に初期化できることの発見」。
山中氏は06年、マウスの皮膚細胞に4種類の遺伝子を入れることで、あらゆる組織や臓器に分化する能力と高い増殖能力を持つ「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を作り出すことに成功。拒絶反応の少ない再生医療や難病の仕組みの解明などにつながる革新的な功績が評価された。最初の成果が米科学誌に掲載されてから6年余りという異例のスピード受賞だ。
山中教授はこの日、午後8時から京都市左京区の京都大で記者会見。「私たちの本当の仕事は、しっかり研究を進め、iPS細胞の医療応用を果たすこと。これからも本当の仕事を進めていかなければならないと思った。難病を持っている患者さんには、希望を捨てずにいてほしい」と決意を語った。
——————以上毎日新聞WEB引用

人工多能性幹細胞(じんこうたのうせいかんさいぼう)(inducedpluripotentstemcell=iPS細胞)
iPS細胞(アイピーエスさいぼう)

山中教授の会見をテレビで見て、真摯に研究に取り組み、人の役に立ちたいと言う気持ちが伝わって来ました。
国や周りの人が研究に協力することがとても大事なことだと思いました。

最高の賞をいただいて、研究の励みになるでしょうが、また大変なプレッシャーにもなると思います。
静かに研究生活ができることを祈ります。
網膜の再生も出来るらしいので、研究成果が早く実ることを願っています。

******************
2012年10月7日
錦織 圭(にしこり・けい)選手が楽天ジャパンオープンテニス優勝
テニスに夢中になっていた時期があるので、テニス観戦は大好き!
昨日、WOWOWで応援していました。
オープン化してからの日本人の優勝は始めてで、素晴らしい試合でした。
これも嬉しいニュースでした。

日本に明るいニュースが続いて国が元気になると嬉しい!

******************
10月8日箱根の秋の風景

秋の芦ノ湖を見る 箱根の道路沿いはススキが風に揺れています
芦ノ湖も秋の気配          箱根の道路沿いはススキが風に揺れています。

トップに戻る