箱根湿生花園に「ヒマラヤの青いケシ」が咲いています

箱根町立箱根湿生花園に「ヒマラヤの青いケシ」が咲いていることを知り見に行きました。
「ヒマラヤの青いケシ」は「ブルーポピー」と言われ、堀文子さんの絵でよく知られています。

ブルーポピー←拡大して見て下さい。
箱根の成川美術館に堀文子さんの絵が展示してあり、よく見に行きます。
ブルーポピーは暑さに弱いとのことで、ヒマラヤで写生した堀さんの絵はとても可憐ですが、湿生花園のブルーポピーは絵より大きめで少し違って見えます。

初夏、多くの花が満開!
以前、山登りをしていたので、どちらかと言うと、歩いた途中で見る山の花がいちばん好きなのですが、近くで楽しませてもらうのもありがたい。
音訳・点訳をしておいでの方も初夏の一日、自然の花を見に行くのも楽しいと思います。

現在、湿生花園ではたくさんの花が咲いていますがいくつか紹介!

クリンソウ イブキトラノオ
左は水辺に咲くクリンソウ(九輪草)
右はイブキトラノオ(伊吹虎の尾) ニッコウキスゲが白い花の中で引き立っています。

カザグルマ ヒメサユリ
左はカザグルマ(風車)
右はヒメサユリ(姫小百合)

箱根湿生花園に「ヒマラヤの青いケシ」が咲いています」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です