白葉茶(はくようちゃ)ー日光遮断

7月25日
今朝の静岡新聞より→こちら
——————————————以下静岡新聞より
光をコントロールしておいしいお茶をー。
収穫前の茶園に覆いを掛けて日光を100%遮断すると、茶葉が白色化し、うま味成分のアミノ酸含有量が飛躍的に高まることを県内の大学や研究機関が突き止めた。「茶葉は緑色」というこれまでの常識を覆す「白葉(はくよう)茶」の普及へ、関係者は安定的な生産技術を確立するための実験を進めている。
——————————————以上静岡新聞より

白葉茶はうま味たっぷり、被覆から2週間程度でアミノ酸含有量が2~3倍に増えるとのこと。
茶碗に注いだお茶の色はどうなるのでしょうか。

備考

中国茶に「白葉茶」があります。→こちら
——————————————以下「中国茶の基礎知識より」
・・・高級な白茶は大白種という茶樹から作られ、一芯一葉の白芽茶と
  一芯二葉の白葉茶の二種類に分けられます。
  白芽茶の代表には白毫銀針、白葉茶の代表には白牡丹などがあります。
  白茶は主に福建省で作られ、生産量も少ない貴重なお茶です。・・・
——————————————以上「中国茶の基礎知識より」

中国茶「悟空」のページも参考にしてください。→こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です