「かとく」とは何か?

2016年10月15日
昨年末に新入社員が過労自殺した電通の本社に、労働基準法違反の疑いで労働局が抜き打ち調査に入りました。そこに登場した残業調査の専門チーム、通称「かとく」。「かとく」とはなんでしょうか?

ーー以下「日本の人事部」のホームページによる→こちら
「かとく」とは、「過重労働撲滅特別対策班」の通称です。悪質な長時間労働など、労働基準関係法令に違反、または違反する疑いがある大規模事案、困難事案に対応するための専従組織として、2015年4月に、厚生労働省によって東京労働局と大阪労働局に新設されました。「かとく」の構成メンバーは全員、事業所に立ち入って調査・指導や摘発を行う労働基準監督官で、特別司法警察職員として違法な事業者を検察庁に送検する権限も持ち合わせています。
ーー以上「日本の人事部」のホームページによる

「過重労働撲滅特別対策班」
読みは(かじゅうろうどうぼくめつとくべつたいさくはん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です